読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

冤罪 (藤沢周平珠玉選)

冤罪 (藤沢周平珠玉選)

冤罪 (藤沢周平珠玉選)

作家
藤沢周平
出版社
青樹社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784791308101
amazonで購入する

冤罪 (藤沢周平珠玉選) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

山内正

部屋に馬の毛兎の毛が散らばる 筆造りに忙しい 何の変りのない 暮し夕刻木戸を出て歩く毎気が安ぐ 七年前藩から追放され江戸に 士官の口がと滝乃も次第な無口に 長州征伐が又起こるかと噂になる 遠州屋から押込み浪人に来てくれと 屋敷の庭に米俵を見て何かが起こる気がする 数日して品川で暴動があったと あの一揆の時百姓にも仲間にも事態を知らせず大騒動を待った 今町人達が火を持って騒動の中に加わり暴動が起こると

2020/10/25

山内正

さまざまな縁が生きかたを違える

2017/12/11

感想・レビューをもっと見る