注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
34件

大学の記事一覧

美大以外は「一般大学」、芸能人アーティストは大嫌い! 『美大生図鑑』著者が語る美大生あるある

『美大生図鑑 あなたの周りにもいる摩訶不思議な人たち』(ヨシムラヒロム/飛鳥新社)  美大の“あるある”をこれでもかと詰め込み、「美大生は“…

『美大生図鑑』著者が断言!『ハチクロ』の美大はヘンリー・ダーガーの作品くらい非現実

『美大生図鑑 あなたの周りにもいる摩訶不思議な人たち』(ヨシムラヒロム/飛鳥新社)  美大の“あるある”をこれでもかと詰め込み、「美大生は“…

料理をしながら科学を楽しく学ぶ! 焼肉だけでもいろいろなことがわかる!?

『実況・料理生物学』(小倉明彦/文藝春秋)  普段料理をしながら「これは科学だ」などと考える人はあまりいないだろう。しかし、料理を科学として…

保護者にも読んでほしい! 教師向けマニュアルから探る「学校の裏側」

『大学では教えてくれない 信頼される保護者対応マニュアル』(多賀一郎/明治図書出版) まもなく新年度を迎える。この時期になると、子どもたちの…

東大と京大の入試は世相をどう反映したのか? 終戦から安倍政権まで、入試国語問題で振り返る70年

『東大VS京大 入試文芸頂上決戦』(永江朗/原書房) 「5教科」と呼ばれる大学入試の科目といえば、数学、国語、英語、理科、社会である。このう…

2020年の大学入試センター試験廃止で教育はどう変わる? 求められる「教師のメンタリティの改革」とは

『2020年からの教師問題(ベスト新書)』(石川一郎/ベストセラーズ)  大学入試で次のような問題が出たら、あなたは答えられるだろうか? 【…

「でも」の代わりに「◯◯」を使う“思考グセ”で人生が変わる!? スタンフォード大学超人気講座「dスクール」の内容とは?

『スタンフォード大学dスクール 人生をデザインする目標達成の習慣』(バーナード・ロス:著、庭田よう子:訳/講談社)  いよいよ始まった201…

「うつ症状」で不登校、学年ビリの落ちこぼれからなぜ「東大現役合格」できたのか?

『試験に受かる「技術」』(吉田たかよし/講談社)  人生には避けて通れないものがたくさんある。そのうちの1つが受験だ。高校入試、大学入試、就…

大学受験浪人経験から培われる「浪人力」があるとすれば何だろう

現代の浪人数は30年前の3分の1!  受験シーズンもいよいよ本番を迎え、先週末には寒波の中、57万人以上がセンター試験に挑戦しました。いつも…

2017年の箱根駅伝は何かが変わる!? 5区の距離短縮がもたらすものとは?

『新・箱根駅伝 5区短縮で変わる勢力図(角川新書)』(酒井政人/KADOKAWA)  私たちはなぜ、毎年年初めに“箱根駅伝”の歓喜と興奮のド…

「サンキュー大作戦」で箱根駅伝三連覇に挑む! 青学・原監督がポジティブなスローガンを掲げる理由とは?

 2017年1月2日(月)と3日(火)に行われる「第93回箱根駅伝」。2016年12月に行われた記者発表会で、3連覇がかかった青山学院大学の…

巷で話題の“東京藝大本”! 実際どれほど藝大を描けているのか?【卒業生が読んでみた】

『最後の秘境 東京藝大 天才たちのカオスな日常』(二宮敦人/新潮社) 『最後の秘境 東京藝大 天才たちのカオスな日常』(二宮敦人/新潮社)が…

学生・教員・大学経営者―すべてが「Fランク化」しつつある大学。よい大学を見分けるためには?

『Fランク化する大学』(音 真司/小学館)  大学全入時代になり、大学間の学生争奪戦が激化しているといわれる。人気がある大学には質の高い学生…

「我慢してやる勉強」を卒業することが、大人の勉強のスタート! 社会人にもためになる大学時代にやっておきたいこと

『「大学時代」自分のために絶対やっておきたいこと』(千田琢哉/三笠書房)  学生、若者諸君には、必ず読んでほしい一冊がある。 『「大学時代」…

トヨタ、ANA、清掃会社テッセイ、チーム増田…米ハーバードが「日本企業」に学び続ける理由

『ハーバードでいちばん人気の国・日本』(佐藤智恵/PHP研究所)  一般に日本人は「日本人について書かれた本」に関心が高い傾向があるが、中で…

大学に「文系」は要らないのか? 「文系学部廃止」騒動の真相と「文系」の知

『「文系学部廃止」の衝撃(集英社新書)』(吉見俊哉/集英社)  昨年6月、「文系学部廃止」の報が駆け巡り、驚いた人がいるのではないだろうか。…

「箱根駅伝」優勝候補、青学監督は元トップ営業マン! 異色の指導法とは?

『フツーの会社員だった僕が、青山学院大学を箱根駅伝優勝に導いた47の言葉』(原 晋/アスコム)  毎年1月2日・3日に開催される箱根駅伝。こ…

バカ×裸を描く達人達が繰り出す『ぐらんぶる』 美女とダイビングか、それとも野郎どもと酒か?
『ぐらんぶる』(吉岡公威/講談社)

 華のキャンパスライフが待ち受ける4月、北原伊織が降り立った舞台は伊豆。海の近くの大学に通うために、おじさんのダイビングショップに足を運びま…

東大野球部の補欠、法政野球部のマネージャー…感涙必至の東京六大学野球小説!

『6(シックス)』(早見和真/集英社)  「6」と言ったら何を連想する? 結成20年のV6? それとも26年ぶりに復活して大人気の「おそ松さ…

学力、お金、人間関係…「公立校と私立校」選択の差

『公立VS私立』(橘木俊詔/ベストセラーズ)  私立中高一貫校を中心に、私立校が人気だ。教育力が高そう、生徒一人ひとりを丁寧に見てくれる、生…

【佳子さま入学】ICUの校風として「ファンクラブ」は考えにくい

『佳子さまご成年記念 秋篠宮家 25年のあゆみ』(朝日新聞出版)  「ICU学内で「誰が佳子さまとセクメになったのか」の話題出る」――先日こ…

ライトノベルが教科書の授業って? その意図を大学講師に聞いてみた―「『ソードアート・オンライン』は、教材として理想的」

『ソードアート・オンライン』(川原礫:著、abec:イラスト/アスキーメディアワークス)  「ライトノベルは文学ではない」。ライトノベル読者…

青ペンとA4ノートだけ! みるみる成果の上がる書きなぐり勉強法―でも、なんで“青”なの?

『頭がよくなる青ペン書きなぐり勉強法』(相川秀希/KADOKAWA 中経出版)  勉強は一生続くと誰かが言っていた……気がする。生徒や学生た…

子どもを「ギフティッド(天才児)」にする方法をギフティッド本人が語る

『ザ・ギフティッド 14歳でカナダのトップ大学に合格した天才児の勉強法』(大川翔/扶桑社)  自分の子は相当勉強ができる。ほかの子よりずいぶ…

【延滞、取り立て…奨学金の実態】社会人生活のスタートは返済生活のスタートでもあった…

『日本の奨学金はこれでいいのか! 奨学金という名の貧困ビジネス』(伊東達也、岩重佳治、大内裕和、藤島和也、三宅勝久:著、奨学金問題対策全国会…

映画『ビリギャル』 KADOKAWA連合試写会を開催!1250名ご招待!

©2015映画「ビリギャル」製作委員会  2015年5月1日に全国東宝系にて公開する、映画『ビリギャル』のKADOKAWA連合試写会を下記日…

ホリエモンが東大以外に行きたい大学「近畿大学」が志願者数日本一になったワケ

『なぜ関西のローカル大学「近大」が、志願者数日本一になったのか』(山下柚実/光文社)  2014年3月6日、教育業界に激震が走った。関西にあ…

「青田買い」の増加で、就活「後ろ倒し」で有利になるのは、たった5%の学生!?
『就活「後ろ倒し」の衝撃 ― 「リクナビ」登場以来、最大の変化が始まった』(曽和利光/東洋経済新報社)

 「今後の活躍をお祈りしております」という不採用通知が毎日何通も届き、気が滅入りそうになるが、悩んでいるヒマもない。面接の予定やエントリーシ…

ドーナツを穴だけ残して食べる方法はあるのか? 【学者たちが真剣に解答】

『ドーナツを穴だけ残して食べる方法 越境する学問 穴からのぞく大学講義』(大阪大学ショセキカプロジェクト:編/大阪大学出版会)  ドーナツを…

慶応の“ビリギャル”だけじゃない! ロリータ女子が東大に合格した理由

『妄想娘、東大をめざす』(大石蘭/幻冬舎)  偏差値を30の金髪ギャルが慶応大学に合格した『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大…

12

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集


ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ