読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

百物語〈第9夜〉実録怪談集 (ハルキ・ホラー文庫)

百物語〈第9夜〉実録怪談集 (ハルキ・ホラー文庫)

百物語〈第9夜〉実録怪談集 (ハルキ・ホラー文庫)

作家
平谷美樹
岡本 美月
出版社
角川春樹事務所
発売日
2010-07-01
ISBN
9784758434911
amazonで購入する

百物語〈第9夜〉実録怪談集 (ハルキ・ホラー文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

chatnoir

オチのある話が多くなった。店持ちのダンナが店持ちの女と浮気して、奥さんと娘を追い出したのち、奥さんと娘が無理心中して、娘がお父さんの店に、奥さんが浮気先の店に出たって...出来すぎな気がする。お客さんがだけが見る幽霊を結婚して里帰りした娘が見たって話はへぇ、と思った。他家に嫁いだらやっぱり他人なのかな。読んでて怖い話と怖くないのに鳥肌が立つ話があって面白かった。

2015/09/14

パブロ

恐くない! でも、何だかいつも買ってしまうのは、そこに書かれているひとつひとつの話の素朴さから。恐がらせようと思っていない著者の拾ってきた日常とは違う不思議な話。それが淡々と載っている。ただそれだけ、そのままの魅力。

2010/07/23

澤水月

あっさりさくさくいつもの感じ。巻末、大迫純一氏への追悼文に涙

2010/07/21

ekura

釣りの怪談が少なくなったのが残念。

2010/09/30

zero

いよいよ第九夜まで読み進めた。残念ながら魂が震えるような怪談には巡り合えず...。次夜で最後のような気がするが、有終の美というか、最後ぐらいは凍るような恐怖を期待したい。

2016/01/26

感想・レビューをもっと見る