KADOKAWA Group

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

夜明けの花園

夜明けの花園

夜明けの花園

作家
恩田陸
出版社
講談社
発売日
2024-01-31
ISBN
9784065331392
amazonで購入する Kindle版を購入する

「夜明けの花園」のおすすめレビュー

恩田陸の「理瀬シリーズ」最新作『夜明けの花園』。謎多き学園で起こる怪事件の真相とは

『夜明けの花園』(恩田陸/講談社)

『三月は深き紅の淵を』(恩田陸/講談社文庫)に収録された「回転木馬」からはじまった、恩田陸氏による「理瀬シリーズ」。ファンの間で根強い人気を誇るシリーズの最新作『夜明けの花園』(恩田陸/講談社)が、このたび上梓された。本書には、同シリーズに登場するヨハンや聖を主人公とした短編を含むスピンオフが全6話収録されている。謎めいた学園を取り仕切る校長の過去、理瀬の子ども時代の記憶など、ファンにとって興味深いエピソードが満載の一冊である。

 第1章「水晶の夜、翡翠の朝」は、湿原にひっそりとそびえる全寮制の学園を舞台に物語の幕が開く。本章の主人公・ヨハンが「優雅な檻」と表現する学園は、高額な学費が要るにもかかわらず、一定数の需要が尽きない。訳ありの生徒が頻繁に出入りする校内は、幾つかの“種類“によって生徒が振り分けられている。一つ目の「ゆりかご」は、世間の荒波から逃れ、温室のごとき環境で過ごすことを目的とした生徒。二つ目の「養成所」は、芸術やスポーツ、高度な勉学など、特殊なカリキュラムをこなす生徒。三つ目の「墓場」は、物騒なネ…

2024/2/9

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

夜明けの花園 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

さてさて

『陸の孤島。優雅な檻。この学園から出ることはとても難しい』。『麦の海に浮かぶ城』とも比喩される全寮制の『学園』を舞台にした雰囲気感豊かな〈水晶の夜、翡翠の朝〉など6つの短編が収められたこの作品。そこには、”「理瀬」シリーズ”どっぷりな世界が描かれていました。恩田陸さんのさまざまな側面に魅せられるこの作品。そんな作品の最後を飾る短編〈絵のない絵本〉に登場する『理瀬』の存在感の大きさを改めて感じさせられるこの作品。今度は、”「理瀬」シリーズ”の長編を読んでみたい!そんな思いが沸々と込み上げてくる短編集でした。

2024/02/04

mint☆

何の前情報もなく読み始めた理瀬シリーズの最新作。スピンオフの短編集でした。なんだか久しぶりに見た名前に懐かしさもあり逆に忘れているところもあったけど、この独特な世界観本当に好き。この本を読んだらシリーズを最初から読み直したくなること間違いなし。#NetGalleyJP

2024/02/10

keroppi

恩田陸の新作がNetGalley で読めるとのことで、読みました。読みながら、これが「理瀬」シリーズという何冊もあるシリーズの短編集であることを知りました。恥ずかしながら一冊も読んでいない私は、人物設定がよく分からず、話を理解出来たとは言えません。でもこの不穏な空気は伝わります。湿原にある全寮制の学園の怖さには引き込まれます。これは、「理瀬」シリーズ読まなければ。#NetGalley JP

2024/01/05

mocha

理瀬シリーズのスピンオフ作品6篇を一冊にまとめたもの。うち3篇は既読。時系列がかなり飛び飛びだが、あの学園のゴージャスでロマンチックで不穏な雰囲気が蘇ってきて嬉しかった。ラストの大人になった理瀬のエピソードは、まだまだ続巻が出るのかも…と思わせてくれる。またシリーズを一からおさらいしたくなった。NetGalley

2024/01/27

ゆのん

『理瀬シリーズ』のスピンオフ…。シリーズ未読なのに先に読んでしまったので、分からない事が多々あった。それでも『やっぱり作家って凄い』と思わずにいられない。読んでいる途中にも関わらずもの凄く読みたくなっているのだから。とにかく作品の空気感がとても好み。ゴシックな雰囲気、大きな何かを背負っている子供達、彼等に狙う陰鬱なもの…もうシリーズ全てを読むしかない。というか早く読みたい。情景描写も美しい。シーンが絵画の様に浮かんでくる。シリーズ読破後にもう一度本作を手にしたいと思う。

2024/01/24

感想・レビューをもっと見る