読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ワールド・インシュランス 03 (星海社FICTIONS)

ワールド・インシュランス 03 (星海社FICTIONS)

ワールド・インシュランス 03 (星海社FICTIONS)

作家
柴田勝家
しおん
出版社
講談社
発売日
2018-12-16
ISBN
9784065144725
amazonで購入する

ワールド・インシュランス 03 (星海社FICTIONS) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

サケ太

好きなシリーズの完結。悲しいが、やはり面白かった。題名回収と共に、急展開。親友との因縁。カインの過去。あの人物の伏線には驚いた。カインの妙な距離感はそのせいだったのか、と。今までに無く壮大なスケールで読んでて興奮する。今後も、追っていかなければならない作家であると再確認。

2018/12/21

イツキ

カインが旧友と再会した所から始まる最終巻。カインの過去と旧友の秘密が明かされるに連れ明らかになっていく謎も、シリーズお馴染みのアクションシーンもとても読み応えがありました。AIと量子コンピュータも登場し今まで以上にSF要素と保険が絡まり合っているのも興味深かったです。そして何よりラストが、1巻目からタイムリミットは明かされていましたしそれを踏まえて読んではいたのですがやはり目頭が熱くなりました。「作品が完結したとしても、その中に存在する世界が消える訳ではなく、ただ観測されていない状態に移るだけなのです。」

2018/12/22

東山ききん☆

相変わらず流れるようでいて的確なアクション描写とコンスタントに進むストーリーが魅力的。ネタあかしは凡庸とも言えなくも無いが、悲しいラストにしっかりと着地したのは好感。

2019/01/19

matsu0310

☆☆☆

2019/02/23

ゐづみ

無欠のアンダーライター、カイン・“ファニー”・バレンタインの過去が襲い来る最終巻。常に飄々として、クールだが捉えどころのない男という印象だったカインだが、存外に人間臭い過去を背負っていたようだ。シリーズの開始時点から定められていた結末、悲しくも美しいクライマックスと、明日への希望を残すラストシーン。毎巻読み終わると感じているが、本当に映画のような作品だ。 今回はややSF要素もあるのだが、ライトノベルというフォーマットのためか、かなり噛み砕かれている印象。そろそろ氏のガチガチのSFが読みたい頃。

2019/01/28

感想・レビューをもっと見る