読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

新装版 矢沢永吉激論集 成りあがり How to be BIG (角川文庫)

新装版 矢沢永吉激論集 成りあがり How to be BIG (角川文庫)

新装版 矢沢永吉激論集 成りあがり How to be BIG (角川文庫)

作家
矢沢永吉
稲越功一
出版社
角川書店
発売日
2004-04-24
ISBN
9784041483039
amazonで購入する

新装版 矢沢永吉激論集 成りあがり How to be BIG (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

音楽がやりたいという強い意志のまま、一筋に0からスタートさせ成り上がっていったBOSSの色々な思いが詰まっています。カッコイイです。

Gummo

久々に読みたくなって、ウン十年ぶりに再読。28歳の永ちゃん、熱くて激しい。凄い熱量。あの歌声同様、心に響く。「日本のロックのミュージシャンが行ったことないような場所、オレは行ってる。これからも探して行くだろう。5回ぐらい行ってるうちに、人が踏み出した跡がつく。けもの道じゃないな、ヤザワ道、ロックンローラーの道ができる。その道を、オレからあとのやつらが通ればいい」。カッコ良すぎます。 ★★★★☆

2018/08/11

りょう君

元気になる為に再読(笑)自分が中学生の頃、矢沢永吉はリーゼントで革ジャン着た不良の延長だと思っていました。でも大人に成って彼を観ると非常に純粋で繊細でナイーブな人だとわかります。この本は矢沢永吉が28歳の時、昭和53年に書かれたものです。広島出身の彼は祖母に育てられ、高校を卒業してから5万円を手に夜行列車で横浜に出ます。ロックンロールには絶対の自信がありました。海の向こうのビートルズやミック・ジャガーにあこがれ、ひたすら音楽の世界に浸りました。キャロル時代を経てソロに・・今CDで「黒く塗りつぶせ」が(笑)

2015/09/02

テイネハイランド

百万部を超える大ベストセラー。伝説のロックバンドCarolを解散してソロで活動したころ(28歳)の矢沢さんを糸井重里が取材し、半自伝として一冊の本としてまとめた本だが、大変興味深く読めた。「卒業証書を破いて京に上る/首都で旗をなびかせるぞ/攻撃開始だ」「無意識のうちに横浜で下車/張り紙見て ボーイになる/夢だけがオレを支えた」という調子で、糸井流のキャッチ―な見出しがついているのが面白い。故郷の広島で苦労した話や初恋の話など前半部分は、常套句などに頼らないオリジナルな叙述がされていて感動的でありました。

2016/09/10

kubottar

成り上がる為には圧倒的なハッタリと頭の良さが必要なんですね・・。さすがに、一つの頂点を極めた人の話は面白い。

2013/11/18

感想・レビューをもっと見る