読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

タイム屋文庫 (潮文庫)

タイム屋文庫 (潮文庫)

タイム屋文庫 (潮文庫)

作家
朝倉かすみ
出版社
潮出版社
発売日
2019-01-07
ISBN
9784267021633
amazonで購入する Kindle版を購入する

タイム屋文庫 (潮文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぶんこ

なんとも、とりとめのない読後感。読んでいる時はそれなりに楽しんでいたのですが、それで何が残ったのかな。ふと、家族ではないけれど、近しい人の場合、あまり責任感の無いふわふわとした人当たりの人の方が好ましく感じ、責任感から厳しいことを言う人を遠ざけたくなる気持ちを思い出しました。姉が夫の不倫で苦しんでいても、自分の不倫経験を思って罪悪感を抱かない柊子さんだからこそ、リスちゃんも受け入れられたのでしょうか。悪い人ではないけれど、樋渡さんと結婚され、夏子ちゃんんも授かったのは、ツボミおばあさんに感謝ですね。

2021/06/22

Norico

時間旅行の話しかない貸本屋さんって素敵。柊子も単なるのんびり屋さんじゃなく、新聞配達で生計をたてるガッツもあって、応援したくなる。つぼみおばあちゃんもリスも、出てくる女性がみんなかわいい

2021/05/23

そうたそ@吉

★★☆☆☆ 新作かと思いきや2008年に刊行されたものを文庫化したとのこと。亡き祖母の家でタイムトラベル専門屋の貸本屋をはじめる主人公という設定は面白いのだが、どうにもピンとこないストーリー。全体的に浅いなあ、と思ってしまうような話で、やはり最近の朝倉さんの作品に比べると、良くも悪くも若さを感じた。読むと意外に心地よい文章なのだが、肝心のストーリーの部分に何一つのせられるものがない、というような作品だった。

2019/03/01

ゆみにてぃー。

読書会でお借りした一冊。 タイムトラベルの小説を中心に取り扱い、貸し本もできるブックカフェ「タイム屋文庫」。そこのソファで昼寝をすると将来を暗示した夢がみられるという。 出てくる登場人物と展開に捻りが効いていて、ありふれておらず良かったです。そして朝倉さんの描かれる景色や場面場面の雰囲気の表現がとても綺麗なこと。実際読んでいて、まるで夕方の匂いが鮮明に香ってくるかのようでした。 「人ってそういうところあるよね」と弱さも悩みも包んでくれるような話です。最後はみんなが落ち着くところに落ち着けて安堵しました。

2019/03/02

coco夏ko10角

小樽にある亡き祖母の家で時間旅行の本の貸本屋をやることにした柊子。これ単行本が2008年なので初期の作品、十年以上たっての文庫化。リスちゃん気になるなぁ。続編積読済み。

2021/08/01

感想・レビューをもっと見る