読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

セバスチャン・フィツェック

職業・肩書き
作家
ふりがな
せばすちゃん・ふぃつぇっく

ジャンル

「セバスチャン・フィツェック」のおすすめ記事・レビュー

  • レビュー・書評

2007年11月号 『治療島』 セバスチャン・フィツェック

2007年11月号 『治療島』 セバスチャン・フィツェック

2007年10月6日

『治療島』

セバスチャン・フィツェック/著 赤根洋子/訳 柏書房 1575円

 著名な精神科医・ヴィクトルの一人娘・ヨゼフィーネが消えた。死に物狂いで捜索するが行方は知れない。そして数年後の現在、ヴィクトルは病院のベッドにいた。妻すら面会に来ない日々。しかし、「あんなことがあったからには、それも仕方がない」。ヴィクトルはロート博士の求めに応じ、全てを語るため、“島”の話を始める。  悲劇から4年後、“島”にいた彼を、謎の女性・アンナが訪ねてくる。自らを統合失調症と言い、治療を求めて妄想を語り始める彼女。それは、娘によく似た少女が親の前から姿を隠す物語だった。話を聞くうちに、ヴィクトルは精神的に追い詰められ、そしていよいよ真実を知る……。

 スピード感あふれる、ネオ・サイコスリラー。 撮影/冨永智子  

     セバスチャン・フィツェック(Sebastian Fitzek)●1971年、ベルリン生まれ。放送作 家として活躍する。本書が単行本小説デビュー作で、ドイツにての映画化も決定して…

全文を読む

「セバスチャン・フィツェック」のレビュー・書評をもっと見る

「セバスチャン・フィツェック」の本・小説

乗客ナンバー23の消失

乗客ナンバー23の消失

作家
Sebastian Fitzek
セバスチャン・フィツェック
酒寄進一
出版社
文藝春秋
発売日
2018-03-28
ISBN
9784163908182
作品情報を見る
座席ナンバー7Aの恐怖

座席ナンバー7Aの恐怖

作家
Sebastian Fitzek
セバスチャン・フィツェック
酒寄進一
出版社
文藝春秋
発売日
2019-03-08
ISBN
9784163909929
作品情報を見る

「セバスチャン・フィツェック」人気の作品ランキングをもっと見る