読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

遠野遥

職業・肩書き
作家
ふりがな
とおの・はるか

「遠野遥」のおすすめ記事・レビュー

  • レビュー・書評

趣味は女装、稼いだバイト代はデリヘルに。「私」でありたいともがく男子大学生が遭遇したのは…

趣味は女装、稼いだバイト代はデリヘルに。「私」でありたいともがく男子大学生が遭遇したのは…

『改良』(遠野遥/河出書房新社)  女の腹には、卵子のもととなる原始卵胞というものが存在する。女は、一生ぶんの原始卵胞を、胎児のうちから腹に抱えているという。つまり多くの女は、子を生みたいかそうでないかという当人の意思とは関係なく、生まれる前から「生むための細胞」を持っている。わたしの生は、わたしが生まれもしないうちから、「なにか」にレールを敷かれているのだ。   『改良』(遠野遥/河出書房新社)という作品の主人公・「私」に親しみを覚えるのは、そんな思いを抱いたことがあるからかもしれない。   「私」は、コールセンターでアルバイトをする大学生。アルバイトと週3回の大学の講義を除けば、予定と呼べるものもない。だが「私」には、密かに追求しているものがあった。メイクや衣服のコーディネイト、女性らしい仕草の研究──そしてアルバイトで稼いだ金は、美容とデリバリーヘルスに消えていった。

“私は、初めてメイクをしたときのことを思った。全然思い通りにならなかったけれど、私は一生懸命だった。誰かに助言を求めるわけにはいかなかったから(中略)、記事を読んだり動画を見た…

全文を読む

「遠野遥」のレビュー・書評をもっと見る

「遠野遥」の本・小説

  • ランキング

破局

破局

作家
遠野遥
出版社
河出書房新社
発売日
2020-07-04
ISBN
9784309029054
作品情報を見る
改良

改良

作家
遠野遥
出版社
河出書房新社
発売日
2019-11-14
ISBN
9784309028460
作品情報を見る

「遠野遥」人気の作品ランキングをもっと見る