読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

黒木華

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
くろき・はる

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

1990年、大阪府生まれ。2010年NODA・MAP番外公演『表に出ろいっ!』で、中村勘三郎と野田秀樹との3人芝居に大抜擢される。11年『東京オアシス』で映画デビュー。14年、映画『小さいおうち』でベルリン国際映画祭最優秀女優賞受賞。舞台『書く女』、ドラマ『重版出来!』、映画『永い言い訳』などに出演。

「黒木華」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

ドラマ「凪のお暇」最終話、黒木華の“お暇終了”で凪ロスの声続出! 最後に下した決断とは

ドラマ「凪のお暇」最終話、黒木華の“お暇終了”で凪ロスの声続出! 最後に下した決断とは

『凪のお暇』6巻(コナリミサト/秋田書店)

 2019年9月20日(金)に放送された、黒木華主演のドラマ「凪のお暇」最終話。お暇生活を送っていた凪(黒木)に旅立ちの日が訪れ、「凪ちゃんは強くなったね」「自分の力で踏み出す凪がカッコよく見える」と視聴者を感動させたようだ。  同ドラマはコナリミサトの同名漫画を原作とした、28歳OL・大島凪の“人生リセットストーリー”。緑(三田佳子)が故郷へ戻ることになり、凪はスナック「バブル」でアパートの住人や慎二(高橋一生)を交えた壮行会を開く。会場は大いに盛り上がったものの、なんとアパートが取り壊される事実を凪だけ知らなかったと判明。住人たちとの別れが実はすぐそこまで近づいていたのだ。  ゴン(中村倫也)の新居に招かれ、「ずっと一緒にいよう」と改めて告白された凪。ゴンの隣にいたら幸せになれることはわかっていながら、彼女には大好きな人たちに“おいしい空気を与えられる人”になりたいという思いが。凪はゴンと出会えたことに感謝の気持ちを抱えながらも、「ごめんなさい」と告白を断った。  凪の就職が決まって彼女のお暇も終わ…

全文を読む

「ゴンちゃん最高すぎる」ドラマ「凪のお暇」第9話、中村倫也の直球勝負に視聴者悶絶!

「ゴンちゃん最高すぎる」ドラマ「凪のお暇」第9話、中村倫也の直球勝負に視聴者悶絶!

『凪のお暇』6巻(コナリミサト/秋田書店)

 2019年9月13日(金)に放送された、黒木華主演のドラマ「凪のお暇」第9話。中村倫也演じるゴンがついに“本気”を見せ、「ゴンちゃん最高すぎ…」「私なら二つ返事でイエスって言う自信がある」と視聴者を大興奮させたようだ。

 同ドラマはコナリミサトの同名漫画を原作とした、28歳OL・大島凪の“人生リセットストーリー”。慎二(高橋一生)が咄嗟についた嘘によって、凪(黒木)と母親の夕(片平なぎさ)は慎二の家族と顔合わせをすることに。そして嘘の縁談とはいえ円(唐田えりか)を振った慎二は、円のどこが好きだったのか答えられず彼女から見事な平手打ちを食らった。

 凪と慎二はなんとか破談に持ち込めないか策を練ったものの、打つ手を見出せない。そのまま慎二の親戚も集まる顔合わせの日を迎えたが、予期せぬ事態が勃発。なんと慎二の母・我聞加奈子(西田尚美)が大島家について調べ上げ、凪が仕事を辞めたことや父親が蒸発したことを暴露してしまったのだ。一方慎二の兄・我聞慎一(長谷川忍)が我聞家の家庭崩壊ぶりを明かし、顔合わせの会場は硬直状…

全文を読む

ドラマ「凪のお暇」第8話、黒木華を追い詰める片平なぎさの“毒親”ぶりに視聴者騒然

ドラマ「凪のお暇」第8話、黒木華を追い詰める片平なぎさの“毒親”ぶりに視聴者騒然

『凪のお暇』5巻(コナリミサト/秋田書店)

 2019年9月6日(金)に放送された、黒木華主演のドラマ「凪のお暇」第8話。凪(黒木)を追い詰める母親・夕(片平なぎさ)に、視聴者から「片平さんの演技が怖すぎる」「ラスボス感ハンパない…」と大きな反響が巻き起こった。

 同ドラマはコナリミサトの同名漫画を原作とした、28歳OL・大島凪の“人生リセットストーリー”。慎二(高橋一生)の本心がわかって以降、凪は顔を合わせるたび気まずい雰囲気に。しかも1週間の“お暇”をもらった慎二がゴン(中村倫也)の部屋に転がり込み、3人の間にはどこか微妙な空気が流れ始める。

 ある日、夕からトウモロコシが届き、慎二やゴンと下処理を始めた凪。実はトウモロコシが小さい頃から苦手で、食べ渋っていたトウモロコシを夕が捨てて「凪のせいで死んじゃった」と言われたこともあった。そんな夕の暮らす北海道を台風が通過。凪は様子を見るため帰省を決心し、髪をストレートに整えオシャレな恰好で北海道へと向かう。

 台風の被害は最小限で済んだものの、夕は凪の貯金を目当てにリフォームを考えていた。勇気を出して…

全文を読む

高橋一生の“号泣謝罪”にもらい泣きする視聴者続出! ドラマ「凪のお暇」第7話

高橋一生の“号泣謝罪”にもらい泣きする視聴者続出! ドラマ「凪のお暇」第7話

『凪のお暇』5巻(コナリミサト/秋田書店)

 2019年8月30日(金)に放送された、黒木華主演のドラマ「凪のお暇」第7話。慎二(高橋一生)が見せた“号泣謝罪”に、「思わずもらい泣きしてしまった」「慎二さん成長したね…」と視聴者も涙を誘われたようだ。

 同ドラマはコナリミサトの同名漫画を原作とした、28歳OL・大島凪の“人生リセットストーリー”。近々上京する予定の母親・夕(片平なぎさ)から電話を受けた凪だが、夕との会話で大島家に受け継がれる“ぬか床”を捨ててしまったことに気づく。夕に知られたら何を言われるかわからず不安を抱えていた凪。そんな彼女に、近所で愛用しているコインランドリーを継がないかという話が舞い込んできた。

 一方慎二は自身が手がける販促ステージの準備中、商品が届かないというアクシデントに見舞われていた。円(唐田えりか)の尽力により事なきを得たものの、礼を言う慎二に円は「同僚じゃないですか」と素っ気ない。さらに十数年ぶりの再会となった兄・慎一には「今でも空気読んで生きてんだ? 家でも、職場でも、女の前でも。何をそんなに守りたいの」となじら…

全文を読む

恋心再燃でプチパニックの高橋一生が「可愛いすぎかよ」と話題 ドラマ「凪のお暇」第6話

恋心再燃でプチパニックの高橋一生が「可愛いすぎかよ」と話題 ドラマ「凪のお暇」第6話

『凪のお暇』5巻(コナリミサト/秋田書店)

 2019年8月23日(金)に放送された、黒木華主演のドラマ「凪のお暇」第6話。凪(黒木)を忘れられない慎二(高橋一生)の態度に、視聴者からは「シャキッとせんかい!www」「ほんと素直じゃないんだから!」と檄が飛んだ。

 同ドラマはコナリミサトの同名漫画を原作とした、28歳OL・大島凪の“人生リセットストーリー”。スナック「バブル」2号店で働き始めた凪だが、なかなか自分からは客に話しかけられない。一方会社の同僚・円(唐田えりか)と人知れずオフィスラブを送っていた慎二は、何気なく訪れたバブル2号店で凪とばったり再会する。

 気まずい雰囲気はあるものの、見ず知らずの客とすぐに打ち解け合うことができる慎二に羨ましさを感じていた凪。慎二と共に客を見送りに出た際に、会話の流れから龍子(市川実日子)の再就職先が詐欺まがいの勧誘で有名な会社だと聞かされることに。また慎二は凪とゴン(中村倫也)が別れたと知って急に落ち着きがなくなり、迎えに来た円を彼女とは言わずに「同僚」と凪に紹介してしまう。

 ある日の朝、凪は龍子に会社に…

全文を読む

「イケメンすぎて泣きそう」 ドラマ「凪のお暇」第5話で武田真治の好感度爆上がり!

「イケメンすぎて泣きそう」 ドラマ「凪のお暇」第5話で武田真治の好感度爆上がり!

『凪のお暇』5巻(コナリミサト/秋田書店)

 2019年8月16日(金)に放送された、黒木華主演のドラマ「凪のお暇」第5話。凪(黒木)を励ますスナックのママ(武田真治)の優しさに、視聴者から「こんなママがいるスナックなら毎日でも行きたい」「武田ママ、イケメンすぎて泣きそう」と感動の声が寄せられている。

 同ドラマはコナリミサトの同名漫画を原作とした、28歳OL・大島凪の“人生リセットストーリー”。ゴン(中村倫也)に惚れて“闇落ち”した凪は、慎二(高橋一生)に叱責されて何も反論できない。一方でようやく自堕落な生活を送っていることに気づき、危機意識を持ち始めていた。

 そんなある日、凪は隣に住むうらら(白鳥玉季)に連れられて商業施設の建設現場へと向かう。そこには巨大クレーンを操り、多くのスタッフに指示を出すうららの母・みすず(吉田羊)の姿が。自分の足でしっかり立つみすずに感銘を受け、凪はゴンとの別れを決意すべく海へと自転車をこぎ始めた。ところが凪の思いとは裏腹に海は全く見えてこず、それどころか彼女は道に迷ってしまう。

 転倒して足に怪我を負った凪は、偶然…

全文を読む

「凪ちゃんマジかー!」 ドラマ「凪のお暇」第3話終盤の急展開に視聴者ビックリ

「凪ちゃんマジかー!」 ドラマ「凪のお暇」第3話終盤の急展開に視聴者ビックリ

『凪のお暇』5巻(コナリミサト/秋田書店)

 2019年8月2日(金)に放送された、黒木華主演のドラマ「凪のお暇」第3話。凪(黒木)とゴン(中村倫也)の関係に急展開が訪れ、視聴者から「凪ちゃんマジかー!」「え、うそ、早くない?」と困惑の声が寄せられている。

 同ドラマはコナリミサトの同名漫画を原作とした、28歳OL・大島凪の“人生リセットストーリー”。心機一転を図った凪が住むアパートの目の前に、ハローワークで知り合った龍子(市川実日子)が引っ越してきた。彼女は凪が慎二(高橋一生)にビンタを食らわせたと知り、凪にとって慎二のどこが好きだったのか不思議で仕方がない。

 凪も答えることができずにいるタイミングで、2人の前を通り過ぎていくゴン。彼の職業が「イベントオーガナイザー」だと教えられた龍子は、凪の“新たな恋の相手”と勝手に想像して「私たちとは住む世界が違いすぎると思います」と警告した。

 凪は意を決して慎二の会社帰りを待ち、慎二に引っ張られながら2人だけで食事へと向かう。慎二の肩書に惹かれていたと語る彼女は「慎二のどこを好きだったのか思い出せない」と…

全文を読む

「私も床ドンされたい!」 ドラマ「凪のお暇」第2話の中村倫也に視聴者メロメロ!

「私も床ドンされたい!」 ドラマ「凪のお暇」第2話の中村倫也に視聴者メロメロ!

『凪のお暇』5巻(コナリミサト/秋田書店)

 2019年7月26日(金)に、黒木華主演のドラマ「凪のお暇」第2話が放送された。黒木演じる凪と距離が近づいた安良城ゴン(中村倫也)に、視聴者から「私も床ドンされたい!」「人たらし感がクセになりそう」と黄色い歓声が沸き起こっている。

 同ドラマはコナリミサトの同名漫画を原作とした、28歳OL・大島凪の“人生リセットストーリー”。会社を辞めて心機一転を図った凪は、失業保険の給付申請のためハローワークへ。そこで坂本龍子(市川実日子)と親しくなったものの、いきなり謎の石を売りつけられそうになる。

 凪にフラれた慎二(高橋一生)は、性懲りもなく凪のアパートを訪れるが彼女は不在。声をかけてきた上階の住人・緑(三田佳子)の部屋で、凪の帰りを待つことに。慎二の訪問を知る由もない凪は、ゴンに誘われるまま2人だけのバーベキューを楽しんでいた。ゴンが持つ柔らかな空気に心を動かされ始める凪。ゴンも寝転がった彼女に覆いかぶさって「可愛い」とつぶやくなど、2人の距離は徐々に縮まっていく。

 凪とゴンがアパートに戻ったところで慎二と出…

全文を読む

「黒木華」のおすすめ記事をもっと見る