読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

源氏物語 中 (池澤夏樹=個人編集 日本文学全集05)

源氏物語 中 (池澤夏樹=個人編集 日本文学全集05)

源氏物語 中 (池澤夏樹=個人編集 日本文学全集05)

作家
角田光代
出版社
河出書房新社
発売日
2018-10-30
ISBN
9784309728759
amazonで購入する Kindle版を購入する

「源氏物語 中 (池澤夏樹=個人編集 日本文学全集05)」の関連記事

角田光代さんが、5年読み込んでわかった「源氏物語の真実」とは?――『源氏物語』現代語訳ついに完結!

 抜群のリーダビリティと現代人の感性に合った訳文で大好評を得ている角田版『源氏物語』現代語訳が、とうとう完結した。  角田さんがこの大仕事に費やした時間はおよそ5年。 「私としては5年をかけて訳したというより、5年かけて読み込んだという気持ちのほうが強いんです。この物語とじっくり向き合う時間を得られたのは、本当によかったと思います。取ろうとして取れる時間ではないので。今は『源氏物語』を〝私の物語〟として所有できたという気がしています」

じっくり読むことで見えてきた王朝の女性の多彩な個性

『源氏物語』は、平安時代に一条天皇の中宮となった藤原彰子に仕えた女官・紫式部が書いた、全部で54の帖(章)からなる長編小説だ。  上・中・下の3巻に分けられた今回の現代語訳では、上巻が光源氏の出生から全盛期を迎えるまで、中巻が栄華の陰りから世を去るまで、そして下巻が子や孫などの次世代が巻き起こすドラマを収録している。 「この仕事に取り掛かるまで、『源氏物語』は圧倒的な主人公である光源氏が好き勝手やっているだけの物語だという偏見がありました。実際、最盛期までの光源氏は…

2020/3/7

全文を読む

関連記事をもっと見る

源氏物語 中 (池澤夏樹=個人編集 日本文学全集05) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

池澤夏樹=個人編集 日本文学全集全30巻完読チャレンジ 、 https://bookmeter.com/users/512174/bookcases 遂に29巻目まで来ました。華麗なる平安絵巻、優美な文章、典雅な大和言葉、恋する詠歌、中巻も堪能しました。角田 光代が小説を断筆して訳しているだけあります。続いて直ぐに下巻を読みたいのですが、2019年11月迄刊行されません。河出書房新社は刊行時期を見直すように。

2018/11/20

keroppi

上巻から一年、こんなに待つとは思わなかった。きっと、角田さんが何度も何度も推敲を重ねた結果なのだろう。また、出版社側もそれを待つことが出来たということだろうか。こうやって角田さん現代語訳を読むまで、正直、なんか取っ付きにくい話だと思っていた。貴族趣味の色恋沙汰が、どうして千年も読まれ続けるのだろうと。自分の理解を恥ずべきであった。季節の移ろいを背景に、繰り広げられる愛であり、悩みであり、悲しみ。そして、死。さらに下巻までまた一年以上待つことになりそうだ。千年の月日に比べれば短いもの。角田さん、頑張って!

2018/11/20

優希

舞台は六条院へ。光源氏の栄華は終わったように思えます。富も権力も手にし、確固たる権威を得た源氏ですが、女三の宮との婚礼から六条院の守られていた調和が崩れていくのが辛いところです。紫の上の病と出家を許されなかった一件が胸に突き刺さります。源氏の権力はもはや緩やかながら、終焉を迎えようとしているのでしょう。

2021/01/04

14番目の月

夕霧が「この世の無常が悲しい」と嘆くように人は必ず老いて死ぬ。 自信に満ちあふれた源氏の栄華は衰え知らずのようであったが、若菜下からうっすらと影が見え始める。 いろいろな作者の源氏を読むにつれ様々な疑問がわいてくる。 玉鬘が結婚してしまった場面は藤壺の隠された一帖があるといわれているような何かが隠されているのではないか? 頭中将や夕霧の子沢山に比べて源氏の子どもが少ないのは本当は源氏には一人も実子がいなかったんじゃないか? そもそも当時は誰の子かは全くわからなかったのでは?とか 奥深いこの物語へ→つづく

2018/11/17

Takanori Murai

最高峰の地位に上り詰めた光源氏ではあったが、忘れ形見として気にかけてきた玉鬘に対しての思いは通じず、延々と苦悶する。皮肉なものだ。同時に他の女性に対する気遣いも行き届かせようと、大変なことで。前半のイメージ重視の光源氏像に比べて、人間らしくなったというか、おじさんらしくなったというか。もっとも、紫式部は光源氏の美しさを決して衰えさせないよう心配りをしている。紫の上の美しき最期をみとって、「雲隠」・・・本文の無い巻、これで完結とならないのが源氏物語。現代なら、続編または第二部とされるだろう宇治十帖へ。

2020/04/26

感想・レビューをもっと見る