KADOKAWA Group

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

上坂すみれ

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
うえさか・すみれ

「上坂すみれ」のおすすめ記事・レビュー

大泉洋×貞本義行が新CMで豪華“共演”! 新作続々のプライム・ビデオを見逃すな‼︎

大泉洋×貞本義行が新CMで豪華“共演”! 新作続々のプライム・ビデオを見逃すな‼︎

 ※本記事は、雑誌『ダ・ヴィンチ』2024年6月号からの転載です。

 数ある動画配信サービスの中でも、本誌読者にとって馴染み深いであろうプライム・ビデオの新CMが公開された。キャラクターデザインを務めた貞本義行と、声を吹き込んだ声優・上坂すみれからコメントが到着!

文=冨田ユウリ

 俳優・大泉洋さんが出演することで話題の、動画配信サービス プライム・ビデオのCM。青で統一された部屋に一人、ソファでくつろぐ大泉さんがタブレットを手にし、配信されている豊富なコンテンツの中から「観たい」作品を選ぶ様子を放送してきた。

 この春から放送される新CMでは大泉さんの隣に、もう一人。日本を代表するクリエイター・貞本義行さんによって生み出されたオリジナルキャラクターと大泉さんの、豪華共演が実現した。

 貞本さんは漫画家、キャラクターデザイナーとして第一線で活躍。代表作は『新世紀エヴァンゲリオン』『時をかける少女』『サマーウォーズ』など、数多くの作品に携わっている。

 オリジナルキャラクターの詳細はまだ明かされていないが、プライム・ビデオで動画コンテンツを観まくっている、か…

全文を読む

上坂すみれが中学生時代から神田の古本屋を巡ったわけ。横山光輝『三国志』や江戸川乱歩など、多感な時期に出会った昭和の名作を語る【私の愛読書】

上坂すみれが中学生時代から神田の古本屋を巡ったわけ。横山光輝『三国志』や江戸川乱歩など、多感な時期に出会った昭和の名作を語る【私の愛読書】

 声優・アーティストの上坂すみれさんは相当な読書家だ。中学生の頃から神保町や中野ブロードウェイに通い、小説やマンガなどさまざまなジャンルの本と出会ってきた。今でも多忙ななか、必ず一冊の本をバッグに忍ばせているという。

 さまざまな分野で活躍する著名人にお気に入りの本を紹介してもらうインタビュー連載「私の愛読書」。今回は2月8日にニューシングル「LOVE CRAZY」の発売を控えた上坂さんにご登場いただいた。

 子どもの頃から愛読しているマンガや小説から、つい先日、新幹線の駅で買った短編集まで。バラエティ豊かなセレクトを、上坂さんならではの切り口とともにご紹介する。 (取材・文=金沢俊吾)

横山光輝『三国志』はドラマチックすぎなくて良い ――上坂さんにとって「愛読書」といえるような作品をいくつか教えていただければと思います。

上坂:ひとつ目は、横山光輝先生の『三国志』です。全60巻の長編マンガで、小学生の頃に初めて読んだときはイマイチ理解できなかったんですけど、大人になってから読破できて。とても思い入れのあるシリーズなんです。

『三国志』(横山光輝/…

全文を読む

『アイドルマスター シンデレラガールズ』の10年を語る⑤(アナスタシア編):上坂すみれインタビュー

『アイドルマスター シンデレラガールズ』の10年を語る⑤(アナスタシア編):上坂すみれインタビュー

(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

 2021年、『アイドルマスター シンデレラガールズ』がプロジェクトのスタートから10周年を迎えた。10年の間にTVアニメ化やリズムゲームのヒット、大規模アリーナをめぐるツアーなど躍進してきた『シンデレラガールズ』。多くのアイドル(=キャスト)が加わり、映像・楽曲・ライブのパフォーマンスで、プロデューサー(=ファン)を楽しませてくれている。今回は10周年を記念して、キャスト&クリエイターへのインタビューをたっぷりお届けしたい。第5回は、アナスタシア役の上坂すみれが登場。ラブライカとして歌った“Memories”や、ライブ中・ライブ後のエピソードなど、たっぷり語ってもらった。

(アナスタシアは)ポジティブな好奇心による頑張りが見え隠れするところが、とてもかわいい

――『シンデレラガールズ』が今年で10周年ということで、上坂さんも長く関わってこられてきたわけですが、プロジェクト全体に感じている印象と、10周年を迎えたことへの感慨について聞かせてください。

上坂:はい。『シンデレラガー…

全文を読む

「エロすぎでしょ…」 ちょっと過激なハイスクールラブコメ『なんでここに先生が!?』アニメ化にファン歓喜

「エロすぎでしょ…」 ちょっと過激なハイスクールラブコメ『なんでここに先生が!?』アニメ化にファン歓喜

(C)蘇募ロウ・講談社/なんでここに先生が!?製作委員会

 エッチな女性教師と男子高校生の非日常物語『なんでここに先生が!?』のテレビアニメ化が決定。ティザービジュアルも公開され、「なんだこのエッチな教師は! けしからんからアニメ絶対に見てやる!」「暴力的で主張が激しい胸にトキメキを感じてる」とネット上で期待の声が上がった。

 同作は、2017年から『ヤングマガジン』で連載している作品。“鬼”と恐れられるナイスバディな女性教師・児嶋加奈と普通の高校生・佐藤一郎が、“エッチ”なハプニングに巻き込まれる姿を描く。ツッコミどころ満載のシチュエーションと高い画力が話題を呼び、単行本の売り上げは85万部を突破している。

 今回のアニメ化で加奈の声を務めるのは、上坂すみれ。一郎役には「ネト充のススメ」「ツルネ ―風舞高校弓道部―」などに出演していた鈴木崚汰が抜擢された。

(C)蘇募ロウ・講談社/なんでここに先生が!?製作委員会

(C)蘇募ロウ・講談社/なんでここに先生が!?製作委員会

 上坂は「まさに『なんでここに先生が!?』という題がぴったりの、猛烈にして過激な…

全文を読む

「平成生まれ だけど昭和育ち」と歌う上坂すみれが語る、ディープなプロレス愛とは? 【プロレス特集番外編】

「平成生まれ だけど昭和育ち」と歌う上坂すみれが語る、ディープなプロレス愛とは? 【プロレス特集番外編】

 最新アルバム『ノーフューチャーバカンス』内で「平成生まれ だけど昭和育ちよ」(「平成生まれ」)と歌う、声優の上坂すみれさん。彼女の「昭和愛」は、昭和のプロレスだけでなく、プロレスというカルチャーそのものにもつながっている。そんな上坂さんのプロレスの観方、プロレス愛とは――。

昭和プロレスをDVD等で観て、入場曲や選手の逸話に興味が湧きました

――上坂さんは昭和史が好きでプロレス史に興味を持ち、そこからプロレス好きになったという、ちょっと異色なプロレスファンだとうかがいました。プロレスの入場曲もお好きだそうですね。

上坂 はい。プロレスラーの方々に惹かれるきっかけも、その人が持っているストーリーとか、逸話とか、入場曲とか、そういうところから好きになっていくことが多いんです。昭和のプロレスも、DVDやYouTubeなどの映像で観て、そこからハマっていきました。昭和のプロレスって、今のプロレスとは雰囲気が全然違っていて。DVDなどで観ても、観客への場内アナウンスの音声が大きくて、音楽はあんまり聞こえてこないんです。今のプロレスだと、選手の入場曲はもっとガ…

全文を読む

声優・上坂すみれが語る写真集に込めた思い「撮影で巡った場所を追体験してほしい」

声優・上坂すみれが語る写真集に込めた思い「撮影で巡った場所を追体験してほしい」

 声優として「艦隊これくしょん -艦これ-」の吹雪、「中二病でも恋がしたい!」の凸守早苗など、さまざまな人気作品のキャラクターを演じ、歌手としても活躍する上坂すみれさんが写真集『上坂すみれ写真集 UESAKA JAPAN! 諸国漫遊の巻』(上坂すみれ/KADOKAWA)を発売。

『上坂すみれ写真集 UESAKA JAPAN! 諸国漫遊の巻』(上坂すみれ/KADOKAWA)

 本稿では上坂すみれさんにインタビューを行い、ロケ地である青森・鳥取・和歌山での思い出話や、プライベートで行った旅行のお話などを伺った。

■見どころは“ロケーションの良さ”

――写真集の見どころはズバリどこでしょう?

上坂すみれさん(以下上坂):とにかく、撮影したロケーションが素晴らしいんです! この本は、『月刊ニュータイプ』で連載している「日本のいいところを紹介しよう」というコーナー「UESAKA JAPAN!〜上坂すみれの日本礼賛!〜」が写真集になったもの。私も色々な服を着て登場しますが、ロケーションが主役といっても過言ではありません。

――今回のロケ地は青森・鳥取・和歌山の3…

全文を読む

江戸川乱歩「少年探偵」シリーズのリメイクアニメ「超・少年探偵団NEO」に大反響!「いい意味で裏切られまくったwww」

江戸川乱歩「少年探偵」シリーズのリメイクアニメ「超・少年探偵団NEO」に大反響!「いい意味で裏切られまくったwww」

『少年探偵2・少年探偵団』(江戸川乱歩/ポプラ社)

 江戸川乱歩の大人気「少年探偵」シリーズを現代版にリメイクしたショートアニメ「超・少年探偵団NEO」が2017年1月2日(月)から放送を開始した。元となった「少年探偵」シリーズからは想像できない超ハイテンションなアニメに、視聴者からは「うはーーー! むっちゃ笑った」「勢いすごすぎwww」と絶賛の声が続出している。

 同アニメは「超・少年探偵団NEO project」の第一弾として制作されたもの。ショートアニメをはじめ、今後実写映画化やイベントの開催、書籍の発行などを展開していく予定だ。今回放送された「超・少年探偵団NEO」は、江戸川乱歩の「少年探偵」シリーズに出てくる小林少年のひ孫が7代目・小林少年として登場。さらに7代目・明智小五郎や7代目・怪人二十面相も存在する。時代は2117年という設定で、近未来の東京を舞台に小林少年をリーダーに据えた少年探偵団が活躍する様子が描かれる物語。

 第1話では、小林少年と明智が話しているところに紅一点のキャラクターで少年探偵団の一員である花崎マユミが登場し、ゴキブ…

全文を読む

人気声優・上坂すみれさんが蜘蛛に!?注目作『蜘蛛ですが、なにか?』テレビCM&PVが公開!

人気声優・上坂すみれさんが蜘蛛に!?注目作『蜘蛛ですが、なにか?』テレビCM&PVが公開!

「小説家になろう」に投稿された直後から人気を博し、またたく間に年間ランキング1位を獲得した『蜘蛛ですが、なにか?』(著:馬場翁)。2015年12月10日に待望の1巻が発売、たちまち2度の重版がかかり、2巻発売へ向けて作家の成田良悟、長谷敏司両氏が推薦コメントを寄せるなど、大注目の作品だ。

この作品の公式PV、ラジオドラマ、そして2月3日(水)より全国のU局で放送されるテレビCMに、『アイドルマスター シンデレラガールズ』のアナスタシア役、『オーバーロード』のシャルティア・ブラッドフォールン役、『無彩限のファントム・ワールド』の川神舞役などで人気の上坂すみれさんが出演! ナレーションをつとめるともに、蜘蛛に転生してしまった女子高生を演じている。

気になるCMは、TOKYO MX、サンテレビなど、全国のU局で放送中の、アニメ『この素晴らしい世界に祝福を!』の枠にて流れるとのこと。上坂さんのユーモア溢れる熱演が光るこのCMと公式PVの映像は既にYoutubeにて公開されているので興味があればチェックして欲しい。

また、『蜘蛛ですが、なにか?』の魅力がたっぷ…

全文を読む

「上坂すみれ」のおすすめ記事をもっと見る

「上坂すみれ」のレビュー・書評をもっと見る

「上坂すみれ」の本・小説

上坂すみれ 25YEARS STYLE BOOK Sumipedia

上坂すみれ 25YEARS STYLE BOOK Sumipedia

作家
上坂すみれ
出版社
祥伝社
発売日
2016-12-19
ISBN
9784396430764
作品情報を見る

「上坂すみれ」人気の作品ランキングをもっと見る

「上坂すみれ」の関連画像・写真

「上坂すみれ」の関連画像・写真をもっと見る