読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

池袋ウエストゲートパーク ザ レジェンド (文春文庫 い 47-36)

池袋ウエストゲートパーク ザ レジェンド (文春文庫 い 47-36)

池袋ウエストゲートパーク ザ レジェンド (文春文庫 い 47-36)

作家
石田衣良
出版社
文藝春秋
発売日
2020-10-07
ISBN
9784167915063
amazonで購入する Kindle版を購入する

池袋ウエストゲートパーク ザ レジェンド (文春文庫 い 47-36) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

mayu

IWGP傑作選。学生時代、ちょっと不良っぽい男の子がクールに事件を解決する様に憧れ、好きで読んでいたシリーズ。前半は既読エピソードだけど、久しぶりに新鮮な気持ちで読めた。時代は変わっても変わらないマコトとタカシの活躍。かっこいいだけじゃなくて抜けてるところもあるから、それも彼らの魅力だ。シングルマザーや非正規雇用の貧困とか、薬物問題とか、過去のエピソードなのに現代も解決されずに残る問題であることに驚く。池袋は馴染みの街、ここで事件があったんだと想像しながら歩くのも楽しい。

2021/02/06

みなと

シリーズ全て読んだはずだけどすっかり忘れている話もあった。あとがきに二冊で一年くらいマコトたちは歳を取ると書いてあったけど、それならいつかおじさんになったマコトの話も読んでみたいな。

2020/11/14

ノンケ女医長

ずっと好きです。池袋ウエストゲートパーク。第1弾(1998年)からマコトの活躍にハラハラドキドキしながら読んでます。今作は、20年超のシリーズから傑作選。幼少期のエピソード(262頁)から、お母さんもマコトも大変だったんだなと、しみじみ。「非正規レジスタンス」では、20代のサトシがノートに書いた言葉の数々に心が動く。なかでも「うらまない。人と自分を比べない。どんなに小さくてもいい。自分の幸福の形を探そう」(304頁)は、たくさんの人を勇気づけると思います。本当に、何度も楽しめる傑作選で、素晴らしい!!

2021/02/14

keith

IWGP傑作選。全部読んでるにもかかわらず何となく覚えてる話や記臆から消えてる話まで。それはそれで一から楽しめますが。時代は変わってもマコトとタカシは変わりませんね。ずっと続いてほしいシリーズです。

2020/12/24

みどり

なんか騙された。というか通販で買う場合にも、きちんと内容を確認して買いましょう、という典型例。 全巻持っているのにわざわざこれを買う必要はなかったが、 でも、時系列順にピックアップされているので、ダイジェストとしては面白く読めた。初期のころの忘れている話(大まかには覚えていても細部が、ああ、そういえばというのがある)も復習できたし、それは良しとすることにする。 アニメのネタになっているものが納められているらしい。アニメはちょっとどうかと思って、でも見ている。

2020/10/18

感想・レビューをもっと見る