読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ゲンロン5 幽霊的身体

ゲンロン5 幽霊的身体

ゲンロン5 幽霊的身体

作家
東浩紀
鈴木忠志
大澤真幸
佐々木敦
梅沢和木
金森穣
鴻英良
木ノ下裕一
福嶋亮大
渡邉大輔
飴屋法水
フレドリック・ジェイムソン
ヴァレリー・ポドロガ
プラープダー・ユン
黒瀬陽平
速水健朗
井出明
高間響
ウラジーミル・ミロノフ
エレーナ・ペトロフスカヤ
オレグ・アロンソン
アンドレイ・パラモノフ
ジョナサン・フラットリー
ピーター・フィッティング
福冨渉
安天
辻田真佐憲
上田洋子
出版社
株式会社ゲンロン
発売日
2017-06-24
ISBN
9784907188214
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

ゲンロン5 幽霊的身体 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ころこ

日本の身体には余韻が残る。歌舞伎、能をはじめとした日本の演劇は、幽霊を表現しているといえます。鈴木忠志のインタビューでは、その身体的表現として摺り足は、日本の生活が地面と接して裸足でいるからだという考察をしています。重心が下にあるのは、剣道、柔道、空手、相撲などの日本発祥の格闘技でも同様です。幽霊的身体を特集した本誌は、利賀セミナーをはじめ木下歌舞伎など、日本の問題の中で特に古くからある論点と相性が良く、議論に馴染んでいる分だけ読み易いと思いました。死者と生者の間にある幽霊は、3.11の問題でもあります。

2017/09/25

おっとー

幽霊が見えたときに批評が起動する。特集の利賀村での演劇セミナーでは、幽霊的身体になる方法のヒントが提示される。指先の触覚から、足元から、人間としての身体を見直し、不気味で幽霊的な振る舞いを探る。もともと人間は何かを演じている。そもそも名前を与えられている時点で、その名前の人間を演じているのだ。純粋なアイデンティティも純粋な他者も存在しない。全ては間にある幽霊なのだ。そして批評もまた幽霊的でなければならない。見えないものを見えるように、見えるものを見えないようにする、それこそが批評の役割といえる。

2017/09/30

emuuwaii

演劇は馴染みがないディープな世界。そのため読むのは大変でした。それでも「表現することと身体の関係をいかに考えるか」「身体で表現を行うとき、そこにはいったい何が表れてくるのか」「言語以前に、ここではない時空のものとどんな交流が起こっているのか」など、わからないなりに連想が広がりました。

2017/06/26

ああ無情

デリダの幽霊という概念からここまで人が集い話が展開するとは。圧倒的におもしろかった。

2017/07/30

mirie0908

「西洋の演劇は上に、アジアの演劇は地面に」というがおもしろい。『ユートピアと弁証法』こんな欧米とロシアの現代思想の歴史があったとは知らなかった。次号からのロシア現代思想の連載もたのしみ。

2017/06/27

感想・レビューをもっと見る