読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

大崎善生

職業・肩書き
作家
ふりがな
おおさき・よしお

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

1957年、北海道生まれ。日本将棋連盟で『将棋世界』編集長などを務め、2000年に『聖の青春』で新潮学芸賞を受賞。『将棋の子』で講談社ノンフィクション賞、初の小説『パイロットフィッシュ』で吉川英治文学新人賞を受賞。ほかに『アジアンタムブルー』など著書多数。

受賞歴

最終更新 : 2018-06-08

2000年
『聖の青春』第13回新潮学芸賞
2001年
『将棋の子』第23回講談社ノンフィクション賞
2002年
『パイロットフィッシュ』第23回吉川英治文学新人賞

「大崎善生」のおすすめ記事・レビュー

注目の新刊 『西の果てまで、シベリア鉄道で ユーラシア大陸横断旅行記』 ダ・ヴィンチ2012年6月号

注目の新刊 『西の果てまで、シベリア鉄道で ユーラシア大陸横断旅行記』 ダ・ヴィンチ2012年6月号

「長い旅をしたい」。そんな欲求に突き動かされて、小説家は旅立った。ユーラシアを端から端まで、列車だけで移動してゆく大旅行だ。シベリア鉄道の車窓から見えた白樺林、ワルシャワで飲んだビール、初めて訪れたスペイン――。自由で開放的な列車の旅の記録。

全文を読む

注目の新刊 『エンプティスター』 ダ・ヴィンチ2012年4月号

注目の新刊 『エンプティスター』 ダ・ヴィンチ2012年4月号

恋人の七海が去り、喪失感に浸る毎日を送っていた山崎隆二。そんな彼のもとに、行方不明の風俗嬢・可奈が現在鶯谷で働いている、との噂が流れてくる。隆二は可奈の行方を追うが――。『パイロットフィッシュ』『アジアンタムブルー』に続く恋愛三部作、ついに完結。

全文を読む

「大崎善生」のおすすめ記事をもっと見る

「大崎善生」のレビュー・書評をもっと見る

「大崎善生」の関連画像・写真

「大崎善生」の関連画像・写真をもっと見る