読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

少女を埋める

少女を埋める

少女を埋める

作家
桜庭一樹
出版社
文藝春秋
発売日
2022-01-25
ISBN
9784163914909
amazonで購入する Kindle版を購入する

少女を埋める / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

桜庭 一樹は、新作中心に読んでいる作家です。著者初の自伝的私小説、興味深く読みました。 https://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784163914909 本書を巡り、論争があったとは知りませんでした。 https://gendai.ismedia.jp/articles/-/87173 昔と違って、作家が私小説を書くのも、リスクかも知れません。

2022/02/18

のぶ

「少女を埋める」「キメラ」「夏の終わり」の3篇が収録されている。「少女を埋める」だが、帯には自伝的小説と記されているが、小説には見えず、日記風のエッセイとしか感じられなかった。母からの電話で父の危篤を知らされた小説家の「わたし」は、最期を看取るために、鳥取に帰省する。そのあたりの事が書かれているのだが、次の「キメラ」に「少女を埋める」に関してのあるトラブルの経緯について述べられていて、自分が読み間違えたのか疑心暗鬼になってきた。いずれにせよ顛末は自分で解けないので、他の方の感想を参照したい。

2022/02/11

モルク

20年闘病した父が危篤との連絡を受け7年ぶりに故郷を訪れた主人公。そして父の死、母との関係などを描いた自伝的小説である表題作。タイトルのように物騒なものではない。「キメラ」は朝日新聞に載った「少女を埋める」のc氏の書評を巡る論争を描き「夏の終わり」はその後である。新聞の書評は本を選ぶ時の大きな指標となり、それが書いてもないことを勝手に解釈されていたら…ましてや地方ではNHKと朝日新聞は絶対である。桜庭さんが母の汚名返上にc氏のみならず朝日新聞と対峙したことは立派。母からの伝言「昨日はありがとう」で泣けた。

2022/09/19

たいぱぱ

最初に戸惑い、ページを捲る度にと息苦しさが増してくる。こんな騒動が起きていたなんて全く知らなかった…。大好きな父を看取る為に、確執のある母の待つ鳥取に7年ぶりに戻る桜庭さんを描く自叙伝「少女を埋める」。桜庭作品にはこんな背景が…と心が痛むと同時にこんなに赤裸々に書いて大丈夫かと心配になる。書くことが心のデトックスになったんでしょう。朝日新聞の文芸時評に「少女を埋める」の間違ったあらすじを載せられたことに抗議した顛末を描く「キメラ」「夏の終わり」。桜庭さんは悪くない。苦しいだろうけど僕は新作待ってますよ。

2022/03/22

いたろう

父親が余命僅かとの連絡を受け、7年間振りに鳥取に帰郷、そこで、父親を看取りながら、母親との良好とは言えなかった過去が語られる。という桜庭さんの私小説だが、この本では、この表題作「少女を埋める」の雑誌掲載後に起きた論争について、著者自身が書いた文章も一緒に掲載されている。小説の中で、母親がしたとは書いていないことを行ったとし、あらすじとして書いた文芸時評。読み手の解釈と言いながら、明らかにあらすじの紹介と思える文は確かに問題だが、母の名誉というのなら、桜庭さんの小説自体も、母親に読まれたくないものなのでは?

2022/06/14

感想・レビューをもっと見る