読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

猥談 (朝日文庫)

猥談 (朝日文庫)

猥談 (朝日文庫)

作家
岩井志麻子
出版社
朝日新聞社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784022643711
amazonで購入する

猥談 (朝日文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

鬼灯の金魚草

岩井志摩子はやっぱり凄い!

2016/11/15

helpless

おエロ話が満載です。野坂先生は相変わらず偏見に満ちてるんだけど実践済みエロ話。花村先生は上から目線エロ話。久世先生は話の流れがエロになりそうになると文学論で軌道修正しようとする。猥談はうまく人を表す。ぼっけっぇきょうてぇ執筆秘話が面白かった。

2010/03/19

shiorim

興味深かったが、おじさんたちの話がすこぶる気色が悪かった。

2016/02/16

kozy758

岩井志麻子が3人の男性作家と文学と性についての対談集である。佳作『チャイ・コイ』の創作秘話、男を買う時の心理について興味深い感想が良かった。

2014/09/21

ミンガラ

久世とは、猥談になってない。猥談 と言うタイトルなら久世のは外すべきだ

2014/09/10

感想・レビューをもっと見る