読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

LISA

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
りさ

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

ミュージシャン

「LISA」のおすすめ記事・レビュー

5年後、10年後へ。10周年を駆け抜けたLiSAの未来像――LiSA『明け星 / 白銀』インタビュー(後編)

5年後、10年後へ。10周年を駆け抜けたLiSAの未来像――LiSA『明け星 / 白銀』インタビュー(後編)

 LiSAの通算20枚目となる最新シングルにして、3ヶ月連続リリースのラストを飾る『明け星 / 白銀』。LiSA再びとなる『鬼滅の刃』の主題歌であり、テレビアニメ「鬼滅の刃」無限列車編のオープニングとエンディングを担っている、両A面シングルだ。今さら説明するまでもなく、“紅蓮華”と“炎”は我々聴き手のエモーションを揺さぶりまくったわけだが、大きな期待を背負って届けられた“明け星”と“白銀”もまた、シンガー・LiSAの真髄が存分に発揮された、会心の一発である。“from the edge”“炎”で制作をともにしてきた作曲家・梶浦由記によるクリエイションと、LiSA自身の進化を印象づける「対応力」が融合し、見事に結実している2曲について、ダ・ヴィンチニュースでは今回も2本立てのインタビューで、LiSAの最新モードに迫ってみたい。後編では、2021年の活動を振り返りつつ、未来への展望を語ってもらった。

自分のやるべきことに対して、自分が一生懸命注ぐ。それ以外に、答えなんてない

――2021年も残り1ヶ月半になったわけですが、少し早い質問をさせてください。…

全文を読む

想いをともにする作曲家と、一緒にたどり着いた境地――LiSA『明け星 / 白銀』インタビュー(前編)

想いをともにする作曲家と、一緒にたどり着いた境地――LiSA『明け星 / 白銀』インタビュー(前編)

 LiSAの通算20枚目となる最新シングルにして、3ヶ月連続リリースのラストを飾る『明け星 / 白銀』。LiSA再びとなる『鬼滅の刃』の主題歌であり、テレビアニメ「鬼滅の刃」無限列車編のオープニングとエンディングを担っている、両A面シングルだ。今さら説明するまでもなく、“紅蓮華”と“炎”は我々聴き手のエモーションを揺さぶりまくったわけだが、大きな期待を背負って届けられた“明け星”と“白銀”もまた、シンガー・LiSAの真髄が存分に発揮された、会心の一発である。“from the edge”“炎”で制作をともにしてきた作曲家・梶浦由記によるクリエイションと、LiSA自身の進化を印象づける「対応力」が融合し、見事に結実している2曲について、ダ・ヴィンチニュースでは今回も2本立てのインタビューで、LiSAの最新モードに迫ってみたい。前編では、『明け星 / 白銀』の制作過程について、詳しく話を聞かせてもらった。

梶浦さんと一緒なら、より高いところを目指せる気がしていた

――『明け星 / 白銀』は3ヶ月連続リリースの最後となるシングルですが、両A面の2曲を聴い…

全文を読む

『ソードアート・オンライン』と再びの邂逅。気づき、深めた自身への理解――LiSA『往け』インタビュー(後編)

『ソードアート・オンライン』と再びの邂逅。気づき、深めた自身への理解――LiSA『往け』インタビュー(後編)

 LiSAのソロデビューから、今年で10周年。5月19日に発売された『LADYBUG』のヒット、ミニアルバムの楽曲を引っさげての全国アリーナツアーに続いて届くのが、3ヶ月連続でCD/配信にてリリースされる新曲たちだ。7月から放送されたTBS系火曜ドラマ『プロミス・シンデレラ』の主題歌、『HADASHi NO STEP』(発売中)。10月30日公開の『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア』の主題歌、『往け』(10月15日配信リリース)。そして、テレビアニメ「鬼滅の刃」無限列車編のオープニングとエンディングを飾る両A面シングル『明け星 / 白銀』(11月17日発売予定)。10周年を経て、さらにギアを上げて走り続けるLiSAの姿は、本当に頼もしい。多様な作曲者たちと邂逅を果たした『LADYBUG』で、自らの表現の領域と可能性を拡張したLiSAの現在を、2本立てのインタビューでお伝えしたい。後編では、2012年の編の放送から長くともに歩んできた『ソードアート・オンライン』への想いと、“往け”の制作の先に得た気づきについて…

全文を読む

10周年を経て拡張を続ける、表現の幅と新たな可能性――LiSA『往け』インタビュー(前編)

10周年を経て拡張を続ける、表現の幅と新たな可能性――LiSA『往け』インタビュー(前編)

 LiSAのソロデビューから、今年で10周年。5月19日に発売された『LADYBUG』のヒット、ミニアルバムの楽曲を引っさげての全国アリーナツアーに続いて届くのが、3ヶ月連続でCD/配信にてリリースされる新曲たちだ。7月から放送されたTBS系火曜ドラマ『プロミス・シンデレラ』の主題歌、『HADASHi NO STEP』(発売中)。10月30日公開の『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア』の主題歌、『往け』(10月15日配信リリース)。そして、テレビアニメ「鬼滅の刃」無限列車編のオープニングとエンディングを飾る両A面シングル『明け星 / 白銀』(11月17日発売予定)。10周年を経て、さらにギアを上げて走り続けるLiSAの姿は、本当に頼もしい。多様な作曲者たちと邂逅を果たした『LADYBUG』で、自らの表現の領域と可能性を拡張したLiSAの現在を、2本立てのインタビューでお伝えしたい。前編では、『LADYBUG』で得たものを振り返るとともに、LiSA楽曲史において特殊な存在感を放ち、さらに新たな扉を開くこととなっ…

全文を読む

LiSAと振り返る、10年間の「最高の日々、最高の道のり」――LiSA10周年インタビュー⑤

LiSAと振り返る、10年間の「最高の日々、最高の道のり」――LiSA10周年インタビュー⑤

 2011年4月20日。1stミニアルバム『Letters to U』で、LiSAがソロデビューを果たしてから、10周年を迎えた。『紅蓮華』や『炎』の驚異的な大ヒット、2020年末にはTBS「第62回輝く!日本レコード大賞」にて「日本レコード大賞」を受賞、NHK紅白歌合戦に2年連続出場――いまやLiSAを説明し、紹介するためのフレーズはそれこそ無数にあるけれど、10年前に歩みを始めたひとりのシンガー・LiSAが、最初から自信たっぷりで、すべてを成功させてきた完全無欠のスーパースターだったかと言えば、決してそうではない。傷つき、悩み、それでも楽曲を受け取ってくれる・ライブを一緒に楽しむ仲間たち、彼らがLiSAに託した夢が、彼女を奮い立たせ、その足を前に運ばせる力となってきた。LiSAがオンリーワンの存在であり続けている理由、それは聴き手に近づきたいと願う想いの強さであると思う。初めて話を聞かせてもらった2012年から、その印象はまったく変わらない。ブレることなく過ごした日々、進んできた道のりが、今のLiSAの楽曲やメッセージを形成しているのだ。

 …

全文を読む

LiSAと振り返る、10年間の「最高の日々、最高の道のり」――LiSA10周年インタビュー④

LiSAと振り返る、10年間の「最高の日々、最高の道のり」――LiSA10周年インタビュー④

 2011年4月20日。1stミニアルバム『Letters to U』で、LiSAがソロデビューを果たしてから、10周年を迎えた。『紅蓮華』や『炎』の驚異的な大ヒット、2020年末にはTBS「第62回輝く!日本レコード大賞」にて「日本レコード大賞」を受賞、NHK紅白歌合戦に2年連続出場――いまやLiSAを説明し、紹介するためのフレーズはそれこそ無数にあるけれど、10年前に歩みを始めたひとりのシンガー・LiSAが、最初から自信たっぷりで、すべてを成功させてきた完全無欠のスーパースターだったかと言えば、決してそうではない。傷つき、悩み、それでも楽曲を受け取ってくれる・ライブを一緒に楽しむ仲間たち、彼らがLiSAに託した夢が、彼女を奮い立たせ、その足を前に運ばせる力となってきた。LiSAがオンリーワンの存在であり続けている理由、それは聴き手に近づきたいと願う想いの強さであると思う。初めて話を聞かせてもらった2012年から、その印象はまったく変わらない。ブレることなく過ごした日々、進んできた道のりが、今のLiSAの楽曲やメッセージを形成しているのだ。

 …

全文を読む

LiSAと振り返る、10年間の「最高の日々、最高の道のり」――LiSA10周年インタビュー③

LiSAと振り返る、10年間の「最高の日々、最高の道のり」――LiSA10周年インタビュー③

 2011年4月20日。1stミニアルバム『Letters to U』で、LiSAがソロデビューを果たしてから、10周年を迎えた。『紅蓮華』や『炎』の驚異的な大ヒット、2020年末にはTBS「第62回輝く!日本レコード大賞」にて「日本レコード大賞」を受賞、NHK紅白歌合戦に2年連続出場――いまやLiSAを説明し、紹介するためのフレーズはそれこそ無数にあるけれど、10年前に歩みを始めたひとりのシンガー・LiSAが、最初から自信たっぷりで、すべてを成功させてきた完全無欠のスーパースターだったかと言えば、決してそうではない。傷つき、悩み、それでも楽曲を受け取ってくれる・ライブを一緒に楽しむ仲間たち、彼らがLiSAに託した夢が、彼女を奮い立たせ、その足を前に運ばせる力となってきた。LiSAがオンリーワンの存在であり続けている理由、それは聴き手に近づきたいと願う想いの強さであると思う。初めて話を聞かせてもらった2012年から、その印象はまったく変わらない。ブレることなく過ごした日々、進んできた道のりが、今のLiSAの楽曲やメッセージを形成しているのだ。

 …

全文を読む

LiSAと振り返る、10年間の「最高の日々、最高の道のり」――LiSA10周年インタビュー②

LiSAと振り返る、10年間の「最高の日々、最高の道のり」――LiSA10周年インタビュー②

 2011年4月20日。1stミニアルバム『Letters to U』で、LiSAがソロデビューを果たしてから、10周年を迎えた。『紅蓮華』や『炎』の驚異的な大ヒット、2020年末にはTBS「第62回輝く!日本レコード大賞」にて「日本レコード大賞」を受賞、NHK紅白歌合戦に2年連続出場――いまやLiSAを説明し、紹介するためのフレーズはそれこそ無数にあるけれど、10年前に歩みを始めたひとりのシンガー・LiSAが、最初から自信たっぷりで、すべてを成功させてきた完全無欠のスーパースターだったかと言えば、決してそうではない。傷つき、悩み、それでも楽曲を受け取ってくれる・ライブを一緒に楽しむ仲間たち、彼らがLiSAに託した夢が、彼女を奮い立たせ、その足を前に運ばせる力となってきた。LiSAがオンリーワンの存在であり続けている理由、それは聴き手に近づきたいと願う想いの強さであると思う。初めて話を聞かせてもらった2012年から、その印象はまったく変わらない。ブレることなく過ごした日々、進んできた道のりが、今のLiSAの楽曲やメッセージを形成しているのだ。

 …

全文を読む

「LISA」のおすすめ記事をもっと見る

「LISA」のレビュー・書評をもっと見る