読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

私的読食録 (新潮文庫)

私的読食録 (新潮文庫)

私的読食録 (新潮文庫)

作家
堀江敏幸
角田光代
出版社
新潮社
発売日
2020-11-30
ISBN
9784101294780
amazonで購入する Kindle版を購入する

私的読食録 (新潮文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

KAZOO

単行本でも読んでいるのですが、文庫になって再読です。100冊の本を紹介してさらに今回は文庫化記念の対談もあります。やはり読んでいない本がまだまだ多くあるのでこの中からでも少しづつ読もうかと思っています。

2020/12/07

Shun

物語に登場する”食べ物”をテーマに、二人の作家(堀江敏幸×角田光代)の思い出や読んで味わい感じたエピソードを披露する読食エッセイ。一通り読んでみると、言及されているように食べ物についての描写は女性作家に多いようです。また日本人に関して言えば、戦前や戦後は男が食べ物に頓着するのは恥ずべきと言う風潮が小説にも表れていて面白く、しかし「〇〇を食べた」より詳細な描写がない小説でもお二人は想像を逞しくそこから味を読み取り語っていてすごいと思う。まさに「読むことでしか食べられない」ものが本の中に広げられているようだ。

2021/01/13

瀧ながれ

食べ物に注目して本を紹介する。「小説の中の食べ物」であって「食べ物をテーマにした小説」ではないので、詳しい描写はされてなかったり、味については書かれてなかったり、いっそマズそうだったりすることもあって、食をたいせつに描く作家があれば、あんまり興味がない作家もいるのだなあと、あたりまえのことを思った。知ってる作品もタイトルすら知らない作品も当然あるのだけど、ハッと目を引いたのが「小公女」の章。「サアラが甘パンを買う場面」という文で、その状況が鮮やかに記憶によみがえった。舌ではなく、活字で味わう食の記憶だ。

2021/01/06

kashiha

再読。単行本も持っているのに、文庫巻末対談を読みたくて購入。出版社の策略にまんまとはまってるがよいのだ。雑誌dancyuに掲載されたブックガイド100編。食にまつわる本を、角田氏と堀江氏が交互に記している。単行本は、紹介される本の表紙も掲載されていたが、文庫はなくて少々寂しい。なので、単行本と文庫、本棚に並べる。満足なり。おいしそう、まずそう、味が感じられない、と様々な視点から紹介される本達はほとんど読んだことがないためどれもとても面白そうに思う。そういえば、芝生の復讐は、この本がきっかけで読んだのだ。→

2020/12/20

うた

角田さんと堀江さんが交互に書いた読書と食事をめぐるエッセイ集。確かに太宰が書く食事は美味しくない、もしくは味がしなそうだとか、百閒の好き嫌いに関わらず不機嫌そうな書きぶりだとか、色々と思い出しながら読む。私はメルヴィルのチャウダー、プルーストの家庭料理、吉田健一の酒、藤沢周平の庄内料理とか。ご飯の書き方が上手い作家はなんとなく好意的に読んでしまうなと。

2020/12/05

感想・レビューをもっと見る