読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

肝、焼ける (講談社文庫)

肝、焼ける (講談社文庫)

肝、焼ける (講談社文庫)

作家
朝倉かすみ
出版社
講談社
発売日
2009-05-15
ISBN
9784062763523
amazonで購入する Kindle版を購入する

肝、焼ける (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

おしゃべりメガネ

北海道出身の朝倉さん作品で『田村はまだか』以来かと。表題作が秀逸で、31歳の女性主人公が北海道は北の果て稚内まで年下の彼氏に会いに行くというお話です。なかなか稚内を舞台にした作品はあまり記憶になく、たまたま自身が今夏稚内に旅行に行ったので、少しばかり不思議な縁を感じてしまいました。他の作品でも道北の豊富やサロベツという地名が出てくるので、なかなか興味深く読み進めました。どこかちょっとクセのある女性キャラを主人公にした短編集ですが、女性読者さんにはオススメかなと。少し辛口な作風がなんかハマると思いますよ。

2017/10/28

いたろう

朝倉さんのデビュー短編集。20代からアラフォーまで、すべて独身女性が主人公の5編。中でも、稚内が舞台の2編がいい。東京から稚内に転勤した男性を訪ねてきた31歳のわたしの話「肝、焼ける」。アラサー女が、7歳も年下の男を相手に、恋人と言っていいのかどうか、微妙な関係。銭湯で、わたしの話を聞いたおばさんの、「あー そりゃキモ、焼けるわ」という言葉が妙に心に残る。もう1編は、医師と結婚して、今は稚内にいる友人に誘われて、札幌から稚内の南の豊富温泉に来た話「一入」。傷心旅行も兼ねてのはずが・・・。ラストが清々しい。

2020/05/01

KAN

なんか、結構リアルでした。たんたんと進みますが、言いまわしや雰囲気は好きですね。

2017/06/17

ナチュラ

今、マイブームの作家さん 朝井かすみさんのデビュー作。5話の短編集です。 どれも女性が主人公の恋愛ものなのですが、普通の恋愛ものとはちょっと違う。妄想であったり、距離をおいていたり、行きずりの場合もあり。 私は特に「コマドリさんのこと」が凄く良かった。 結婚しなくても、彼氏がいなくても、周りからなんと思われようと、いいのですよ。コマドリさんが愛おしく思えました。

2019/04/17

小豆姫

朝倉さんならではの光る言葉たちが、短い文章の中にぴちぴちっと跳ねている。すぱすぱっと軽やかなのにトゲも毒も生々しさもあって、比喩がいちいち面白い。デビュー作からすでに誰かの真似じゃない独自の表現を手にしてるって凄いことだと思う。表題作と『一入』の、アラサー女の微妙な胸のうちがリアルだ。

2019/05/06

感想・レビューをもっと見る