読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

日曜日は青い蜥蜴

日曜日は青い蜥蜴

日曜日は青い蜥蜴

作家
恩田陸
出版社
筑摩書房
発売日
2020-11-30
ISBN
9784480815514
amazonで購入する

日曜日は青い蜥蜴 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

旅するランナー

本や映画などの鑑賞系を中心にしたエッセイ集第二弾。主に2011~2016年のもの。読書歴、嗜好、影響が素直に語られ、紹介された作品を読んだり観たくなったりします。さすが人気作家の筆力。それと、作者の本名「ななえ」さんと、山本周五郎との関わりなど、興味深いお話が盛りだくさん。姉妹本「月曜日は水玉の犬」も刊行されるそうです。

2021/04/25

starbro

恩田 陸は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。著者のエッセイは、10年ぶりのため、初読です。タイトルに日曜日が入っていたので、本日(12/13日曜日)に読みました。素敵なタイトルなので深い意味があるかと思いきや、前回のエッセイが『土曜日の灰色の馬』(未読)だったため、『曜日+色+動物』とのことです。因みに次作は、『月曜日は水玉の犬』のようです。本作は書評中心の構成ですが、共読が10作程度なのが残念です。著者との共通点は、ほぼ同年代なのと、子供の頃、江戸川乱歩の少年探偵団シリーズ好きだったことでした。

2020/12/13

いつでも母さん

私は語彙力が乏しくて上手く理論的にも語れない。感覚で…ただ感じるままの読書なのだ。だから恩田さんの紡ぐ世界に憧れたり、そろりと距離を置いたりしてる。本作は10年ぶりの書き綴ったエッセイ集のその1とのこと(その2は来年『月曜日は水玉の犬』)恩田さんが読んだ本や観た映画、舞台について。本当に好きなんだろうなが伝わる。どれも恩田さんの世界があった。そんな感じ。なんだか凄いなぁ。Ⅰ章とⅣ章が特に好きだった。

2020/12/24

みかん🍊

小説のみならず、映画、漫画、エッセイといろいろな分野の鑑賞や書評を集めた本、ありとあらゆる物を読み観ているのがさすが、若竹七海さんとは同じ匂いがすると思ってがご本人も私が書くべき本と思っていたとは、そして酒豪繋がりで北大路公子さんを別々に里子に出された一卵性双生児とは、読みたい本や映画が増えるエッセイでした、まだ続きが出るそうで曜日くくりのタイトルもいい。

2021/01/25

愛玉子

恩田さんの読書録いろいろ。読みたい本をメモがてら。乾久美子『小さな風景からの学び』、中野雄『指揮者の役割』、プリーストリー『怖い話』三連発、クリスチャン・モルク『狼の王子』、狐野扶実子『世界出張料理人』、松樟太郎『声に出して読みづらいロシア人』(全面同意)、映画『クラウドアトラス』もまだ観てないのよね。そして二宮尊徳「道徳なき経済は犯罪である。経済なき道徳は寝言である」は、私も座右の銘にしたいよ。文庫解説は読者のことを考えて下さって感謝です。解説が良いと得した気分になるもんね。読みたい本がまた増えました。

2021/02/24

感想・レビューをもっと見る