KADOKAWA Group

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

麻布競馬場

職業・肩書き
作家
ふりがな
あざぶけいばじょう

「麻布競馬場」のおすすめ記事・レビュー

8年ぶりに加賀と再会した園田。結婚し子どももいる彼を見て思うことは…/この部屋から東京タワーは永遠に見えない③

8年ぶりに加賀と再会した園田。結婚し子どももいる彼を見て思うことは…/この部屋から東京タワーは永遠に見えない③

<続きは本書でお楽しみください>

全文を読む

恋人のような関係だった園田と加賀。結婚も考えていたのに、唐突に終わってしまう/この部屋から東京タワーは永遠に見えない②

恋人のような関係だった園田と加賀。結婚も考えていたのに、唐突に終わってしまう/この部屋から東京タワーは永遠に見えない②

この記事には刺激的な画像が含まれます。ご了承の上、お読みください。

全文を読む

「30までお互い独身だったら結婚しよ」その言葉を持ち続け30歳になった/この部屋から東京タワーは永遠に見えない①

「30までお互い独身だったら結婚しよ」その言葉を持ち続け30歳になった/この部屋から東京タワーは永遠に見えない①
全文を読む

プロフィールはたった一言「1991年生まれ。」のみ。謎多き文学の新星・麻布競馬場に迫る!

プロフィールはたった一言「1991年生まれ。」のみ。謎多き文学の新星・麻布競馬場に迫る!

 2022年9月、これまで誰も通ったことのないルートから新たな一般文芸の書き手が現れた。Twitterで小説を書き、厳選20本を収録した単行本『この部屋から東京タワーは永遠に見えない』で本格デビューを果たした、麻布競馬場だ。突然変異種出現に至る、「ウェブ発一般文芸」の系譜を辿る。 (文=吉田大助)

 ウェブの世界から、一般文芸の新しい書き手が現れるようになって久しい。例えば、芥川賞作家の本谷有希子は、自身が主宰する劇団のホームページに掲載していた小説『ほんたにちゃん』(のちに加筆修正して単行本刊行)を読んだ編集者に声をかけられ、短編小説で商業誌デビューした。直木賞作家の米澤穂信は、自身のホームページ「汎夢殿」に発表していた小説の中でも反響の大きかった『氷菓』をライトノベル系の新人賞に応募し、受賞作でデビューしている。住野よるのデビュー作『君の膵臓をたべたい』は、小説投稿サイト「小説家になろう」に発表されていた作品であり、逢坂冬馬のデビュー作にして本屋大賞受賞作『同志少女よ、敵を撃て』は、Web小説サイト「カクヨム」に投稿された作品だった。『へぼ侍』…

全文を読む

「麻布競馬場」のおすすめ記事をもっと見る

「麻布競馬場」のレビュー・書評をもっと見る

「麻布競馬場」の本・小説

この部屋から東京タワーは永遠に見えない

この部屋から東京タワーは永遠に見えない

作家
麻布競馬場
出版社
集英社
発売日
2022-09-05
ISBN
9784087880830
作品情報を見る
令和元年の人生ゲーム

令和元年の人生ゲーム

作家
麻布競馬場
出版社
文藝春秋
発売日
2024-02-21
ISBN
9784163918082
作品情報を見る

「麻布競馬場」人気の作品ランキングをもっと見る

「麻布競馬場」の関連画像・写真

「麻布競馬場」の関連画像・写真をもっと見る