読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

樹木希林 120の遺言 ~死ぬときぐらい好きにさせてよ (上製本)

樹木希林 120の遺言 ~死ぬときぐらい好きにさせてよ (上製本)

樹木希林 120の遺言 ~死ぬときぐらい好きにさせてよ (上製本)

作家
樹木希林
出版社
宝島社
発売日
2019-01-28
ISBN
9784800291929
amazonで購入する

「樹木希林 120の遺言 ~死ぬときぐらい好きにさせてよ (上製本)」のおすすめレビュー

『樹木希林 120の遺言』別居婚のまま40年以上、夫・内田裕也への深い愛情「愛というより、私には内田さんが必要だった」

『樹木希林 120の遺言 ~死ぬときぐらい好きにさせてよ』(樹木希林/宝島社)

 2018年9月に75歳で亡くなった女優・樹木希林。常識に縛られず、何にも媚びず、あるがままで生きた彼女は、間違いなく誰よりも“ロッケンロール”な女性だった。亡くなってから何カ月も時が経っているというのに、まだ何処かで彼女が生きているような錯覚を覚えるのは何故だろう。もう一度、あの、あっけらかんとした物言いを聞きたい。思いもよらない発言にハッとさせられたい。そんな願望をどうしても抑えることができない。

 どうやら樹木希林の言葉を求めているのは、私だけではないらしい。宝島社編の名言集『樹木希林 120の遺言 ~死ぬときぐらい好きにさせてよ』(宝島社)の売り上げが好調だという。1月28日に発売され、同日に重版が決定。すでに累計発行部数は15万部にも及んでいる。この本では、あらゆるテレビ番組、新聞、雑誌、フリーペーパーなどから、樹木による120のことばを掲載。どの言葉も樹木の人間的な魅力が溢れ出ている唯一無二のものばかりだ。

「楽しむのではなくて、面白がることよ。楽しむというの…

2019/2/8

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

樹木希林 120の遺言 ~死ぬときぐらい好きにさせてよ (上製本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

のあ

樹木希林さんは以前から好きな女優さんだったから購入した。1つ1つの言葉の意味がとても深いのにでもすごくナチュラルでさらっとしてる。樹木希林さんのように自然体で人生を面白がって生きていきたい。この本の全てを理解するには私にはまだ経験も何もかも足りなくて分からないことが多かったけど、歳を重ねることを楽しみたい。

2019/02/17

しん

まるで禅語のような、悟りの境地を感じる言葉が多かった。要するに、死を見つめながら生きていること、これが樹木希林さんの自然体なんだろうと思われる生き方が良い。僕自身、どちらかと言うと、肩に力が入りすぎる傾向がある。もっと楽に生きた方が良いのかなと、この本を読んでみて思った。

2019/01/28

naoっぴ

一風変わった演技と人柄で注目していた女優・樹木希林さん。どんなに賞賛されようが「だからなんなの」という姿勢も、自身の考えがしっかりとあるからだろうと感じていました。本書は希林さんのメディアでの言葉を集めた本で、彼女の独特な生き方が伺える一冊。「私は人のこと嫌いなんです」「人をナナメに見ちゃう」と言いながら「人間そのものに興味がある」と言って、意外な視点からとても大切な言葉を投げかけてくる。人にないところを持っている人間というのは普通から離れているのだな、すごいな、と思いました。表紙の写真も素敵。

2019/03/22

りえこ

素敵な生き方だなと思わされる言葉がたくさんつまっていました。これまでの色々な仕事、特に昔のものをもっと見たいと思いました。

2019/02/19

キキ

名言だけを読んだだけですが「あまり頑張らないで。でもへこたれないで」これが1番すきです。今の私にはグッときました。

2019/02/12

感想・レビューをもっと見る