読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

青の数学2: ユークリッド・エクスプローラー (新潮文庫nex)

青の数学2: ユークリッド・エクスプローラー (新潮文庫nex)

青の数学2: ユークリッド・エクスプローラー (新潮文庫nex)

作家
王城夕紀
出版社
新潮社
発売日
2016-10-28
ISBN
9784101800820
amazonで購入する Kindle版を購入する

「青の数学2: ユークリッド・エクスプローラー (新潮文庫nex)」の関連記事

本好きが選ぶ今週のおすすめ小説ランキング!! 【11月第4週】

 国内最大級の本好きコミュニティ「読書メーター」で話題になった本の中から、1ヶ月以内に発売された「小説」ランキングを毎週お届け。本好きな人たちは、“今”どんな作品に注目しているのか? 気になる作品があったらぜひチェックしてみよう!

同ランキングでは、読書メーター利用者が直近1週間に"読んだ本”として登録した作品のうち、登録数が20以上でレビュー率の高い「小説」を抜き出して発表。本記事内のリンクをクリックすると読書メーター内の作品レビューを読むことができます。

 

小説部門

1位

いとみち 三の糸 (新潮文庫) 越谷 オサム

2位

慈雨 柚月 裕子

3位

四月になれば彼女は 川村 元気

4位

シャルロットの憂鬱 近藤 史恵

5位

浮遊霊ブラジル 津村 記久子

6位

潮騒のアニマ 法医昆虫学捜査官 川瀬 七緒

7位

上流階級 富久丸百貨店外商部II 高殿 円

8位

青の数学2: ユークリッド・エクスプローラー (新潮文庫nex) 王城 夕紀

9位

虚実妖怪百物語 急 (怪BOOKS) 京極 夏彦

10位

校閲ガール トルネード 宮木 あや子

2016/11/22

全文を読む

本好きが選ぶ今週のおすすめ小説ランキング!! 【11月第3週】

 国内最大級の本好きコミュニティ「読書メーター」で話題になった本の中から、1ヶ月以内に発売された「小説」ランキングを毎週お届け。本好きな人たちは、“今”どんな作品に注目しているのか? 気になる作品があったらぜひチェックしてみよう!

同ランキングでは、読書メーター利用者が直近1週間に"読んだ本”として登録した作品のうち、登録数が20以上でレビュー率の高い「小説」を抜き出して発表。本記事内のリンクをクリックすると読書メーター内の作品レビューを読むことができます。

小説部門

1位

シャルロットの憂鬱 近藤 史恵

2位

鎌倉香房メモリーズ 4 (集英社オレンジ文庫) 阿部 暁子

3位

恋のゴンドラ 東野 圭吾

4位

十二人の死にたい子どもたち 冲方 丁

5位

青の数学2: ユークリッド・エクスプローラー (新潮文庫nex) 王城 夕紀

6位

さよなら妖精【単行本新装版】 米澤 穂信

7位

君と時計と雛の嘘 第四幕 (講談社タイガ) 綾崎 隼

8位

犯罪小説集 吉田 修一

9位

夜行 森見 登美彦

10位

タダイマトビラ (新潮文庫) 村田 沙耶香

2016/11/16

全文を読む

関連記事をもっと見る

青の数学2: ユークリッド・エクスプローラー (新潮文庫nex) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

三代目 びあだいまおう

「どうすれば前に出られるんだろう」「足を前に出せばいい」「倒れて傷を負っても、また前に出られる?」「出る」「なぜ?」「後ろに相手はいない」 やりたい事が見つからない、進むべき道が見えないと悩む。才ある者が才なき自覚にもがき苦しむ。前作の青春風とは異なり、高校生の誰もが抱く、今への、未来への答えなき苦悩を描く!苦悩の先に一隅の光を探し歩む。進む!未来が見えず悩む若者よ!私達(年を重ねた貴方の先輩)でさえ未来は見えない。何も見えずに進める一歩、それだけが大事!王城さんこそある意味天才なのだとマジで思う‼️🙇

2019/12/13

ハッシー

【ただ、歩き続ける】▶︎数学に魅了された高校生たちの物語(完結編)。作中では常に彼らがなぜ恋愛でもスポーツでもなく、数学に青春を人生を掛けるのか?問い続けている。彼らの数学に対する姿勢はそのまま「どう生きるか?」という人生観に通じる。才能に対する考え方や継続することの意味を語った部分に心を打たれた。詩的な表現とリフレインが印象的な綺麗な文章でした。

2016/11/19

ポップノア

数学の強者が集い優劣を競い合うサイト「E2」。栢山は「決闘」に対して傍観していたが、庭瀬、五十鈴、二宮、皇(すめらぎ)らに触発され、己の数学と対峙する···。学校教育とは全く別次元の世界を見せられ、考えながら読むことを放棄したが、こんな青春もあるんだなぁと。「青春とは何かを諦めるまでの季節」と言う柊先生の言葉が胸に刺さった。今回はてっきり数学オリンピックがメインの物語かと思ったが、結局金メダリストの京(かなどめ)香凛はまたしても謎のまま。これは更に続編が出るのかなぁ? もし出たら手に取るかなぁ? 疲れた。

2020/02/18

扉のこちら側

2017年74冊め。前巻で提示さた謎の数列を基に物語が進んでいく。数学オリンピック出場者達との夏合宿が終わり、ネット上の数学決闘空間では次なる戦いの幕が開き…という割にはしかし数学描写はこの巻では薄い。主人公達の心理描写が多く、青春小説としてのおもしろさがある。『数学は、この世界から人間がいかに疎外されているかを学ぶ』というのが衝撃だった。

2017/01/22

hnzwd

数学のエッセンス満載ですが、深層に迫る感じは無く、、。数学で戦う設定は面白く、軽く読めるのですが、その分、数学は判らないもの、としてしまってるような感じかな。肝心の数学部分も、最初に金庫を送る必要はない、とか、「勝ったら戻ってこいよ」の次の行は、「負けたら戻ってこなくていい」ではなく、「戻ってこないなら負けたってこと」がいいよね。とか。とか。。数学で戦うシーンは夢枕漠の餓狼伝っぽいかも。

2017/02/18

感想・レビューをもっと見る