読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ハルには はねがはえてるから (亜紀書房えほんシリーズ〈あき箱〉5)

ハルには はねがはえてるから (亜紀書房えほんシリーズ〈あき箱〉5)

ハルには はねがはえてるから (亜紀書房えほんシリーズ〈あき箱〉5)

作家
大前粟生
宮崎夏次系
出版社
亜紀書房
発売日
2021-06-09
ISBN
9784750516004
amazonで購入する

ジャンル

ハルには はねがはえてるから (亜紀書房えほんシリーズ〈あき箱〉5) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

かっぱ

絵本なのであっという間に読了。痛みと優しさを描く?ハル、ナツ、アキ、フユ、4人の少女の友情。

2021/07/02

たまきら

絵がかわいいので借りてきたんですが、何が言いたいの…?傷つけあうこと?殺しても大丈夫っていうこと?受け取り方に戸惑ってしまいました。中学生とか高校生の方がリンクしやすいのかなあ…。娘は興味を持たず。

2021/09/16

mikan_no_haha

読了。 たぶん、小学校高学年くらいから刺さると思う。 ひっそりとひとりで偶然に出会いたい1冊。 大事なひとがいるからこその傷みにそっとよりそってくれそう。

2022/01/21

sawa

美〜! 宮崎夏次系ってカラーだと一際素敵だな…。残酷さと優しさの同居した世界観が絵と完全にマッチしており、さすが大前粟生さん良いものを引き出してるわぁと感心。

2022/02/20

mimumi0506

間違いなく相性がいい2人だと思った。2人が持つ独特の世界観うまくマッチしてる。また読みたい。

2021/06/23

感想・レビューをもっと見る