読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

銅版画家の仕事場

銅版画家の仕事場

銅版画家の仕事場

作家
アーサー・ガイサート
Arthur Geisert
久美沙織
出版社
BL出版
発売日
0000-00-00
ISBN
9784776400844
amazonで購入する

銅版画家の仕事場 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

masa@レビューお休み中

図書館でふと気になって読んでみた絵本。そうしたら…。本当に銅版画家が描く、銅版画家の仕事場の様子がそのまま描かれていて驚きました。銅版画は見たことはあっても、どういう工程でできあがるのかは知らなかったので勉強になりましたね。おじいちゃんと孫が二人三脚で作品をつくる様子が描かれています。単純にお仕事絵本ではあるのですが、そこだけで終わっていないのも魅力ですね。孫である少年は、彩色をしていくのですが、その中でちょっとファンタジーな世界も出てくるので子どもでも楽しめるのではないかなって思いますよ。

2016/09/27

ままこ 🌸

銅板画家のおじいちゃんのお手伝いをする少年を通して銅板画制作の手順が描いてある絵本。この絵本自体がその手順に従って銅でエッチングされ手彩色されているのでなおさら銅板画の繊細さと独特の色合いがわかりやすい。色を塗ってる最中に絵の世界に入り込むのも夢があって良かった。訳は久美沙織さん。

2017/11/18

kinkin

銅版画家の著者自身によって作られた絵で構成されている。銅版画という繊細な版画の名を知っていても具体的にどんな工程で作られるのか知らなかった。ページ数が少ないがとてもわかりやすくてロマン溢れる絵でとてもいい本だ。一枚一枚の絵に彩色するとは知らなかった、実際の作成現場も見てみたいな。図書館本。

2015/07/12

wildchild@月と猫

職人の工房を覗かせてもらっている感じで楽しかった。お祖父さんから銅版画製作の手ほどきを受けて、彩色を任されている作者の高揚した気分が、絵本の端々から伝わってくる。こういう仕事場から生み出される、手仕事の創作世界は、これからも無くならないで欲しい。

2016/03/04

鱒子

図書館本。ふらりと見ていた絵本コーナー、あまりにアーティスティックな内容で、気になってしまいました。アメリカの銅版画家、アーサー・ガイサートさんの素敵な絵本です。訳者は久美沙織さん(私にとっては懐かしい作家さんです♪)。日本の木版画技術とはまた別の 銅板エッチング技法+ 彩色による 美しい本。主人公の少年と工房主のおじいちゃんという関係が、グッと来ます(^^) なかなか 結構 大人向きな絵本です。

2017/09/05

感想・レビューをもっと見る