読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

「京極夏彦」の関連記事

3回忌を迎え、今読みたい水木しげる作品…電子書籍フェア開催「冬でも妖怪フェア 水木しげる×荒俣宏×京極夏彦」

3回忌を迎え、今読みたい水木しげる作品…電子書籍フェア開催「冬でも妖怪フェア 水木しげる×荒俣宏×京極夏彦」

 2015年11月30日、93歳でこの世を去った、漫画家・水木しげる。日本を代表する漫画家の突然の訃報に日本中が悲しみに包まれた。今年3回忌を迎えるにあたり、各電子書店では「冬でも妖怪フェア」がスタート。水木氏とゆかりのある小説家、荒俣宏氏、京極夏彦氏の作品とともに最大30%オフとなる。  水木氏の『ゲゲゲの鬼太郎 死神大戦記』や『鬼太郎国盗り物語』『神秘家列伝』『墓場鬼太郎』をはじめ、荒俣氏の『帝都物語』、京極氏の「薔薇十字叢書」シリー…

もっと見る

8月8日は「妖怪の日」! 暑さを吹き飛ばす、妖怪をテーマにした小説

8月8日は「妖怪の日」! 暑さを吹き飛ばす、妖怪をテーマにした小説

 8月に入りいよいよ夏本番! うだるような暑さに嫌気がさしてしまいますが、そんなときは“妖怪をテーマにした小説” に涼を求めてみてはいかがでしょう?  8月8日は「妖怪の日」だそうで、柳田國男の命日でもあります。そんな日に合わせて、各電子書店では妖怪関連の書籍を集めたフェアを実施。  フェアの中心は妖怪をテーマにした小説を多く執筆されている京極夏彦氏の作品。京極版“妖怪大戦争”『虚実妖怪百物語』をはじめ名作ばかり。また、京極作品以外にも…

もっと見る

京極夏彦公認『薔薇十字叢書』プロジェクト第二期、ついに始動!

京極夏彦公認『薔薇十字叢書』プロジェクト第二期、ついに始動!

 書籍にとどまらず、映画、コミック、アニメと広くメディアミックス化され、ファンを魅了しつづける京極夏彦の人気シリーズ「百鬼夜行」。戦後の東京を舞台に、「京極堂」こと中禅寺秋彦が憑き物落としで事件を解決していく様が、小説家・関口の視点で語られていく。京極夏彦のデビュー作でもある『姑獲鳥の夏』(講談社)刊行以来、多くの読書家を夢中にさせている人気作だ。 その「百鬼夜行」の世界を、Founder(創設者)京極夏彦の公認のもと「シェアード・ワールド」したものが『薔薇…

もっと見る

あなたはどんな本をご所望ですか? 明治20年代が舞台のエンタメ書店小説、京極夏彦の新シリーズ「書楼弔堂」文庫刊行スタート!

あなたはどんな本をご所望ですか? 明治20年代が舞台のエンタメ書店小説、京極夏彦の新シリーズ「書楼弔堂」文庫刊行スタート!

 話題作を相次いで発表している人気作家・京極夏彦さん。その新シリーズ「書楼弔堂」の第1巻『書楼弔堂 破曉』が文庫化された。明治20年代半ば、東京のどこかに存在する3階建ての書店を訪れた客が、店主との対話を通して、自分にとってかけがえのない本に出合う、という連作形式の短編集だ。本好きならワクワクせずにいられない魅力的な設定は、どのように生まれたのか。 『書楼弔堂 破曉』 集英社文庫 800円(税別) 12月16日発売 明治20年代半…

もっと見る

京極夏彦史上最長計1,900枚になった理由とは…?“京極版妖怪大戦争”『虚実妖怪百物語』発売記念イベントで語られた裏話

京極夏彦史上最長計1,900枚になった理由とは…?“京極版妖怪大戦争”『虚実妖怪百物語』発売記念イベントで語られた裏話

『虚実妖怪百物語』序・破・急(京極夏彦/KADOKAWA)  京極夏彦によるシリーズ作品の最新刊『虚実妖怪百物語』序・破・急の発売記念イベントが11月6日(日)に東京古書会館で行われた。  今回のイベント、お化け大学校特別講座「登場人物らしき人々が語らうウソマコト」では、著者の京極夏彦を始め、作家の黒史郎と平山夢明、ライターの村上健司、妖怪専門誌『怪』の初代編集長・郡司聡が出演。満席となる180人が参加した。 京極夏彦…

もっと見る

京極夏彦史上最長計1,900枚の超大作を一気読み!『虚実妖怪百物語 序・破・急』が電子合本版で配信決定

京極夏彦史上最長計1,900枚の超大作を一気読み!『虚実妖怪百物語 序・破・急』が電子合本版で配信決定

虚実妖怪百物語【全3巻 合本版】 (京極夏彦/KADOKAWA)  2005年に公開された映画「妖怪大戦争」製作時の未発表プロットをふくらませて書かれた、京極夏彦の最新作『虚実(うそまこと)妖怪百物語』序・破・急計3巻が、2016年10月22日(土)より3週連続で刊行された。そして11月12日(土)には、3巻を一冊にまとめた電子合本版『虚実妖怪百物語 序・破・急』が配信された。  本書は京極作品の中でも史上最長の1,900枚という…

もっと見る

水木しげる・荒俣宏ら実在の人物にとてもよく似た人が登場!? 京極夏彦最新作『虚実妖怪百物語』のストーリーに驚愕必至!

水木しげる・荒俣宏ら実在の人物にとてもよく似た人が登場!? 京極夏彦最新作『虚実妖怪百物語』のストーリーに驚愕必至!

『虚実妖怪百物語 序』(京極夏彦/KADOKAWA)  京極夏彦の最新作『虚実妖怪百物語』序・破・急の計3巻が、2016年10月22日(土)より3週連続で発売される。  同書は、著者が2005年公開映画「妖怪大戦争」の製作プロデュースに参加した際に、自身が創作した未発表プロットを膨らませて書かれた作品。見えるはずのない妖怪が見えるようになってしまった現代を舞台に、日本滅亡を目論む魔人と対決する、いわば京極版“妖怪大戦争”ともいえる壮大な…

もっと見る

綾辻行人が京極夏彦を追う! ありえない面白さの超絶エンタメ

綾辻行人が京極夏彦を追う! ありえない面白さの超絶エンタメ

 中島敦、太宰治、芥川龍之介などの文豪をモデルにした美形キャラクターが異能力バトルをくり広げるマンガ『文豪ストレイドッグス』。累計220万部を突破し、TVアニメ化も決定しているこの人気作の外伝小説が、原作者・朝霧カフカさんによって発表された。  今回キャラクターに選ばれたのは、なんと現役作家である綾辻行人、京極夏彦、辻村深月の三氏。しかも作中の綾辻と京極は宿命のライバル同士という設定だ。え、そんな小説、書いちゃっていいのですか!? まずは驚くべきプロジェクトの成り立…

もっと見る