読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

源氏物語 中 (池澤夏樹=個人編集 日本文学全集05)

源氏物語 中 (池澤夏樹=個人編集 日本文学全集05)

源氏物語 中 (池澤夏樹=個人編集 日本文学全集05)

作家
角田光代
出版社
河出書房新社
発売日
2018-10-30
ISBN
9784309728759
amazonで購入する Kindle版を購入する

「源氏物語 中 (池澤夏樹=個人編集 日本文学全集05)」の関連記事

角田光代さんが、5年読み込んでわかった「源氏物語の真実」とは?――『源氏物語』現代語訳ついに完結!

 抜群のリーダビリティと現代人の感性に合った訳文で大好評を得ている角田版『源氏物語』現代語訳が、とうとう完結した。  角田さんがこの大仕事に費やした時間はおよそ5年。 「私としては5年をかけて訳したというより、5年かけて読み込んだという気持ちのほうが強いんです。この物語とじっくり向き合う時間を得られたのは、本当によかったと思います。取ろうとして取れる時間ではないので。今は『源氏物語』を〝私の物語〟として所有できたという気がしています」

じっくり読むことで見えてきた王朝の女性の多彩な個性

『源氏物語』は、平安時代に一条天皇の中宮となった藤原彰子に仕えた女官・紫式部が書いた、全部で54の帖(章)からなる長編小説だ。  上・中・下の3巻に分けられた今回の現代語訳では、上巻が光源氏の出生から全盛期を迎えるまで、中巻が栄華の陰りから世を去るまで、そして下巻が子や孫などの次世代が巻き起こすドラマを収録している。 「この仕事に取り掛かるまで、『源氏物語』は圧倒的な主人公である光源氏が好き勝手やっているだけの物語だという偏見がありました。実際、最盛期までの光源氏は…

2020/3/7

全文を読む

関連記事をもっと見る

源氏物語 中 (池澤夏樹=個人編集 日本文学全集05) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

池澤夏樹=個人編集 日本文学全集全30巻完読チャレンジ 、 https://bookmeter.com/users/512174/bookcases 遂に29巻目まで来ました。華麗なる平安絵巻、優美な文章、典雅な大和言葉、恋する詠歌、中巻も堪能しました。角田 光代が小説を断筆して訳しているだけあります。続いて直ぐに下巻を読みたいのですが、2019年11月迄刊行されません。河出書房新社は刊行時期を見直すように。

2018/11/20

さてさて

生きとし生けるものものの定めでもある人の世の儚さは、千年を経た今の世と何も変わらないことを教えてくれる物語。長編小説の名手でもある角田さんが『読みやすさをまず優先』してまとめられた筆致の元、今の世を生きる私達の心が、平安の世を生きた人達の心と何も変わっていないことに気付かされる物語。千年も後の世の人の心を動かす物語を書いた紫式部さんの凄さに改めて驚くとともに、そんな物語を私達の元に分かりやすく届けてくれた角田さんには、改めてお礼を申し上げたいと思います。上巻に引き続き、素晴らしい物語がここにはありました。

2022/08/20

ちゃちゃ

本文のない「雲隠」の帖。最愛の妻・紫の上を亡くした哀しみが癒えないまま、光君は静かに彼岸へと旅立った。更衣腹の皇子として誕生し、准太上天皇の地位に昇りつめ栄華を極めた光君。その生涯に寄り添うように読み進めた。特に光君の晩年、女三の宮の降嫁により、周囲に悟られないように苦悶懊悩する紫の上の姿が胸を打った。聖母のように慈愛に満ちた妻でありながらも、出家を認められず、儚い浮き草のような満たされぬ孤独を抱いたまま旅立つ様に思わず落涙。『源氏物語』が「もののあはれ」の文学と称される所以を堪能し、感無量の読後感。

2022/05/13

keroppi

上巻から一年、こんなに待つとは思わなかった。きっと、角田さんが何度も何度も推敲を重ねた結果なのだろう。また、出版社側もそれを待つことが出来たということだろうか。こうやって角田さん現代語訳を読むまで、正直、なんか取っ付きにくい話だと思っていた。貴族趣味の色恋沙汰が、どうして千年も読まれ続けるのだろうと。自分の理解を恥ずべきであった。季節の移ろいを背景に、繰り広げられる愛であり、悩みであり、悲しみ。そして、死。さらに下巻までまた一年以上待つことになりそうだ。千年の月日に比べれば短いもの。角田さん、頑張って!

2018/11/20

優希

舞台は六条院へ。光源氏の栄華は終わったように思えます。富も権力も手にし、確固たる権威を得た源氏ですが、女三の宮との婚礼から六条院の守られていた調和が崩れていくのが辛いところです。紫の上の病と出家を許されなかった一件が胸に突き刺さります。源氏の権力はもはや緩やかながら、終焉を迎えようとしているのでしょう。

2021/01/04

感想・レビューをもっと見る