KADOKAWA Group

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

谷村志穂

職業・肩書き
作家
ふりがな
たにむら・しほ

「谷村志穂」のおすすめ記事・レビュー

“他人の死でしか、救えない命がある”――臓器移植法施行から20年、脳死移植という領域に踏み込んだ渾身作『移植医たち』。谷村志穂インタビュー

“他人の死でしか、救えない命がある”――臓器移植法施行から20年、脳死移植という領域に踏み込んだ渾身作『移植医たち』。谷村志穂インタビュー

「本当は伝えたかったんです。自分が受けた医療を」――かつて移植を受けた読者からの手紙にはそう書いてあったという。けれど、それを口にすることを阻む空気は、いまだにこの国を覆っている。 “他人の死でしか、救えない命がある”――脳死移植という領域に踏み込んだ本作からは、医師たちの並々ならぬ気概が伝わってくる。臓器移植法施行から20年が経った今、多くの人に読んでほしい一冊だ。

谷村志穂たにむら・しほ●1962年、北海道生まれ。90年、ノンフィクション『結婚しないかもしれない症候群』が支持を集め、91年、初の小説『アクアリウムの鯨』を発表。2003年『海猫』で島清恋愛文学賞を受賞。著作に『余命』『尋ね人』『いそぶえ』『ボルケイノ・ホテル』『大沼ワルツ』など多数。『ききりんご紀行』で17年青森りんご勲章受章。

いったん扉を開けたら絶対にあきらめない。そんな人々を、私は描きたかったのだと思います

“私はあなたのような医者に出会わなかったら、おそらく、移植になんか関心は持たなかった”――物語中盤で現れるその場面はクリスマスイブ。身体中に点滴をつながれ、B型肝炎からの…

全文を読む

注目の新刊 『尋ね人』 ダ・ヴィンチ2012年7月号

注目の新刊 『尋ね人』 ダ・ヴィンチ2012年7月号

昭和27年、突然姿を消し二度と会えなかった恋人。それから50年。末期ガンの母に代わって消えた男を探す娘は、いつしか母の思いに自分の恋を重ね始めていた――。北海道函館市を舞台に昭和と平成、二組の恋人たちの姿を描いた渾身の恋愛小説。

全文を読む

「谷村志穂」のおすすめ記事をもっと見る

「谷村志穂」のレビュー・書評をもっと見る

「谷村志穂」の本・小説

過怠

過怠

作家
谷村志穂
出版社
光文社
発売日
2022-10-19
ISBN
9784334914943
作品情報を見る
セバット・ソング (潮文庫)

セバット・ソング (潮文庫)

作家
谷村志穂
出版社
潮出版社
発売日
2022-11-05
ISBN
9784267023682
作品情報を見る
半逆光

半逆光

作家
谷村志穂
出版社
KADOKAWA
発売日
2021-03-26
ISBN
9784041092804
作品情報を見る
ごちそう山 (集英社文庫)

ごちそう山 (集英社文庫)

作家
谷村志穂
飛田和緒
出版社
集英社
発売日
2003-01-17
ISBN
9784087475340
作品情報を見る

「谷村志穂」人気の作品ランキングをもっと見る

「谷村志穂」の関連画像・写真

「谷村志穂」の関連画像・写真をもっと見る