読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

アクアポリスQ

アクアポリスQ

アクアポリスQ

作家
津原泰水
出版社
朝日新聞社
発売日
2005-01-12
ISBN
9784022501509
amazonで購入する

アクアポリスQ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ヒロくま

SFそして、ファンタジーあり、作者独特の空気感もありの不思議な物語。まるでアニメ作品のような読み応えでした。

2014/06/09

えも

津原さんは巧みな小説を描くイメージがありますが、この小説はまたライトな…。

2016/04/08

宇宙猫

★★ SFかと思ったら陰陽師ものだったみたい。両方の融合がうまくいってないのがもったいない。

2015/09/16

砂糖海

何だろう、物語そのものが濁流のように押し寄せてきて、怒涛の勢いで去っていった感じ。最後までわからない符合も少なくなかったです。もっと言葉が欲しかった。

2011/07/18

shomma

ファンタジー(陰陽師)的な世界観とSF(量子コンピュータ)的な世界観の"フュージョン"。数千本のカーボンワイヤーで海底に繋がれた洋上都市、という舞台設定、グッとくる。終盤は、量子コンピュータが計算を「並行世界に並列化している」という発想に立っていて、アクアポリスを管理するACEが全開で稼働すると並行世界と混じりあう空間が生じる(マヤラインと呼んでいる)というような設定。たとえば"フュージョン"→「海私」等、色々なアイデアがこの作品を経由して「バレエ・メカニック」へと昇華されていったのだと思う。

2019/07/19

感想・レビューをもっと見る