インスタ映え確実! エプロン紳士&食いしん坊男子の、レシピコミック『R先生のおやつ』に腹キュン!!

アニメ・マンガ

2018/11/14

『R先生のおやつ』(雲田はるこ:まんが、福田里香:レシピ/文藝春秋)

 もうね、心が女子な人ならみんな、「かわいいっ!」と歓声を上げてしまうはずです。間違いない。やさしい線にやわらかな色合い、センスあふれるキャラクター、華やかで、ときに素朴で、目にもおいしいおやつのレシピ……この本に、胸キュン&腹キュンしないページなど存在しません。どのページを開いても、「かわいい!」「おいしそう!」「こんなおやつ、憧れる!」がたっぷり詰まったレシピ・コミックで発売即重版が決まるほど。それが、『R先生のおやつ』(雲田はるこ:まんが、福田里香:レシピ/文藝春秋)なのです。

 メガネに白髪がトレードマークのR先生は、オシャレなお菓子研究家。R先生がひとりで暮らす一軒家に訪ねてくるのは、甘いもの好きで大食らいの助手・Kくんです。

 エプロンをかけたR先生とKくんは、お仕事でお菓子を作ったり、ついでにちょっと味見をしたり、新メニューの試作をしたり、いろんな品種のりんごを食べ比べたり、冷蔵庫のお掃除をしたり……ときには、ケータリングにも出かけていきます。

 そんなふたりの食べるおやつは、春夏秋冬、あたたかいものも冷たいものも、かわいくっておいしそう。「ポップオーバーといちごスープ」「生成りの羽根つきメレンゲ」なんて、名前からしてかわいいでしょ? 甘いものはちょっぴりでいいわという人も、ぜひページをめくってください。「すいかとモッツァレラのサラダ」「パルミジャーノとレモンの蒸しパン」「半熟卵とコーンスープのジェラート」。いかにもワイン片手に楽しめそうな、オトナのおやつではないですか。レシピについたR先生のコメントも、おだやかな語り口調で和むこと請け合い。Kくんの食べっぷりも、もはや清々しいレベルでいとおしい!

 見開きでキャラクターがしっかりと息づくまんがは、ドラマ化した『昭和元禄落語心中』で話題の、雲田はるこさんの手によるもの。心くすぐるおやつレシピは、名作少女まんがの世界をお菓子で表現した、『まんがキッチン』(文春文庫)の福田里香さんが担当されています。女子のあらゆる欲を満たしてくれる、パーフェクトなタッグと言えましょう。

 まんがとレシピは、オールカラーの豪華版。Kくん視点の描きおろし番外編まんが「R先生の台湾買い出し紀行」や、描きおろしイラストも必見です。

 読んでいるだけでおいしくて、作ればきっと、もっと楽しいレシピ・コミック。盛りつけやテーブルセッティングも参考に、ひとりおやつなら気分を上げて、みんなでおやつならお褒めの言葉をいただきながら、素敵な時間をお過ごしください。

文=三田ゆき