読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

逡巡の二十秒と悔恨の二十年 (角川ホラー文庫)

逡巡の二十秒と悔恨の二十年 (角川ホラー文庫)

逡巡の二十秒と悔恨の二十年 (角川ホラー文庫)

作家
小林泰三
出版社
KADOKAWA
発売日
2021-10-21
ISBN
9784041119938
amazonで購入する Kindle版を購入する

逡巡の二十秒と悔恨の二十年 (角川ホラー文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

さっこ

10話短編。その作品も小林さんらしいグロテスクなホラーでその世界観に一気に引き込まれる。バラエティな一冊。なかなかグロさが後を引くものもあります。「ようぐそうとほうとふ」がチラッと出てきて嬉しかった。

2022/07/23

キナコ

ホラー・ミステリー・SFと様々な短編で構成された一冊。全10話。どれも読了後の胸に残るざわつきがクセになる。会話を通しての言葉遊びがテンポよく、一気に読んでしまった。 特に「イチゴンさん」「メリーさん」の言葉遊びか好き。会話文が多いが、会話だけで登場人物の表情や仕草が読み取れるような世界観が流石だと思う。グロさとエロさを混ぜ混めた世界観は好き嫌いが分かれるかと思う。

2022/03/13

くまちゃん

SFやホラーな短編集。どれもグロな感じなので受け付けない人もいるかも。作者らしい言葉の応酬も懐かしく。久しぶりに、ようぐそうとほうとふに会えた。てぃーきーらいらい!!

2022/02/16

おすし

『玩具』みっちゃん。あああああっ。『逡巡の二十秒と悔恨の二十年』脳内時間 『侵略の時』タイトル通りのグロSF 『イチゴンさん』民間信仰系ホラー 『草食の楽園』人間雑食でちょうどいい 『メリィさん』www 『流れの果て』“果しなき流れの果に”オマージュ?壮大な多世界をさまよう男と待ち続ける女 『食用人』、『サロゲート・マザー』肉食に関するキレイごと…ヤスミンこれ系テーマ多いね 『吹雪の朝』お得意のキモい女系ミステリ ──あたま二話のチョイスがデビュー作を思わせ胸熱。ヤスミン中毒患者向けのシビレル一冊。

2022/05/17

きっしぃ

小林泰三の未収録だった作品を集めた短編集。ホラー、ミステリー、SFと多彩なストーリー。やっぱりヤスミンは天才だったな😭

2022/08/18

感想・レビューをもっと見る