読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

戸塚慶文

職業・肩書き
マンガ家
ふりがな
とづか・よしふみ

「戸塚慶文」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

【最新号レポ】『アンデッドアンラック』「切なすぎる…」ラトラのキス、口元をよく見てみると…/ジャンプ25号

【最新号レポ】『アンデッドアンラック』「切なすぎる…」ラトラのキス、口元をよく見てみると…/ジャンプ25号

『週刊少年ジャンプ』25号(集英社)

※この記事は最新号の内容を含みます。ご了承の上お読みください。  2022年5月23日(月)の『週刊少年ジャンプ』25号では、『アンデッドアンラック』の第111話「ENTRUST(エントラスト)」が掲載された。読者の注目は“ラトラのキス”へと注がれているようで、「キスの位置が切なすぎる」「リップが目を閉じた後なのがまた辛い…」などのコメントが後を絶たなかったようだ。

 そもそもラトラとは、幼馴染みであるリップの亡き恋人・ライラの姉。彼女もまたリップに対して恋心を抱いていたが、その想いはいまだ本人に伝えていない。亡き恋人を蘇らせようとする彼を支え続け、不死の否定者・アンディとの戦いでは身命を賭してリップを援護するのだが――。  彼女の奮闘も虚しく、結果はリップの敗北に終わってしまう。今回のエピソードはそんな2人がアンディに未来を託し、2人きりで最期を過ごす様子が描かれている。話題の渦中にあるのは、まさにリップが息を引き取った直後の出来事であった。  ラトラは彼の口元についた血を手で拭うと、そのままそっとキスをする…

全文を読む

【最新号レポ】『アンデッドアンラック』「辛すぎるよォ…」涙ながらにその思いを伝えるラトラと、物語終盤の展開が話題/ジャンプ23号

【最新号レポ】『アンデッドアンラック』「辛すぎるよォ…」涙ながらにその思いを伝えるラトラと、物語終盤の展開が話題/ジャンプ23号

『週刊少年ジャンプ』23号(集英社)

※この記事は最新号の内容を含みます。ご了承の上お読みください。  2022年5月9日(月)の『週刊少年ジャンプ』23号では、『アンデッドアンラック』第109話が掲載された。物語終盤の展開に対し、「リップ本当にそれでいいの!?」「ラトラの自己犠牲が辛すぎるよォ…」といった声が殺到した。

 前話にて始まった不死の否定者・アンディVS不治の否定者・リップの戦い。アンディを倒してでもループの権限を得ようとするリップには、恋人のライラを蘇らせたいという並々ならぬ思いがあった。  しかし戦いはリップ優勢から一転し、彼のアドバンテージを無効化したアンディ優勢へと傾く。渾身の一撃がリップに放たれたその時、間一髪で彼を救ったのはライラの姉・ラトラ。彼女は自分を頼ってくれないリップを涙ながらに一喝すると、「アンタが好きな人の為に命をかけていいのなら! 私だってアンタの為に…!!」「命ぐらい!! かけさせてってば!!」とその思いを彼へとぶつけた。  そしてここから2人の共闘が始まるのだが、物語終盤でラトラは自身の力を生かした捨て身の…

全文を読む

【最新号レポ】『アンデッドアンラック』ゲストキャラに見せかけて…新天地で出会った新キャラ・ルーシーに注目集まる/ジャンプ12号

【最新号レポ】『アンデッドアンラック』ゲストキャラに見せかけて…新天地で出会った新キャラ・ルーシーに注目集まる/ジャンプ12号

『週刊少年ジャンプ』12号(集英社)

※この記事は最新号の内容を含みます。ご了承の上お読みください。  2022年2月21日(月)発売の『週刊少年ジャンプ』12号では、『アンデッドアンラック』第99話を掲載。アンディが新天地で出会った“ルーシー”なる人物を巡り、読者の間で「次の相棒は不健康?」「ゲストキャラに見せかけて、じつは重要な役割を担いそう!」といった考察の声が広がった。

 連れ去られた風子を救うため、組織(ユニオン)にしばしの別れを告げたアンディ。今回のエピソードでは、訪れた新天地にて新たな出会いを果たす展開に。その人物こそが話題の渦中にある「ルーシー」であり、彼女は“とあるUMA(ユーマ)”から街中を逃げ回っていた。  問題のUMAは突如として現れ、街の人たちを次々と襲撃。UMAに噛まれた人は理性を失い、まるでゾンビの如く正常者に噛みついていく。そしてその人に噛まれた人も同様におかしくなっていき、ルーシーの母親もUMAの餌食となってしまう。  やがてルーシー自身にもUMAの魔の手が襲い掛かり、思わず「助けて 神様…!!」と助けを乞うのだが…

全文を読む

【最新号レポ】「セリフが短歌になってるのめっちゃ粋」ジャンプ31号『アンデッドアンラック』、呑んだくれの“スプリング”がカッコいいと大反響!

【最新号レポ】「セリフが短歌になってるのめっちゃ粋」ジャンプ31号『アンデッドアンラック』、呑んだくれの“スプリング”がカッコいいと大反響!

『週刊少年ジャンプ』31号(集英社)

※この記事は最新号の内容を含みます。ご了承の上お読みください。  2021年7月5日(月)に発売された『週刊少年ジャンプ』31号では、『アンデッドアンラック』第70話を掲載。討伐対象である“UMA”の1体・スプリングに注目が集まり、「UMAだけど好きなキャラだわ!」と読者を虜にしたようだ。

 風子が単身で乗り込んだ「アンダー」のアジト。ビリーを筆頭としたアンダーのメンバーは、東京に鎮座したスプリングを監視していた。スプリングは東京中に桜を咲かせ、のんびり呑んだくれているよう。風子は心の中で「他のUMAと違って温厚なのかな」と疑問を抱くも、なんとビリーはスプリングへの核攻撃を命じる。  ビリーの恐るべき指示に、もちろん風子は驚きを隠せない。それもそのはず、東京の人口は1,000万人。しかしアンダーにとっては“たかだか1,000万人”であり、無情にもスプリングに向けて核ミサイルが発射されてしまう。  そんな状況の中、スプリングは「野暮だのう 春の花見を 邪魔するか… 酔いもまだまだ廻らぬ前に…」とぽつり。続けて「ど…

全文を読む

【最新号レポ】「メンタル最強では?」敵地でもまったく動じない風子に反響続出!/ジャンプ30号『アンデッドアンラック』

【最新号レポ】「メンタル最強では?」敵地でもまったく動じない風子に反響続出!/ジャンプ30号『アンデッドアンラック』

『週刊少年ジャンプ』30号(集英社)

※この記事は最新号の内容を含みます。ご了承の上お読みください。  2021年6月28日(月)に発売された『週刊少年ジャンプ』30号では、『アンデッドアンラック』第69話を掲載。主人公・出雲風子が敵地に乗り込んだとは思えない態度を見せ、「風子ちゃんのメンタル最強では?」と読者を関心させたようだ。

 “ウィンターの即討伐”を条件に、不死のアンディたちと別れて「アンダー」の陣地を訪れた風子。彼女を出迎えたのは、かつて「ユニオン」を裏切ったビリーだ。バーンを使ってウィンター討伐を遂行した彼は、「わかっているのか お前がこちらに来る事の重大さが」「組織(ユニオン)は不死とのコンビネーションによる莫大な戦力を失い 神に届きうるとする唯一の手段を失った」と風子に問う。  ところが風子は怯えるどころか、「約束守ってくれてありがとうございます!」と頭を下げて感謝。「にしてもポカポカですね」「あっ! タンポポ!」と、ビリーに対する恐怖心をまるで見せない。ビリーはそんな彼女を、ユニオンの円卓メンバー・ジュイス以上に“手強い”と評価…

全文を読む

【最新号レポ】アンデラ史上、最悪の事態……? ラスト1ページの展開に阿鼻叫喚!/ジャンプ23号『アンデッドアンラック』

【最新号レポ】アンデラ史上、最悪の事態……? ラスト1ページの展開に阿鼻叫喚!/ジャンプ23号『アンデッドアンラック』

『週刊少年ジャンプ』23号(集英社)

※この記事は最新号の内容を含みます。ご了承の上お読みください。  2021年5月10日(月)発売の『週刊少年ジャンプ』23号では、『アンデッドアンラック』第62話を掲載。ラスト1ページで見せたシェンの決死の行動に対し、読者から「ここで退場とか言わないよね?」「頼む、死なないでくれ!」といった悲鳴が相次いだ。  前話に引き続き、シェンの師匠・ファンとの戦いが描かれた今回のエピソード。妹の仇であるファンを前に一時我を忘れるシェンだったが、アンディの「今テメーが一番やらなきゃなんねー事はなんだ!!」「ムイを守る事だろ」「俺達なら何だって守れる」という言葉にようやく冷静さを取り戻した。ここからアンディとシェンによる連携プレイが始まり、やがてファンに渾身の一撃を浴びせるのだが――。  攻撃を食らっても、依然として余裕ある態度を見せるファン。それどころか「精彩(やるな)……!! だからこそ惜しい!!」「大切なものを失えばより強くなる……!!」と持論を語り出すなり、攻撃の矛先をムイと風子へと向け始める。  間一髪のところで…

全文を読む

【最新号レポ】「あまりに残酷すぎる…」シェンの過去について師匠が語った“真実”に読者ざわつく/ジャンプ20号『アンデッドアンラック』

【最新号レポ】「あまりに残酷すぎる…」シェンの過去について師匠が語った“真実”に読者ざわつく/ジャンプ20号『アンデッドアンラック』

『週刊少年ジャンプ』20号(集英社)

※この記事は最新号の内容を含みます。ご了承の上お読みください。  2021年4月19日(月)に発売された『週刊少年ジャンプ』20号。『アンデッドアンラック』第60話で明かされたシェンの過去について、「あまりに残酷すぎる…」といった反響が相次いでいる。  前話にて、師匠・ファンとの再会を果たしたシェン。しかし彼こそが亡くなったシェンの妹・メイの仇であり、シェンが「殺したい師匠(ジジイ)」と語っていた人物だった。  シェンは「不真実(アントゥルース)」の能力を使ってファンを攻撃。「不真実」とは「視た瞬間の対象の真実(こうどう)を否定する」力で、たとえば相手が“動きたい”と思うと動けなくなってしまう。  シェンの能力を目の当たりにしたファンは、「ああ… ようやく合点がいった」となぜか納得。不敵な笑みを浮かべながら、メイが亡くなった“あの日”について語り始めるのだが――。  ファンの回想によると、メイは高い崖から落ちて亡くなったそう。崖の上からはシェンが手を握っていたものの、彼女は自ら手を離して落下したらしい。  メ…

全文を読む

【最新号レポ】「シェンの変態性が出てるwww」戦闘狂・シェンの自由奔放な行動にファン大盛り上がり/ジャンプ18号『アンデッドアンラック』

【最新号レポ】「シェンの変態性が出てるwww」戦闘狂・シェンの自由奔放な行動にファン大盛り上がり/ジャンプ18号『アンデッドアンラック』

『週刊少年ジャンプ』18号(集英社)

※この記事は最新号の内容を含みます。ご了承の上お読みください。  2021年4月5日(月)に発売された『週刊少年ジャンプ』18号。『アンデッドアンラック』第58話では対未確認現象統制組織“ユニオン”のメンバー・シェンの自由すぎる行動に対し、「シェンの変態性が出てるwww」「こんなに自分勝手なのになぜか憎めないんだよな…」といった反響が相次いでいる。  球体状の小型UMA・サマーを討伐するという“課題(クエスト)”を果たすべく、台湾に集結したアンディ、風子、シェンたち。サマーは火薬等を喰らうことで大きく成長する性質で、今回は発見が早かったために未だ核(コア)に近い状態で潜伏しているらしい。  しかしアンディたちの前に現れたのは、想像のサイズを遥かに超える巨大なサマー。ほかにも複数の敵が出現し、アンディたちは苦戦を強いられるかに見えたのだが――。

 複数の敵を確認したアンディは、シェンに対し「お前はコイツをやれ!! 俺はサマーを…」と指示。ところがシェンはアンディの言葉などお構いなしで、「こっちの方が強そうなんでボ…

全文を読む

「戸塚慶文」のおすすめ記事をもっと見る

「戸塚慶文」の本・マンガ

  • ランキング

アンデッドアンラック 13 (ジャンプコミックス)

アンデッドアンラック 13 (ジャンプコミックス)

作家
戸塚慶文
出版社
集英社
発売日
2022-09-02
ISBN
9784088832289
作品情報を見る
アンデッドアンラック 12 (ジャンプコミックス)

アンデッドアンラック 12 (ジャンプコミックス)

作家
戸塚慶文
出版社
集英社
発売日
2022-07-04
ISBN
9784088831626
作品情報を見る
アンデッドアンラック 11 (ジャンプコミックス)

アンデッドアンラック 11 (ジャンプコミックス)

作家
戸塚慶文
出版社
集英社
発売日
2022-05-02
ISBN
9784088830964
作品情報を見る
アンデッドアンラック 10 (ジャンプコミックス)

アンデッドアンラック 10 (ジャンプコミックス)

作家
戸塚慶文
出版社
集英社
発売日
2022-03-04
ISBN
9784088830353
作品情報を見る
アンデッドアンラック 9 (ジャンプコミックス)

アンデッドアンラック 9 (ジャンプコミックス)

作家
戸塚慶文
出版社
集英社
発売日
2021-12-03
ISBN
9784088828749
作品情報を見る
アンデッドアンラック 8 (ジャンプコミックス)

アンデッドアンラック 8 (ジャンプコミックス)

作家
戸塚慶文
出版社
集英社
発売日
2021-10-04
ISBN
9784088827964
作品情報を見る
アンデッドアンラック 7 (ジャンプコミックス)

アンデッドアンラック 7 (ジャンプコミックス)

作家
戸塚慶文
出版社
集英社
発売日
2021-07-02
ISBN
9784088827131
作品情報を見る
アンデッドアンラック 6 (ジャンプコミックス)

アンデッドアンラック 6 (ジャンプコミックス)

作家
戸塚慶文
出版社
集英社
発売日
2021-04-30
ISBN
9784088825960
作品情報を見る

「戸塚慶文」人気の作品ランキングをもっと見る