読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

桜 ――文豪怪談ライバルズ! (ちくま文庫)

桜 ――文豪怪談ライバルズ! (ちくま文庫)

桜 ――文豪怪談ライバルズ! (ちくま文庫)

作家
東雅夫
出版社
筑摩書房
発売日
2022-01-08
ISBN
9784480437914
amazonで購入する

桜 ――文豪怪談ライバルズ! (ちくま文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

えふのらん

このモチーフといえば、この作品というくらいに有名な梶井基次郎の「桜の樹の下に」と坂口安吾の「桜の森の満開の下」。桜は幻想を形にしたような樹だけど、この2つは主客を超えた人の情念を視ている。そういう意味では抜きん出て面白かった。同じ方向性では日野の「消えてゆく風景」も良い。赤江瀑はいつもどおり。嫌いではないのだけれど何かが引っかかる。

2022/01/10

感想・レビューをもっと見る