KADOKAWA Group

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

二周目の恋 (文春文庫 わ 17-50)

二周目の恋 (文春文庫 わ 17-50)

二周目の恋 (文春文庫 わ 17-50)

作家
一穂ミチ
窪美澄
桜木紫乃
島本理生
遠田 潤子
波木 銅
綿矢りさ
出版社
文藝春秋
発売日
2023-07-05
ISBN
9784167920630
amazonで購入する Kindle版を購入する

二周目の恋 (文春文庫 わ 17-50) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ミカママ

帰国中の本屋さんで目が合い、もちろんのタイトル買い。「最後から二番目の恋」っていう名作ドラマあったけれど、あれを想定させるような。ヒトはなぜ「恋」に名前をつけたがるんだろうね(笑)それはさておき、お馴染みの作家さんから初めましての作家さんまで、わたしの心に刺さる秀作揃い。きっと編集さんの感性がわたしのそれに合っていたんだろう。恋をしているあなたから、憧れにとどまるあなたまで、たくさんの女性に読んで欲しい短編集。

2023/08/21

starbro

人気女性作家7人による大人の恋愛アンソロジー短編集、どの作品も魅力的ですが、オススメは、一穂ミチ『カーマンライン』&遠田潤子『道具屋筋の旅立ち』です。https://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784167920630

2023/08/11

いつでも母さん

同じ人の・・恋・・いろいろ。7名の作家のアンソロジー。一穂さんの『カーマンライン』は家族の情を感じてホロッとした。遠田さんの『道具屋筋の旅立ち』母親に憤りを感じたし、そんな優しいラストは要らないと思った私は鬼ですか?桜木さん『無事に、行きなさい』は桜木姐さんだぁ!って(笑)どれも初めての作品を面白く読んだ。私は夫と何周目の恋をしているんだろ・・

2023/08/17

ひさか

オール讀物2023年2月号の特集から島本理生:最悪よりは平凡、綿矢りさ:深夜のスパチュラ、波木銅:フェイクファー、一穂ミチ:カーマンライン、遠田潤子:道具屋筋の旅立ち、桜木紫乃:無事に,行きなさい、窪美澄:海鳴り遠くに、の、よくぞ集めたと思う恋愛ものの7つの短編。短編だからこそ成立する世界というのがあると思える話ばかりで、興味深く、しかもどの作品も、深い余韻が残り面白い。恋愛ジャンルは好んで読まないのですが、うれしい誤算でした。

2023/08/27

yokey

さすがの短編上手、一穂氏。初期の作風を思い出させた窪氏。深夜のスパチュラは爆笑でした。綿矢氏にこんなイメージがなかったので、他の作品も読みたくなりました。

2023/11/04

感想・レビューをもっと見る