読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

私をくいとめて

私をくいとめて

私をくいとめて

作家
綿矢りさ
出版社
朝日新聞出版
発売日
2017-01-06
ISBN
9784022514455
amazonで購入する

「私をくいとめて」の関連記事

本好きが選ぶ今週のおすすめ小説ランキング!! 【2月】

 国内最大級の本好きコミュニティ「読書メーター」で話題になった本の中から、1ヶ月以内に発売された「小説」ランキングを毎週お届け。本好きな人たちは、“今”どんな作品に注目しているのか? 気になる作品があったらぜひチェックしてみよう!

同ランキングでは、読書メーター利用者が直近1週間に"読んだ本”として登録した作品のうち、登録数が20以上でレビュー率の高い「小説」を抜き出して発表。本記事内のリンクをクリックすると読書メーター内の作品レビューを読むことができます。

 

小説部門

1位

恐怖小説 キリカ 澤村 伊智

2位

がん消滅の罠 完全寛解の謎 (『このミス』大賞シリーズ) 岩木 一麻

3位

私をくいとめて 綿矢りさ

4位

夫のちんぽが入らない こだま

5位

黒書院の六兵衛 下 (文春文庫) 浅田 次郎

6位

僕が恋したカフカな彼女 (富士見L文庫) 森 晶麿

7位

舞台 (講談社文庫) 西 加奈子

8位

声なき蝉-空也十番勝負 青春篇(下) (双葉文庫) 佐伯 泰英

9位

岳飛伝 3 嘶鳴の章 (集英社文庫) 北方 謙三

10位

鍵屋甘味処改…

2017/2/10

全文を読む

関連記事をもっと見る

私をくいとめて / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

綿矢りさは、新作中心に読んでいる作家です。金原ひとみVS綿矢りさの同時新作対決で、今回は綿矢りさです。今時の30オーバーの女性のリアルな恋愛事情、もどかしいなと思いつつ興味深く読みました。年を重ねる毎に面倒な気持ちになり、「おひとりさま」として自己肯定するのは理解出来ますが、日本の未来を考えると恋愛、結婚、出産、子育てと頑張って欲しいと思います。税制、会社の昇進、各種手当、子育てサポート等で、もっとメリットを享受できる制度改正も必要なのではないでしょうか?今回の対決は、綿矢りさに軍配を揚げます!

2017/01/26

ナイスネイチャ

図書館本。アラサーおひとりさま女子の話。なんかドラマでこんな感じの設定あふれてないかな?おっさんの私には共感部分は一切ないので感想も辛口ですいません。

2017/02/12

zero1

初期の綿矢は「リズム命」だったけど、本書はやや落ち着いて「おひとりさま」の世界を描いている。主人公は32歳のみつ子。彼氏ナシ(泣)だけど、もう一人の自分Aがいてアドバイスしてくれる(!)。これってDID(解離性同一性障害)なのか?虐待ではないので悲壮感はない。歯医者との恋愛話は笑えた。取引先の営業マン多田が近くに住んでいて夕食を持たせてあげるみつ子。女性読者から見て共感できる内容なのか気になる。朝日新聞連載。久しぶりに綿矢の作品を読んだが、確実に進化している。でも「これっ!」という決め手がほしい。

2019/02/17

わたせせいぞうさんのカバー絵につられて選んだ本。おしゃれな感じがしていいですよね。何故か私は「綿矢りさ」さん本人を思い浮べながら読みました。いつだったかテレビに出演した際に共演者から質問された時に上を見て考えて答えていたのできっと彼女の脳内にはもうすでに「A」が居たんだと思うんですよね。だから、小説というよりはエッセイ感覚で読みました。きっと何人もこういう風に脳内でアドバイザーを持っている人っているんだろうなぁと思いました。

2019/02/08

hiro

綿矢さん作品12冊目。この作品は初の新聞連載ということを楽しみにして読んだ。主人公黒田みつ子はもうすぐ33歳と、あの『東京タラレバ娘』の三人とほぼ同い年。また、その三人の一人鎌田倫子の妄想で現れるのはタラとレバーだが、みつ子の妄想で現れるのはもう一人の自分「A」と、妄想癖のある独身いう共通点もあった。今の時代は33歳ぐらいの独身女性を描くのが流行なのか、それとも綿矢さんは自身と同じ年の女性を描いただけなのかと、主人公の設定が特に気になった。綿矢さん作品にはよく出てくる典型的なダメな男としてカーターが登場。

2017/02/27

感想・レビューをもっと見る