読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

幻想と怪奇の英文学IV――変幻自在編

幻想と怪奇の英文学IV――変幻自在編

幻想と怪奇の英文学IV――変幻自在編

作家
東雅夫
下楠 昌哉
出版社
春風社
発売日
2020-09-10
ISBN
9784861106996
amazonで購入する

幻想と怪奇の英文学IV――変幻自在編 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ハルバル

私の興味関心分野と重なる部分ばかりで既刊以上にとても面白く読めた。冒頭論者が「姉飼」の遠藤徹さんで、英文学者だったの!?という驚きからはじまり、古生物、マンティコア、ヴィクトリアゴシックストーリー(マンクにメルモスにオトラント、嵐が丘etc)、ベンスン、ハーディー、ジョイスにイエイツ、アーサー王伝説の狂気について…など切りがない。こんな豪華な論文集があっていいのか!現代小説ではカズオ・イシグロの「ある家族の夕餉」の語り手が実は…というのは既読なのに全然気づいてなくて自分の迂闊さに驚いた。興味のある方はぜひ

2020/12/11

感想・レビューをもっと見る