読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

じん

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
じん

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

音楽家

「じん」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

現場はまさに『バクマン。』 マンガ共同制作の大事な話。

現場はまさに『バクマン。』 マンガ共同制作の大事な話。

『NIRVANA-ニルヴァーナ-』

 以前から原作・作画担当の分かれたマンガは多く存在し、ヒット作も生み出されてきた。

 こういったマンガは、重厚な世界観やストーリーの構築という良さが特徴だが、実際のところ、複数の作家による作品制作は苦労も多いのではないだろうか。

 月刊コミックジーンで少女が主人公の輪廻武装アクション『NIRVANA-ニルヴァーナ-』を連載している、じん×沙雪の異色のユニット・ZOWLS(ゾウルズ)に話を聞いた。

  ――『NIRVANA-ニルヴァーナ-』というマンガでのお2人の役割分担を簡単に教えてください。

じん:おっと・・・難しいですね(笑)。

沙雪:開幕ちょっと説明が難しいところからきましたね(笑)。

じん:わかりやすく言うと、まず各話の大筋を2人で決めて、それを僕がプロットに落とし込むんですよね。

沙雪:それを私がネームに起こして、そのネームを見ながら2人で協議をし、最終的に作画に入るという感じです。

――なるほど。どちか一方が原作、一方が作画というわけではないんですね。

じん:話の部分は2人で考え、絵の部分は沙雪さんに引っ張ってい…

全文を読む

『カゲロウデイズ』じん×『月下ノ外レ外道』沙雪 特別対談(後編)

『カゲロウデイズ』じん×『月下ノ外レ外道』沙雪 特別対談(後編)

小説やマンガを読みながら聴いてもらえるというのは、僕らならでは。   ⇒『カゲロウデイズ』じん×『月下ノ外レ外道』沙雪 特別対談(前編)   ――後編ではじんさんの作品についてと、お二人のルーツについてお聞きしていきます。まずは『MEKAKUCITY M’s2』がどういった作品か教えてもらえますか?

じん:自分が原作・脚本を手がけたアニメ『メカクシティアクターズ』の主題歌や挿入歌をすべて収録したCD4枚組のサウンドトラックアルバム『MEKAKUCITY M’s COMPLETE~メカクシティアクターズ・ヴォーカル&サウンドコレクション~』が4月に発売されたのですが、『M’s2』は、このうちのDisc2と4が収録された廉価版です。『M’s2』にしか入っていない曲を聴きたい方にはお待たせしましたという感じです。

『MEKAKUCITY M's 2 ~メカクシティアクターズ・ヴォーカル&サウンド コレクション~』 CD2枚組 / ¥2,980 + 税 2014年4月に放送された、アニメ「メカクシティアクターズ」内で放送された、主題歌、挿入歌、BGMの他…

全文を読む

『カゲロウデイズ』じん×『月下ノ外レ外道』沙雪 特別対談(前編)

『カゲロウデイズ』じん×『月下ノ外レ外道』沙雪 特別対談(前編)

『月下ノ外レ外道』(沙雪/KADOKAWA)

「外道」と呼ばれる烏天狗の妖がはびこる世界。唯一、異能力・六道輪廻の門を解放して外道に対抗できる警察組織「六道」。外道でありながら六道に所属する、異端の主人公・五六七の和風戦闘奇譚!!――WEBコミック誌「ジーンピクシブ」にて連載中の『月下ノ外レ外道』は、『ミカグラ学園組曲』『ダブルゲージ』の沙雪が贈るダークファンタジーだ。

 そのコミックス第1巻の発売を記念して、音楽家・小説家の顔を持つマルチクリエイター“じん”との対談が実現。

 沙雪の大ファンと公言する“じん”の熱すぎる作品レビューに加え、最新作『MEKAKUCITY M's2』(1st PLACE)の制作秘話や二人の作品のルーツなど、同世代のクリエイター同士だからこそ共感できる話が次々と飛び出した。

  “六道”が仏教の中でどういうものか考えながら読むとさらに面白い   ――じんさんは以前から沙雪さんの作品を読んでいるそうですね。

じん:本当にファンで、前作である『ダブルゲージ』以前にどのような活動をされてたのかなって、沙雪さんのブログの過去記事をた…

全文を読む

「じん」のおすすめ記事をもっと見る