読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

血と炎の京 私本・応仁の乱 (文春文庫)

血と炎の京 私本・応仁の乱 (文春文庫)

血と炎の京 私本・応仁の乱 (文春文庫)

作家
朝松健
出版社
文藝春秋
発売日
2020-12-08
ISBN
9784167916114
amazonで購入する Kindle版を購入する

血と炎の京 私本・応仁の乱 (文春文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

眠る山猫屋

立川流も逆宇宙も出てこない。出てくるのは『室町無頼』にも描かれた骨皮道賢。魔物も魔人も出てこない。物語は細川勝元と山名宗全による“いくさ”が“戦争”に変えられていく様だ。大量殺戮兵器が導入され、武士の戦が様変りしていく。血に塗れ泥に汚れ這いずり回る地獄のような京に復讐は叶うのか。歴史的にはあまり深掘りされていない時代なので興味は尽きない。足利幕府の施政は天皇禁忌の時代だからね。日野富子の心の徘徊を微かな横軸に、道賢の我武者羅な闘いを主軸に進む物語は不思議と爽やかだ。道賢の死に様と復活劇は、やはり熱い。

2021/01/11

サケ太

応仁の乱、と呼ばれる争乱の最中にあって、山名宗全への復讐を望む男。琵琶湖の湖族であった男は、かつての名を捨てて、骨皮道賢を名乗る。彼の知らない、戦の様相。地獄と化した京。頼れる仲間たち。西軍の新兵器、霹靂車。東軍の井楼。兵器同士の争いは壮大。血戦の後の決着。想いは、名は、引き継がれる。そして、戦は続く。戦の世を生き抜いていくしかない。

2020/12/28

鍵ちゃん

日本史上最悪の戦乱、応仁の乱。それはただの戦さではなく、花の都を縦横に走る塹壕で切り刻み、屍で埋め尽くした地獄だった。血と炎の中、救済を求めて彷徨う将軍の妻・日野富子と、宿敵・山名宗全への復習のため戦場を這いずる男・骨皮道賢。応仁の乱自体があまり知らないせいか、先入観なしで読めました。原因は跡目争いだが、最後はなんだかなという感じだったんだな。表現が迫力があり想像絶するところがあるが、あまりにもドロドロし過ぎる。最後の蓮如からの説教が一服の清涼感があり、富子の心の臓を突く鋭さがあった。

2021/08/19

keisuke

寝かせてしまったけど面白かった。

2021/02/12

熱東風(あちこち)

まぁまぁ。/骨川道賢という、実在も定かならざる人物を主人公に仕立てる以上、伝奇小説色が濃いのかと思いきや(それっぽい登場人物はいたが)、意外にしっかり地に足のついた話だったのは評価できる。/道賢の話に比して日野富子の方はやや物足りない。どちらか一方に視点を絞った方がピントがぼけずに描けたのではないか。それ故にか、それなりに読めたが、何か一つ物足りない印象。

2022/05/29

感想・レビューをもっと見る