読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

いきたくないのに出かけていく (SWITCH LIBRARY)

いきたくないのに出かけていく (SWITCH LIBRARY)

いきたくないのに出かけていく (SWITCH LIBRARY)

作家
角田光代
出版社
スイッチパブリッシング
発売日
2019-06-28
ISBN
9784884184698
amazonで購入する

いきたくないのに出かけていく (SWITCH LIBRARY) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

角田 光代は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。雑誌SWITCHに連載された旅のエッセイ第二弾、タイトルとは違い、著者はやはり行きたいから出かけているんだと思います。絶品のバレンシアのパエリアを食べてみたい。私事ですが、今夏は久しぶりに海外(トルコ10日間)へ行けそうです。

2019/08/03

修一郎

旅エッセイの第二段は作家の仕事がらみのエッセイ多め,旅好き作家さんは仕事で旅ができるからいいよねぇ,オール段取り付きの楽々旅だしと思っていたらそうでもないらしい。びっしりスケジュール決められちゃうと旅感がなくなって往復作業になっちゃうんだとか。ヨルダン2泊4日弾丸ツアーだものねー。現地の人にまみれてローカルご飯旅,を指向していた人なのに年取ったら景観味わい旅も好きになったそうだ。いろいろ紹介された中でメモったのは,パンガン島と八丈島。サムイ島は2回行ったのに,パンガン島には行けていない。心残りだ。。

2019/08/22

yanae

角田さんの旅に関するエッセイ。何気に角田さんのエッセイは初読み。以前、西加奈子さんの読み物で、角田さんは何も断れない、頼まれたらやってしまう…という性格だと聞いて、このエッセイを読むと、確かにそんな気配が…(笑)走るのが好きじゃないけど走ったらもう二度と走ることはないだろうからやめられないとか、そういうかわいらしいところが好きです。山に登った時の話が一番面白かったかな。でも、海外にさらっといけるところや、マラソン大会に出る行動力のあるところ、かっこいい一面を見てさらに角田さんが好きになりました♡

2019/10/09

野のこ

旅エッセイ『大好きな町に用がある』の第2弾。旅行した思い出の年月、旅先の町の印象の変化。歳を重ねるごとに気持ちの変化でガラリと雰囲気が違ってくる。私の未知の世界、その場所の「どうなるかわからない」感。今まで避けていたインドがどれだけ心が震え揺らいだ旅になったのか強く伝わった。「私は完璧にこの町に含まれていない心地よさ」と、あとがきの最後の文章が特に印象に残りました。それにしても、行きたくなかったのにこの熱量(笑)先日 江國さんの旅エッセイも読んだし、ますます旅行に行きたい欲が芽生えた!

2019/08/08

けぴ

角田さんの旅エッセイ。あとがきの文章に良い記述がありました。"「今まで旅したところでいちばんよかったのはどこ?」と質問されることがあると困る。今まで旅したどこもここも、ものすごく愛着があって「どこ」と特定などできない。旅にかんして、大雑把にまとめたくない。それはじつに幸福なこと。たったひとつの国も、町も、通り一遍に答えられるような旅をしていない、ということだから。" 角田さんのような旅をしていきたいものです(^_^)

2020/07/05

感想・レビューをもっと見る