読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

まちカドかがく (ネコノス文庫, イ1-1)

まちカドかがく (ネコノス文庫, イ1-1)

まちカドかがく (ネコノス文庫, イ1-1)

作家
市原 真
サンキュータツオ
牧野 曜
出版社
ネコノス
発売日
2021-05-25
ISBN
9784991061462
amazonで購入する

まちカドかがく (ネコノス文庫, イ1-1) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Norico

サンキュータツオさん目当てで。この本できたいきさつなども存じあげず、他の方は初めて読んだのですが、小説なのか?自叙伝なのか?どういうジャンルの本か分からず最初少し困惑。面白かったけど。サンキューさんのポイズンガールズバンド考察も興味深い。まだ活動されてるのかな?ライブ行ってみたくなります

2021/11/01

morelemon

三者三様の文章が入る文庫。この辺は元が同人誌故でしょうか。SF小説と私小説風なものとお笑いコンビPOISON GIRL BAND論。ごった煮感もありますがそれぞれの個性が見えてよかったです。

2021/09/12

まつだ

作者3名、3部構成の分厚い文庫。ひとつはSF。脳を支援するデバイス少女と遺伝子少女。おそらく作者から見て、科学の到達はこのあたりなんだろうな、と思える設定。ひとつは日常の短編。旅行、写真、動画なんぞより、子供にとっては一度のネットワークプレイが思い出として鮮烈なんだな。いまそこにあるSFともいえる。ひとつは、漫才師ポイズンガールバンドの芸の推移を通して、漫才の歴史の一部を垣間見る論文。人は「私が笑うにふさわしいか」とか考えてみてるんかな。収録ネタは読むのと実際に演じられるのとではテンポが違うんだろう。

2021/06/25

いちと

読了。 牧野曜さんの小説がわたしの好きゾーンに刺さりまくり、図書館で借りて8割方読んだのに買ってしまったほど。 この続きどこで読めますか(真顔) なんかこう、10代で初めて触れてハマったSFの世界にまた引き戻される感覚。 星新一とか光瀬龍とか。 ヤンデル先生の作品はエッセイのような私小説のような不思議な世界観で、読み終えたあとしばしぽやんとしてしまう。 サンキュータツオさんの論説は、お笑い知らない民をも引き込む濃厚なおもしろさ。

2022/03/02

絵具巻

図書館

2021/09/06

感想・レビューをもっと見る