読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

「ちゃんもも◎」の関連記事

【第17回】ちゃんもも◎『刺激を求める脳』/真理子#6

【第17回】ちゃんもも◎『刺激を求める脳』/真理子#6

私は高橋真理子。 誰よりも美しくて強い女。 鏡よ鏡、世界で一番美しいのは誰? 私が望むものはすべて私のものなのよ。 私の思い通りにならないものは消えてしまえばいいのよ。この世から。 ねえ、幸正。 私、あなたに教えてあげなきゃいけないことがあるの…

もっと見る

【第16回】ちゃんもも◎『刺激を求める脳』/手紙#4

【第16回】ちゃんもも◎『刺激を求める脳』/手紙#4

マスター、忙しいときに入れてもらって、なんだかすみません。というような当たり障りのない会話を振ると案の定。 「今日は有名な劇団の打ち上げがあってね。知ってるかな? すぐそこの初美座で公演をしたあとは必ずうちに来るんだよ」 咄嗟に驚いた素振りで…

もっと見る

【第15回】ちゃんもも◎『刺激を求める脳』/幸正#6

【第15回】ちゃんもも◎『刺激を求める脳』/幸正#6

千秋楽の日。地方公演では多少ざわついていたラストシーンも、今日は張りつめたように静まり返っていた。それだけ目の前の演劇に観客が魅入ってくれていたということだろう。他のみんなも本拠地ということで集中していたと思うし、自分で言うのもなんだが、…

もっと見る

【第14回】ちゃんもも◎『刺激を求める脳』/手紙#3

【第14回】ちゃんもも◎『刺激を求める脳』/手紙#3

八月の終わり。 幸正さんが所属する劇団の本拠地である初美座。暑い夏の終わりの日に、あなたに最初の接近を試みることにしました。 この日に向けて、いくつかのする準備は、まず、出演者と舞台の制作委員会のメンバーの名前をできる限り調べさせていただき…

もっと見る

【第13回】ちゃんもも◎『刺激を求める脳』/真理子#5

【第13回】ちゃんもも◎『刺激を求める脳』/真理子#5

それにしても社長ってば、私の顔を見て「少し休んだ方がいいんじゃないか」なんて言っていたけど、失礼しちゃうわね。誰のおかげで未だに芸能プロダクションの社長でいられると思っているのよ。 そんな暇はないの。 確かに、幼くしてすべてを失った私を見つ…

もっと見る

【第12回】ちゃんもも◎『刺激を求める脳』/幸正#5

【第12回】ちゃんもも◎『刺激を求める脳』/幸正#5

別れを決心してから約一年が過ぎ、僕も劇団も大きく成長した。 僕以外の俳優たちも躍進を続け、数年前に僕が口にした夢物語も現実になりつつあった。それに伴い、僕自身の時間も無くなっていき、真理子の下を離れた後の新居も決められぬままズルズルと時間だ…

もっと見る

【第11回】ちゃんもも◎『刺激を求める脳』/真理子#4

【第11回】ちゃんもも◎『刺激を求める脳』/真理子#4

「どうしたの?」 男は制服姿で膝を抱えながら地べたに座り込む少女に声を掛けた。 場所はJR池袋駅の西口公園、夜中にひとりで座り込んでいれば誰か彼かに声を掛けられ、下手をすれば無理矢理どこかに連れて行かれたとしてもまったく不思議なことではない…

もっと見る

【第10回】ちゃんもも◎『刺激を求める脳』/真理子#3

【第10回】ちゃんもも◎『刺激を求める脳』/真理子#3

ポツポツと降る雨の中、女はタクシーを降りて、すぐ目の前のビルのエレベーターのボタンを押した。降り際のタクシー運転手の物珍しそうな好奇の目にも意を介さずに目的の階まで登っていく。ビルの最上階に入った芸能事務所の扉を開き、我が物顔で奥に進んで…

もっと見る