読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

W県警の悲劇 (文芸書)

W県警の悲劇 (文芸書)

W県警の悲劇 (文芸書)

作家
葉真中顕
出版社
徳間書店
発売日
2019-01-19
ISBN
9784198647520
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

警察官であるより前に、一人の人間として、常に正しくありたいんだよ――「警察官の鑑」と誰からも尊敬されていた熊倉警部。W県警初の女性警視へと登りつめた松永菜穂子は、彼にある極秘任務を与えていた。その最中の、突然死。事故かそれとも……。事故として処理したい菜穂子の胸中を知ってか知らずか、熊倉警部の娘が事件現場についてあることに気づく。『絶叫』『凍てつく太陽』の著者が贈る、ネタバレ厳禁!前代未聞の警察小説。

「W県警の悲劇 (文芸書)」のおすすめレビュー

<ネタバレ厳禁>華麗なる仕掛けが満載! どんでん返しに満ちた警察小説

『W県警の悲劇』(葉真中顕/徳間書店)

 ドラマ「3年A組 ー今から皆さんは、人質ですー」(日本テレビ系)が注目を浴びた理由のひとつは、どんでん返しに次ぐどんでん返しが用意されていたことだろう。人はみな「真実を見抜きたい」と同時に「騙される」ことを望んでいる。だが、だからといって、騙しが先行して無意味に物語をひっくり返されたり、手口がパターン化したりするのではつまらない。新鮮な驚きと、やられた! という悔しさ。真実を知ったときの納得感。そのすべてが揃っていたからこそドラマもヒットしたと思われるが、同じように、読者を華麗に騙してくれる小説がある。葉真中顕氏の『W県警の悲劇』(徳間書店)だ。ただしこちらは3年A組と違って、読者の正義をも裏切りかねないので注意してほしい。

 本作はタイトルどおり、W県警を舞台にした警察小説。どんでん返しが読みどころだけあってなかなか作品紹介がしづらいのだが、「警察官の鑑」と慕われる父が謎の突然死をしたことをきっかけに、娘であり警察官でもある熊倉清が警察の暗部に触れる第1話「洞の奥」から始まり、女性警察官を主人公にした6編…

2019/3/16

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

W県警の悲劇 (文芸書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いつでも母さん

W県警であったこと・・連作短編6話。葉真中さんだもの簡単には済まない。どれも私はまんまと騙されて、県警初の女性警視・松永菜穂子の思うままか?いやいや、最強巡査が居りました!って感じで、このW県警はこの先どうなって行くのでしょうか?サクサク読めますが、どっしり長編が読みたいなぁ。

2019/02/11

starbro

葉真中 顕は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。警察連作短編イヤミステリ、ライトな感覚ですが、著者ならではのポイズンが、其処彼処に組み込まれています。オススメは、『私の戦い』です。W県は、和歌山県しかありませんが、不祥事が多過ぎて、実名は憚られたのでしょうか(笑)

2019/02/07

鉄之助

期待しすぎて、ちょっとガッカリ、の1冊だった。最後の10ページで無理に劇的なオチをつけたため、着地に失敗した体操選手が”つんのめった”、読後感だった。地方採用の警察官の間にある「巨大な壁」。警視と警視正の違い、にまつわるドロドロのドラマをみっちり読みたかった。

2019/02/14

ダイ

連作短編集。ブラック系。ガサ入れの朝が一番良かった。

2019/02/23

ひなげしの花🍬🍭

葉真中顕さん、一つ前に読んだ「凍てつく太陽」とは作風がガラっと変わっていた。舞台は地方都市のW県警。男性社会(占める割合90%)警察署の中で埋もれてしまいそうな女性刑事にスポットを当てた六話の短編警察小説。どんでん返しが何度も続き随所にブラックな仕掛けとオチがありすっかり騙されました。一話目「洞の奥」重苦しく始まり二話目「交換日記」は二度読みしてしまいました。どの話も上手く纏まっており面白かった。最終話で一話目で登場した優秀な女性刑事の顛末は驚かされました。次回は長編で読んでみたい。

2019/03/13

感想・レビューをもっと見る