読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

BABYMETAL

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
べびーめたる

ジャンル

「BABYMETAL」のおすすめ記事・レビュー

なぜ世界のメタルファンはBABYMETALに惹かれたのか―? ファンブック『BABYMETAL試論』に絶賛の声

なぜ世界のメタルファンはBABYMETALに惹かれたのか―? ファンブック『BABYMETAL試論』に絶賛の声

『BABYMETAL試論』(小中千昭/アールズ出版)

 「アイドル」と「ヘビーメタル」を融合させ、国内外で絶大な人気を誇るメタルダンスユニット「BABYMETAL」のファンブック『BABYMETAL試論』が2016年8月25日(木)に刊行された。脚本家の小中千昭がBABYMETALについて幅広い視点で論考している同書に、ファンからは「BABYMETAL関連本でこんなのは今までなかった!」「凄い読み応えにビックリ」と絶賛の声が上がっている。  BABYMETALは、2010年に女性アイドルグループ「さくら学院」のクラブ活動の1つ“重音部”としてスタートした。メンバー構成は、“SU-METAL(スーメタル)”“YUIMETAL(ユイメタル)”“MOAMETAL(モアメタル)”の3人。楽曲はメタルサウンドという激しいものでありながら、可愛い容姿と少女らしい衣装に身を包む。抜群の歌唱力やメタルらしさを色濃く反映した壮絶なダンスを披露し、2011年に発表した曲「ド・キ・ド・キ☆モーニング」のPVは国内外で大反響を呼んだ。  さらに2014年に発売された1st…

全文を読む

BABYMETAL追っかけ本 著者とゲストが熱く語るトークイベント開催!

BABYMETAL追っかけ本 著者とゲストが熱く語るトークイベント開催!

 世界を席巻するBABYMETAL。今や日本を代表するメタルダンスユニットとして、その名を見ない日はないほどの存在になった。

 3人の少女たちと生演奏を奏でる神バンドの活躍を追った、ライター・カネコシュウヘイの出版記念イベント「『BABYMETAL追っかけ日記』トークイベント~集え!メイトナイト」が、6月11日 土曜日、お台場の東京カルチャーカルチャーで開催される。

 愛と感動の769日を追ったという同書籍は今年3月に刊行されたもので、発売時にはAmazonの全体ランキングでベストセラー6位に。著者自身の記憶や経験を元に、2013年末から2015年末までの彼女たちの活躍を辿ると共に、1人の男が身も心もどっぷりとBABYMETALの世界観へハマっていく過程が描かれている。

 今回のイベントでは、著者自身の切り口からBABYMETALの歴史を振り返ると共に、観客のアンケートを交えたトークも展開。さらに、海外参戦経験のあるBABYMETALのファン“モッシュッシュメイト”をゲストに迎えて、BABYMETALとは何かを時間の許す限り語り合おうというテーマを掲…

全文を読む

熱い!熱すぎる!BABYMETALを追っかけるカネコシュウヘイ氏を追っかけてみた

熱い!熱すぎる!BABYMETALを追っかけるカネコシュウヘイ氏を追っかけてみた

『BABYMETAL追っかけ日記』(カネコシュウヘイ/鉄人社)

 先日、知人のライター・カネコシュウヘイ氏から1冊の本が届いた。なんでも、自分で初めて書籍を手がけたという。届いた包みを開くと、中から赤と黒の世界観がただよう表紙が顔をのぞかせた。『BABYMETAL追っかけ日記』(カネコシュウヘイ/鉄人社)のタイトルが見える。

「べ…ベイビーメタル?」

 私は、そうつぶやいた。

 本書はタイトルどおり、カネコ氏がBABYMETALについて見たこと、感じたことをありのままにまとめたライブレポートを中心とした“追っかけ日記”だ。体験したライブについてはひじょうに細かく詳細が書かれている。これほどのライブレポートの書籍はなかなか見当たらないだろう。そのくらいカネコシュウヘイ氏はBABYMETALの熱狂的なファンなのだ。

 文体は読みやすく、カネコ氏がベビメタに出会った経緯、ファンの様子も含めたライブで見た景色、感情や考えなどもことこまかに書かれている。まさに『BABYMETAL追っかけ日記』だ。

 とはいえ、記事をまとめた私はというと、BABYMETALについて…

全文を読む

BABYMETAL・宮藤官九郎・北野武… 30人の「顔」を気鋭アーティスト・シシヤマザキが描く!

BABYMETAL・宮藤官九郎・北野武… 30人の「顔」を気鋭アーティスト・シシヤマザキが描く!

 YUKIのミュージックビデオやルミネカードのCM映像などで知られる、今注目の気鋭アーティスト“シシヤマザキ”の、待望の画集1作目『Face Face(フェイス フェイス)』が、2015年12月11日(金)に発売された。  彼女の作品はPRADA や資生堂といった世界的なファッションブランドのプロモーションに起用され、世界中のアートアニメーションやクリエイティブイベントで上映され続けている。そんなシシヤマザキ本人が“肖像画本”と呼ぶ『Face Face(フェイス フェイス)』のメインコンテンツは、今回のためにゼロから描きおろした肖像画シリーズ。北野武、宮藤官九郎、ローラ、BABYMETALなど、各業界で革新的なチャレンジを続ける人々の肖像画が収録されている。

さらに、アトリエに設置した定点カメラで1枚の肖像画が生まれる過程を公開するほか、シシヤマザキがこれまでに制作した代表的な作品たち、肖像画を通してシシヤマザキが再発見した被写体たちの印象や、ライフワークプロジェクトで、1日1個制作の顔“Mask”など、現在のシシヤマザキのすべてが詰まった1冊とな…

全文を読む

Perfume BABYMETALを担当するMIKIKOなど 日本を代表する振付師たち

Perfume BABYMETALを担当するMIKIKOなど 日本を代表する振付師たち

 アイドルに惹きつけられるとき、歌唱力や衣装に負けずとも劣らないほど目を引くのがダンスだ。8月号の乃木坂46・生駒里奈ד制服特集”が巷で話題となった『MdN』が、2015年8月6日(木)発売の9月号で“振り付け”を大特集する。  アイドルのMVやライブだけでなく、さまざまな商品のCM、さらにはロックバンドの映像作品でさえ、キャッチーな振り付けのあるダンスが導入されている。『MdN』9月号の特集では、時間と空間の視覚表現・振り付けが真正面から捉えられている。日本を代表する振付師へのインタビューや、取材・論考から、日本の振り付けの最新動向が、いま明らかになる。 <時代を創る振付師・MIKIKO> PerfumeやBABYMETALの振り付けを手掛ける演出振付家・MIKIKOの仕事と思考を追う。

Perfume10選:チョコレイト・ディスコ/コンピューターシティ/ワンルーム・ディスコ/Spending all my time/シークレットシークレット/ねぇ/不自然なガール/Pick Me Up/LIVE演出/SXSW ~STORY~

BABYMET…

全文を読む

アイドル特集【総論】 改めての素朴な疑問「アイドルとは何か?」

アイドル特集【総論】 改めての素朴な疑問「アイドルとは何か?」

   

 アイドルとは何か。特集の執筆を任されるにあたり、進行するに連れてじわじわと身体中に染み渡ってきた疑問である。過去から現在に至るまで、いや、もっといえば未来永劫、誰一人として答えにたどり着けない超難問なのかもしれない。

 偶像。崇拝。カリスマ。辞書を元に並列される言葉は、どれも杓子定規でしっくりこない。分かるようで分からない。考えれば考えるほど、ジレンマに苦しみ、何をしていても頭の中にこびりつき、次第には「アイドル」という単語そのものに、ゲシュタルト崩壊を起こしはじめる。

 しかし、分からないというのは立派な、けっして逃げではない一つの答えなんだと気づいた。百組のアイドルがいれば、その数だけの定義がある。百人のファンがいれば、人の数だけみなそれぞれに自分のアイドルを求める。

 今回、アイドルという大きな括りの中で様々な記事をまとめてみたが、その当事者としてわずかながらに私見を述べさせていただきたい。

 僕にとってのアイドル。今この時点で抱くアイドル像というのはきっと、現実にいながらにして、手が届きそうで届かない存在である。(あえてこの文脈で用いる…

全文を読む

なぜBABYMETALなのか。『ヘドバン』編集長・梅沢直幸さんインタビュー

なぜBABYMETALなのか。『ヘドバン』編集長・梅沢直幸さんインタビュー

『ヘドバン Vol.6』(シンコーミュージック)

 BABYMETALは僕らを狂わせる。彼女たちからの情報はごくわずかに限られており、唯一、近づけるのはアリーナやスタンドから、ステージと一体になれるライブのみ。そのため彼女たちのファンは、時に現実で、時にはネットという仮想空間の中で、国境や言語などという固定観念などまるでなかったかのように、彼女たちの名前がわずかでも含まれた情報を求め、探し歩いている。

 いったいなぜそのような現象が起きているのか。昨年はYoutubeや海外公演、レディー・ガガの話題をきっかけに、国内メディアでも彼女たちの存在が多数取り上げられるようになった。しかし、多くの国内メディアは海外よりも一歩二歩、ともすれば数百歩も出遅れた形となったからである。

 アイドルとメタル、Kawaii、クールジャパンなどの既成概念に囚われ、惑わされる国内メディアを尻目に、純粋な「面白さ」から興味を寄せた海外メディアからの情報は濃く、熱くファンの心を揺さぶり続けている。そのため、彼女たちとの距離が大幅に乖離した国内メディアの現状を嘆き、不満を抱えるファ…

全文を読む

コールなし、サイリウムなし、握手会もなし! 「BABYMETAL」は果たしてアイドルなのか? アカデミックに分析してみる

コールなし、サイリウムなし、握手会もなし! 「BABYMETAL」は果たしてアイドルなのか? アカデミックに分析してみる

『「アイドル」の読み方 混乱する「語り」を問う』(香月孝史/青弓社)

 アイドル戦国時代といわれて久しい。昨年末から今年にかけては、グループアイドルの武道館公演が相次いでいるなど、市場としてのアイドルへの需要もまだまだ熱が冷めやらない状況だ。

 さて、今や海外へも発信されるコンテンツに成長した日本のアイドル文化。しかし、アイドルという言葉の定義はじつにあいまいで、捉えづらいものでもある。男性アイドルや女性アイドル、ソロのアイドルやグループアイドルなど、枚挙にいとまがないほど細分化されている。そんなアイドル全盛の時代に、社会学の観点から現代のアイドルを読み解くための1冊がある。香月孝史氏の『「アイドル」の読み方 混乱する「語り」を問う』(青弓社)だ。本書では、アイドルという言葉を中心に、学者や研究者、評論家などの言説をたよりに、アイドルとは何かをていねいに紐解いている。言葉の定義から、音楽やライブという名の“現場”を通したアイドルらしさなどをめぐり、社会現象としてのアイドルについてさまざまな視点からの分析を試みている。

 そこで、本書をたよりに、ある…

全文を読む

「BABYMETAL」のおすすめ記事をもっと見る

「BABYMETAL」のレビュー・書評をもっと見る

「BABYMETAL」の本・小説

  • ランキング

クイック・ジャパン125

クイック・ジャパン125

作家
BABYMETAL
花澤香菜
小倉唯
鈴木みのり
藤井ゆきよ
出版社
太田出版
発売日
2016-04-23
ISBN
9784778315177
作品情報を見る
クイック・ジャパン 111

クイック・ジャパン 111

作家
ももいろクローバーZ
田中将大
tofubeats
HKT48
BABYMETAL
道重さゆみ
でんぱ組.inc
アイドリング!!!
兒玉遥
平嶋夏海
二階堂和美
チームしゃちほこ
アップアップガールズ(仮)
cero
Negicco
BiS
高畑勲
モーニング娘。
出版社
太田出版
発売日
2013-12-13
ISBN
9784778313890
作品情報を見る

「BABYMETAL」人気の作品ランキングをもっと見る

「BABYMETAL」の関連画像・写真

「BABYMETAL」の関連画像・写真をもっと見る