読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

森田芳光全映画

森田芳光全映画

森田芳光全映画

作家
宇多丸
三沢和子
出版社
リトル・モア
発売日
2021-09-16
ISBN
9784898155455
amazonで購入する

森田芳光全映画 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

pen

森田芳光監督の手掛けた全映画を1作ごとに振り返るトークショーの模様、関係者へのインタビューで纏められた一冊。資料などには残らない当人同士の関係の中でしか見えてこない監督の実像が、このように一冊の本として残せたことはとても良いことだと思う。私は森田作品はまだ観られていないもの多くて現在初期作から触れ始めているけども、1作観るごとにその作品についての項を読み返している。そうやって映画に触れただけでは見えてこない部分、気づかずにいた部分に目をむけることが出来て、一層楽しい。とんでもない力作。

2021/09/26

まさやん80

森田マニアの宇多丸が、森田映画の伴走者である三沢和子さんと森田映画の一本一本について語り尽くすという夢のような企画。とにかく、森田映画の隅々まで熟知する宇多丸がホストだから、エッと思うような指摘があり、またそれに応える三沢さんの森田監督や森田映画のエピソードがすごい。 森田芳光の映画は、かなりの確率で良作ではあるが、一方で凡作も少なくはない。しかし、その凡作も、この本ではまた違った視点が提供されており、再度見てみたという気にさせる。森田映画を語る上で欠かせない本となった。

2021/11/07

レンコン餅

一度見た作品も多いけれど、もう一度確認したくなる位、森田芳光の仕掛けや作り方の工夫を実感する分厚い一冊。森田組出演者から後輩映画監督に、評論家に原作者まで幅広い人たちの文章が読めるだけでもお得感いっぱい。宇多丸さんと三沢さんのトークショーの盛り上がりも伝わってくる。ブルーレイ発売まで楽しみ

2021/10/05

コマンドー者

でかい、重い、高いの森田監督の全作品解説集。宇多丸によるトークセッションの書籍化なので、大ボリュームだが、読みやすく、適格に作品ごとの魅力が伝わる。

2022/01/25

感想・レビューをもっと見る