読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

プリンセス・ストーリーズ 眠り姫と13番めの魔女 (角川つばさ文庫)

プリンセス・ストーリーズ 眠り姫と13番めの魔女 (角川つばさ文庫)

プリンセス・ストーリーズ 眠り姫と13番めの魔女 (角川つばさ文庫)

作家
久美沙織
POO
出版社
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
発売日
2014-06-13
ISBN
9784046314253
amazonで購入する Kindle版を購入する

プリンセス・ストーリーズ 眠り姫と13番めの魔女 (角川つばさ文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

海猫

ベースは眠り姫のお話を守って押さえているが、外枠の広げ方が素晴らしく、登場人物の心理も掘り下げていてかなりの読み応え。冒頭で予告編的に見せ場の場面場面を断片的に読ませて本編という趣向が期待感を盛り上げる。またイラストとの相乗効果が抜群で映像的に読めた。ここぞというところでスッと絵を挿入するレイアウトが気持ち良い。クライマックスはかなりファンタジックな展開を冒険活劇風に盛り上げて読ませる。そして見事にハッピーエンドに着地。おとぎ話を読む醍醐味大あり、でしたな。

2019/06/28

歩月るな

夏休み映画を思わせる二重三重のクライマックス、と言うか最初からクライマックス。「真実の愛ってなんだろう」――添い遂げる、と一口で言ってしまえば簡単。でも人の人生が三十年の時代なら信じられたかもしれない、「末永く幸せに」のテーマに果敢に挑んでいる、かもしれない。「目覚めることのない眠り」は「終わる事の無い夢」を見せる。そして人と魔女の違い。愛の彷徨。ここ最近でも目を見張る展開の素敵小説だった。その時は必ず訪れる。その時のために研鑽する。その時こそが始まりなのだ。そして新しい自分へ、本当の自分を解き放つのだ。

2018/04/18

工藤 流優空

プリンセスストーリーズで読み終えたのは白雪姫と、この本で2冊目だけれど、こちらの方が個人的に好きです。最後の最後で回収される伏線が素晴らしい。童話モチーフが私は1番好きな形かもしれません。

2019/06/25

TAMA

マレフィセント流行ってますが、こんな風にオリジナルに編みなおすのも素敵だとおもいました。悪気はない人たちの行動の結果を、誰が責任取らなくてはいけないのか?誤解を解くためじゃなく自分のために頑張っている子供たちは、何か動かされるものがあります

2014/07/19

あまぐり。

…最初のほうのページ、テンションたっかーΣ( ̄□ ̄;)!!と焦りましたが…かろやかに見せかけてかなりしっかりしてたと思います…我儘な読者なのでこの内容で大人向けに細かく書いてあるのも読んでみたくなってしまいました。うん、好きですこの展開。

2014/09/22

感想・レビューをもっと見る