読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

若島正

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
わかしま・ただし

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

京都大学大学院文学研究科教授

「若島正」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

注目の新刊 『アップダイクと私 アップダイク・エッセイ傑作選』 ダ・ヴィンチ2013年3月号

注目の新刊 『アップダイクと私 アップダイク・エッセイ傑作選』 ダ・ヴィンチ2013年3月号

作家として生きていた人生をユーモラスに回想した表題作はじめ、野球、ゴルフ、ポーカー、文学、ミュージカル映画など幅広いジャンルを、戦後アメリカ文学を代表する作家が綴ったエッセイ集。谷崎潤一郎や村上春樹など、日本作家への書評も見逃せない。

全文を読む

特集番外編1 2009年6月号

特集番外編1 2009年6月号

読めばあなたにも奇跡がおこるかも。   編集 H   昨年、作家生活20周年を迎えた小川洋子さんの最新長編『猫を抱いて象と泳ぐ』は、彼女の集大成との呼び声高い傑作です。   小川洋子作品といえば、『完璧な病室』や『ホテル・アイリス』など、ある限定された場所「閉じられた空間」を描いた作品、『薬指の標本』や『沈黙博物館』など「痕跡」を描いた作品、「詩人の卵巣」(『まぶた収録』)や『博士の愛した数式』の登場人物のような、世界からこぼれ落ちそうな「異形の人」が登場する作品などが特徴として挙げられると思いますが、本作『猫を抱いて象と泳ぐ』は、これまでの小川作品に通底するテーマやモチーフが随所に散りばめられています。   小川洋子さんのロングインタビューでは、このような小川作品のテーマ、モチーフをひもときつつ、『猫を抱いて象と泳ぐ』が誕生するにいたった経緯や、これまでの小川さんの軌跡をぞんぶんに語っていただきました。小川さんが影響を受けた本や、『猫を抱いて象と泳ぐ』へと連なる小川洋子作品なども紹介しており、本作が読みたくなると同時に、それらの作品も読みたく…

全文を読む

「若島正」のおすすめ記事をもっと見る

「若島正」の本・小説

ロリータ (新潮文庫)

ロリータ (新潮文庫)

作家
ウラジーミル ナボコフ
Vladimir Nabokov
若島正
出版社
新潮社
発売日
2006-10-30
ISBN
9784102105023
作品情報を見る
人間以前 (ディック短篇傑作選)

人間以前 (ディック短篇傑作選)

作家
フィリップ・K・ディック
大森望
浅倉久志
若島正
出版社
早川書房
発売日
2014-11-07
ISBN
9784150119812
作品情報を見る
マイクロチップの魔術師 (新潮文庫)

マイクロチップの魔術師 (新潮文庫)

作家
若島正
ヴァーナー・ヴィンジ
出版社
新潮社
発売日
1989-01
ISBN
9784102279014
作品情報を見る
ゴースト・ストーリー (上) (ハヤカワ文庫 NV (737))

ゴースト・ストーリー (上) (ハヤカワ文庫 NV (737))

作家
ピーター ストラウブ
若島正
出版社
早川書房
発売日
1994-07
ISBN
9784150407377
作品情報を見る
私のカトリック少女時代

私のカトリック少女時代

作家
メアリー・マッカーシー
若島正
出版社
河出書房新社
発売日
2019-04-23
ISBN
9784309619972
作品情報を見る
書きなおすナボコフ、読みなおすナボコフ Revising Nabokov Revising

書きなおすナボコフ、読みなおすナボコフ Revising Nabokov Revising

作家
若島正
沼野充義
出版社
研究社
発売日
2011-05-27
ISBN
9784327472245
作品情報を見る

「若島正」人気の作品ランキングをもっと見る