津田大介さんや岩井志麻子さんも参戦!「角川文庫×ナマケット」夏の“生”書評バトル、決戦迫る!

ピックアップ

2012/8/13

 「祭」をコンセプトにした今夏の角川文庫は、「今年も本がワッショイ!ワッショイ!」をサブテーマに、にぎやかなフェアを開催中です。今年の目玉は、何と言ってもniconicoとコラボしてイベントを行う「角川文庫niconico夏祭り」。POPコンクールやカバーイラストコンテストのほか、ニコニコ生放送を使って行う書評バトルなど、ユーザー参加型のおもしろ企画が盛りだくさんなのです。

読みたガール打田夏果さんが“生”書評バトルに参戦!

 電子ナビが特に注目したのは、人気生放送企画「ナマケット」(通称“生主”と呼ばれるニコニコ生放送の配信者達が【No.1生主の座】を賭けて争う公式イベント)と角川文庫が強力コラボレーションした、スペシャル企画「角川文庫×ナマケット」夏の“生”書評バトル。

 読んで、見て、参加して、コメントして・・・・・・、一番読みたい角川文庫をめぐり、ユーザー同士が生放送で書評バトルを繰り広げ、視聴者も“コメント”や“投票”といった形で参加するという、この前代未聞の文芸イベント、なんと角川大賞を受賞した生主は、テレビアニメーション『氷菓』の番組内CM枠にて放映する書評CM30秒への出演権が得られるんだそうな(!)。

 新しもの好きの電子ナビとしては、「これはぜひ参戦すべき」ということで、応募締め切り数日前に急きょ参戦を決定。読みたガールの打田夏果さんにチャレンジしてもらうことにしました。しかし、編集部の誰一人として生放送のやり方を知らず、もちろん配信機材も持っていないので、ユーザーが自由に生放送できるフリースペースを併設した「ニコニコ本社」に突撃。ここでは事前予約すれば誰でも無料で30分1枠の生放送ができるんです。

 「サクッと収録して応募するぜ」と意気込んだのも束の間、配信設定やらに手間取り、あーでもないこーでもないと格闘しているうちにタイムオーバー。仕方なしにWebカメラを買って編集部に戻って収録することに・・・・・・。いや、生放送するって意外と大変なんですね~(笑)

 画質はいまいちですが、なんとか放送に成功!左下の画像をクリックすると、がんばってレビューする打田さんが見られるのでぜひご覧下さい。(ちなみに応募アカウント名は筆者個人のHNです)

 その他の応募者の趣向をこらした動画はすべて右下の特設サイトから視聴できます。この中から12名が8月19日(日)に生放送される「角川文庫ニコニコ<超夏祭り>」での“生”書評バトル決勝戦に出場するので、放送前にチェックしておくと、より決勝戦が楽しめると思いますよ!

“生”書評バトル決勝戦に参戦するゲストが続々と決定!

 “生”書評バトル決勝戦は、予選を勝ち残った12名とゲスト4名の計16名で争われます。ゲストには、声優、女優、エッセイストとして活躍の池澤春菜さんが参戦を表明!父も祖父も作家という、まさに本に囲まれた環境に育った彼女が、どんな本への愛情表現をしてくれるのか、楽しみなところ。

 さらに、ナント!夏といえばホラー!ということで、映画「リング」にて「くるー!きっとくるー!」の主題歌で有名な貞子さんも“生”書評バトルに登場するんだとか。果たして、貞子さんの好きな角川文庫と何なのか?どんな表現で視聴者を驚かせてくれるのか?

  • 池澤春菜さん
  • 貞子さん

 
 その他、日本におけるTwitterジャーナリストの第一人者津田大介さんや、『ぼっけえ、きょうてえ』で第6回日本ホラー小説大賞を受賞、強烈なキャラクターで有名な作家岩井志麻子さんの参戦も決定!

 この夏のスペシャルイベント、「角川文庫×ナマケット」夏の“生”書評バトルに、乞うご期待!!

  • 決勝は8/19(日)放映の角川文庫ニコニコ<超夏祭り>番組内にて

 

まだ間に合う!POPコンクール&カバーイラストコンテスト!

 優秀作品は11月下旬~の「みんなが選んだ発見!角川文庫 the ベスト(仮)」にて店頭に並ぶPOPとして採用される「POPコンクール」や、受賞作品はBOOK☆WALKERおよびニコニコ電子書籍上の電子版表紙として期間限定で採用、かつ11月下旬~の「みんなが選んだ発見!角川文庫 theベスト(仮)」にて実際の文庫カバーとして採用され、全国で販売される「カバーイラストコンテスト」の2つは応募締め切りが8月15日。絵心のある人もそれなりの人もぜひ挑戦してみて!

 

ダ・ヴィンチ電子ナビおすすめの角川文庫!

 名作・良作が数多くラインナップされた夏フェア対象作品のうち、ダ・ヴィンチ電子ナビでも紹介した下記の20作品は、内容はもちろん、『ジョーカー・ゲーム』以外はすべて電子書籍でも読めるので、特におすすめです!その他の夏フェア対象作品含め、電子書籍はすべて「BOOK☆WALKER」で取り扱っているので、こちらも要チェックです。

 【基本中の基本。映画化もされた大ヒット作品】

 この3冊を読まないと今夏の角川文庫は語れない!何から読んだらよいか迷っている人にとにかく読んで欲しい作品です。インタビュー記事で語られた制作秘話をそれぞれ読めば、作品へのさらなる理解が進むこと間違いなし!

 【ダ・ヴィンチ編集部が厳選した絶対はずさないプラチナ本】

 毎月あまたある新刊の中から、誰が読んでも面白いであろう作品1冊を編集部が厳選する「今月のプラチナ本」企画。見事プラチナ本に輝いたこの2冊は絶対にはずさない鉄板です。編集部メンバーの寸評もぜひ読んでみて下さい!

 【電子ナビのレビュアーも絶賛!心にひびく名作】

 名作は電子書籍でも輝きを放つもの。電子ナビに寄稿する辛口レビュアーが太鼓判を押す下記15冊はまさにそんな作品です。電子書店では立ち読みもできるので、レビューを読んで気になった作品は即チェック!