読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

おれたちの歌をうたえ

おれたちの歌をうたえ

おれたちの歌をうたえ

作家
呉勝浩
出版社
文藝春秋
発売日
2021-02-10
ISBN
9784163913278
amazonで購入する Kindle版を購入する

おれたちの歌をうたえ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

呉 勝浩は、ほとんどの作品を読んでいる作家です。 本書は、純文学ノワール・大河ミステリでした。『スワン』が良かったので、期待して読みましたが、600頁使ってこれだけかよという感じです。 https://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784163913278

2021/03/11

のぶ

週刊誌の書評で好意的な評価を受けていたので読んでみた。600ページにも及ぶ力作だが、自分には合わなかったようだ。元刑事の河辺のもとに、電話がかかってきた最初は良かった。この先は「栄光の五人組」という人物たちを中心に、長野を舞台にして、40年に渡る長いミステリー仕立てにしたかったのだろうが、物語を貫く柱がはっきりしないので、読んでいて話に入り込めない。重ねて文章が散漫で話題の脈略がはっきりしなかった。辛口になりましたが、これは読み手の問題だと思うので、他の方のレビューも読ませてもらおうと思います。

2021/03/30

かずー

598Pやっと読了。元刑事の河辺に知らない男からの電話。河辺の友人佐登志が亡くなった、伝言があるので来てほしいと。謎を残したまま次なる謎が、続きが気になりページが進む。在日朝鮮人、全共闘運動、やくざと様々な問題が絡みそれぞれ人生の歯車が狂っていく。

2021/04/13

パトラッシュ

「地獄への道は善意で舗装されている」という。栄光の五人組は無論、竹内一家やチェ一家も誰ひとり悪意を持っていなかった。誰もが善意や未来を信じて行動したのが思いがけない惨事を招き、生き残った関係者は「取り返しのつかない真実」を抱えて生きねばならなくなった。当然、誰もが鬱屈に苦しみ、底辺をさまようか死に急ぐなどろくな人生を送れなかったが、どれほど苦しくても河辺は昔の仲間の死に金の匂いを嗅ぎつけた連中を払いのけて「心の命じるままに」真実を突き止めた。誇りを守り通した人生を美しいと認識したラストは本当に美しかった。

2021/03/05

さっこ

昭和から平成、令和へと続く大河ミステリということでしたが、ミステリとしては少し強引な片づけかたではないのかな。そしていろいろと読むのに疲れた。

2021/04/19

感想・レビューをもっと見る