読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ゴーストハント3 乙女ノ祈リ (角川文庫)

ゴーストハント3 乙女ノ祈リ (角川文庫)

ゴーストハント3 乙女ノ祈リ (角川文庫)

作家
小野不由美
出版社
KADOKAWA
発売日
2020-09-24
ISBN
9784041094143
amazonで購入する

ゴーストハント3 乙女ノ祈リ (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

enana

シリーズ第三弾。次々とSPRを訪れる女子高生たち。狐狗狸さんによる狐憑き、美術準備室に現れる幽霊、部室でのポルターガイスト現象。それらは東京周辺部にある湯浅高校で起こっていた。校内での聞き込み調査を進めると、笠井千秋というスプーンを曲げられる超能力少女の存在が浮上。真実を追ううちに邪悪な意志はナルや麻衣をも標的にし始め…。

2020/10/17

sin

怪を解体する…というのだろうか?このシリーズでは毎回様々なシュチュエーションで怪現象に遭遇し、いや依頼を受けて解決を図るのだが、当然のごとく原因の特定が解決に至る足がかりとなるので、それを究明していこうとする過程があまりにも理路整然としていて怪異の理不尽さが見られないせいか怖くない。そもそも怪奇現象という存在は理解の果てに在るものだから人はそれを怖いと感じるのではないだろうか?在ることを前提にしてしまうと対処方法が見えてくる。やはり怪異は有る無しの彼方に位置させる方が怖いような気がする。#ニコカド2020

2020/10/17

garakuta@寝る三時間前に風呂を浴びると良い睡眠

面白い軽快ホラー小説:高校で起きる不可解な謎めいた心霊現象の原因解明し解決する霊媒師や超能力者の物語。余りオドロオドロしい表現がないからそんなに怖くないですね。

2020/09/26

佐島楓

1・2巻は読了。私が小学生のころ、心霊現象や学校の怪談、おまじないといったテーマがものすごく流行したことがあった。この作品もその流れに乗ったのかはわからない。それ以上に作品として面白いし、小野先生の持ち味がよく出ている。超自然的な不合理なものごとを合理的解決に導こうとする展開が好みだし、登場人物がみな強烈なまでに個性的。最終巻まで追いかけよう。

2020/10/15

よっち

湯浅高校で怪現象が立て続けに起こり、次々と舞い込むSPRへの調査依頼。数々の事故や病気の聞き込み調査を進めるうち、超能力を持った少女の存在・笠井千秋が浮上する第三弾。とあるクラスの呪われた席や陸上部のぶ室での現象、駅での事故などの解決のため、高校に乗り込んだいつもの霊能者軍団。けれど各々問題解決に動き出すものの空回りする展開はもはやお約束のような感じになりつつありますが、そんな解決の糸口を見つけるのが素人のはずの麻衣という構図は面白いですけど、まあこれだけ続くと偶然ということもないですよね。続巻にも期待。

2020/11/05

感想・レビューをもっと見る