読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

10年後の仕事図鑑

10年後の仕事図鑑

10年後の仕事図鑑

作家
堀江貴文
落合陽一
出版社
SBクリエイティブ
発売日
2018-04-05
ISBN
9784797394573
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

自分次第で、未来は幸福にも絶望にもなる

●AIにポジションを取られる前に。動くのは、今だ

AI(人工知能)、仮想通貨、LIFESHIFT、ホワイトカラーの終焉……。
10年後どころから5年先すら予期できない今、今の仕事、会社、社会、キャリアはどうなるのか。
今世界で最も注目される日本人研究者落合陽一氏と、圧倒的な行動力で時代の最先端を走り続ける堀江貴文氏が、
お金、職業、仕事、会社、学校など、今考えられる新たな社会の姿を余すところなく語ります。


●イラスト入りで、50近くの職業の未来を分析

AIでなくなる職業が話題になりましたが、本書では、「消える職業」「生まれる職業」など含め、50近くの職業の未来を紹介。
視覚的にも見やすいので、将来を考える10代の方から、自分の仕事で次の一手を探したい方まで幅広く読んでいただけます。


●希望か絶望か!? すべて自分次第で決められる

今後、今のようなかたちの仕事や会社はなくなるかもしれないが、それを希望とみるか、絶望とみるかは、すべて自分次第。
新たな世界で、自分なりのポジションをとっていくための生き方のヒントも収録しています。


●主な内容

・激動の時代を生きるあなたに伝えたいこと
・経営者すら職を奪われる時代
・総エージェント化する個人
・湯婆婆に名前を奪われるな
・センター試験は無駄
・ロボットがロボットを印刷する
・AIの社会は古代ローマ
・名将にAI監督が勝つ時代
・ウサイン・ボルトを見習え
・交換可能な価値の缶詰をつくる
・波を待つな、自ら波を起こせ
・食べていくための安い仕事にしがみつくな

●目次
はじめに なぜ今、人生のグランドデザインを考え直さなければいけないのか? 堀江貴文
Chapter0 激動の時代を生きるあなたへ
Chapter1 すべてが逆転するこれからの働き方──組織から個人へ、労働から遊びへ
Chapter2 なくなる仕事・変わる仕事
Chapter3 生まれる仕事・伸びる仕事
Chapter4 お金の未来──“マネー”としてのお金は廃れ、信用が価値を紡ぐ時代へ
Chapter5 日本の幸福と社会について──学校・高齢化社会・テクノロジーの未来を考える
Chapter6 ピュアな情熱に導かれた“自分の人生”を生きよ
おわりに ポジティブに21世紀を拓くために 落合陽一

「10年後の仕事図鑑」のおすすめレビュー

堀江貴文×落合陽一がAI時代に送る“君たちはどう生きるか”

『10年後の仕事図鑑』(堀江貴文・落合陽一/SBクリエイティブ)

 AIが人間の仕事を奪う――。連日世間を賑わせる“AIブーム”が留まることを知らない。書店のビジネス書コーナーを覗いてみれば、表紙には“AI”の文字がズラリと並び、そこには“10年後になくなる仕事リスト”が載っている。ネットニュースでは、メガバンクの採用減が盛んに報じられている。馴染みの小売店がいつの間にかセルフレジを導入していた…なんてことも珍しくなくなってきた。

 現在“なくなる仕事リスト”にある職業に就いている人は、「これから自分たちは生活できなくなるんじゃないか」と不安を抱えているかもしれない。しかし、本書『10年後の仕事図鑑』(堀江貴文・落合陽一/SBクリエイティブ)にて、著者のひとりである堀江貴文氏は、「AIに仕事を奪われてもなんら問題はない」と断言する。機械に人間の仕事が代替されるということは、それだけ自由な時間が増え、無理に働く必要がなくなる。肝心なのは、その“浮いた時間”で何をするかなのだという。

 現代は、好きなことでお金が稼げる時代であり、“遊びのプロ”になること…

2018/5/3

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

10年後の仕事図鑑 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

徒花

よかった。ほんとうに、ここ最近の働き方、生き方、社会の在り方についての新しい哲学を総合的に、わかりやすく一冊にまとめた本という感じ。タイトルだけ読むとあたかも「将来残る仕事、消える仕事」の一覧を紹介している内容のようにも見えるが、本書内では「そもそもそういう風に考えることがナンセンス」ということも述べられている。ただ、タイトルによってより一般的に広く手に取られやすいものになっている。イラストもあり、小見出しも多く、すいすい読み進めていけるのでお勧め。

2018/04/23

混沌

前から気になっていた本書。二人の語り合いという構成が面白い。『ホモ・デウス』を読んでいても、他の本を読んでいても、いろんな人の好き嫌いは別として、ホリエモンはかなりいい線いっているのではないか感じることが最近多い。今年度いっぱいで会社辞めると宣言しているが、心が揺らぐ。特に『コンビニ人間』読んで不安が激増したところへ、やっぱりきっぱりやめようと背中を後押しされた。ミヒャエル・エンデの『モモ』のように、いつの間にか世の中が変わっているというこ

2018/09/18

Tenouji

お二方のラジオなどの発言をまとめたような内容で、図鑑というより、働くことに対して、今後、どのように考えあらためるべきかの提言、かな。労働や貨幣などの本質から考え直す、という意味で、とても大切な視点であるように感じる。というか、仕事やお金の本質を踏まえたうえで、社会人としてどう行動すべきかをロジカルに話してくれる大人がいなかったんだよな、今まで。グローバルな視点からの考察なので、本質的に内田樹氏と真逆なようでいて、どこかでつながるような気がしているのは、気のせいなのだろうかw。

2018/05/08

Fastship

書いてあることは正論が多いし共感できる。AIが人々の   仕事を「奪う」のではなく、「助けてくれる」ということだよね。 ただ、いつも思うけど、ホリエモンの伝え方がもう少しよかったらいいのかなぁとは思う。 わざわざ横文字や難しい単語を使って、各チャプターの最後に脚注を置くスタイルはこの本に関して言えば読みづらい。

2019/02/02

ゼロ

僕は未来のことを考えるのが嫌いだ、という堀江貴文の言葉から始まる。ここに書いてあることは、堀江貴文と落合陽一が言いたそうなことをまとめた本である。AIが導入され、仕事を奪われると悲観になっている人もいるが、問題はそこではない。自らの道を切り開くために、どんな生き方をするかが大事なのだ。「写経」を好きになるな、と書いてあったが、もし根性と写経が好きなのなら、価値が生まれるところで能力を発揮しよう。自ら発信し、個性を叫んでいく。ポジティブな言葉が多くあり、刺激になる一冊でした。

2018/04/24

感想・レビューをもっと見る